サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 「アヴェンタドール」後継モデルに採用!? 「エッセンツァ」のカーボンモノコックが、市販車初の安全規格認証を取得

ここから本文です

■FIAとの技術協力をとおして実現されたシャシ

 アウトモビリ・ランボルギーニの40台限定サーキット専用モデル「エッセンツァSCV12」のカーボンファイバー・モノコックシャシが、FIA(国際自動車連盟)ハイパーカー安全規格認証を市販車で初めて取得した。

車両価格3億9千万円! 史上最強のランボルギーニ「シアン」の驚くべき正体とは

 アウトモビリ・ランボルギーニのモータースポーツ部門の責任者であるジョルジオ・サンナ氏は次のようにコメントしている。

「エッセンツァSCV12は『Laboratory of ideas(アイデアの実験室)』として誕生しました。

おすすめのニュース

サイトトップへ