現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > いま1&4ナンバーのハイエースやキャラバンを改造するショップが多数! あえて商用車を乗用化するのはナゼ?

ここから本文です

いま1&4ナンバーのハイエースやキャラバンを改造するショップが多数! あえて商用車を乗用化するのはナゼ?

掲載 19
いま1&4ナンバーのハイエースやキャラバンを改造するショップが多数! あえて商用車を乗用化するのはナゼ?

 この記事をまとめると

■商用車を乗用化することの意味を解説

新型アトレーも原点回帰! 「4ナンバー化」はユーザーにとってメリットだらけだった

■乗車定員を増やすことなどができる

■1ナンバー車の乗用化はとくにメリットが多い

 乗車定員を増やすことができる

 トヨタ・ハイエースや日産キャラバンといえば、職人筋に愛される働くクルマの代表格というイメージもあるが、キャンピングカーのベースとしても人気がある。

 とくにハイエース、キャラバンともに4ナンバーのグレードは、ボディサイズは乗用車でいう5ナンバーと同等ながら、LLクラスのミニバンよりも室内長に余裕を感じさせるなど乗用ユースでのメリットも多い。

 そんなわけで、ハイエースやキャラバンを乗用車に改造してしまうというショップが全国にいくつも存在している。手法としては後席を大きくしたり、3列目シートを新設したりするというもので、シートベルトもしっかり人数分の乗用仕様で用意するなど、どれも完成度が高いことでひそかなブームとなっている。

 では、商用1BOXを乗用仕立てにするメリットとは何があるのだろうか。

 まず乗車定員を増やすことができるのは大きい。商用車の基準というのは荷室が大きいことだが、4ナンバーから5ナンバーに改造する場合は後席のスペースを広くしたり、なんならキャプテンシート仕様にしたりすることもできる。

 車検の期間が延びるというのもメリットだ。車検については初回が3年、以降の継続車検は2年ごととなっているのが当たり前と思っているかもしれないが、それは乗用車の規定であって、商用車は最初が2年で、以降は毎年車検となる。コスト的には12カ月点検をしっかりやっているのとさほど変わらないかもしれないが、パーソナルユースでそれほどタフな使い方をしていないというのであれば、車検期間が2年になるというのはメリットと感じるだろう。

 もっとも、自動車税については5ナンバーのほうが高くなってしまう。具体的にハイエースのガソリン車(2.0リッター)でいうと、4ナンバーであれば自動車税は年間1万6000円であるが、5ナンバーになると3万9500円となってしまうのはデメリットといえるだろう。

 乗用化のメリットが大きいのはワイドボディのほうだ。

 1ナンバー車の乗用化はメリットが大きい!

 ハイエースのワイドボディ版の全幅は1880mmとなり、ガソリンエンジンの排気量は2.7リッターとなる。当然、商用車としては1ナンバーをつけることになる。

 1ナンバーのデメリットとしてオーナーが嘆くのは高速道路の料金が高いこと。同じようなボディサイズであっても3ナンバーのミニバンであれば高速道路での分類は「普通車」となるが、1ナンバー商用車は「中型車」となってしまう。

 たとえば東名高速で東京から浜松まで向かった場合、「普通車」の基本料金は5630円なのに対して、「中型車」は6720円となってしまうのだ。ロングドライブが多いユーザーであれば、こうした違いはじわじわと財布に影響することは確実だ。

 逆にいえば、1ナンバーの商用1BOXを、乗用仕様に改造して3ナンバー化すれば高速道路の料金は「普通車」扱いになるわけで、それはコスト面でのメリットとなるわけだ。もちろん4ナンバーと同様に車検期間が延びるのもうれしいポイントとなるだろう。

 商用1BOXを乗用仕様にするのは、けっして安くはないコストがかかる。ランニングコストの差をメリットとしてとらえるよりも、たとえば4ナンバーの5ナンバー化であれば「取りまわしやすいボディと3ナンバーミニバンを超える空間」というアドバンテージを評価するほうが建設的かつ健康的な判断といえるだろう。

 筆者個人として、コストをかける価値がもっとも感じられるのはハイエースコミューター(14人乗り)を10人乗りとして普通免許で運転できるように改造するプログラムだ。

 もともとハイエースには10人乗りのワゴン仕様(3ナンバー)があるが、ハイエースワゴンは2.7リッターガソリンエンジンだけのラインアップとなる。対して、ハイエースコミューターには2.8リッターディーゼルの設定があるが、通常では14人乗りということで2ナンバーであり、普通免許では運転できず、限定条件のない中型免許以上が必要となる。

 つまり、多くの人が持っている普通免許ではハイエースコミューターは運転できない。8t限定ありの中型免許でも定員11名以上の乗用車を運転することはできず、教習所に通うなどして限定解除する必要がある。

 2.8リッターディーゼルのハイエースコミューターを、10人乗りのワゴン仕様に改造すれば、中型免許を取得したり、限定解除をしたりする手間が省ける。当然ながら、3ナンバーにしておけば家族に普通免許を持っている人が複数いれば、運転を交代することも可能になる。

 ディーゼルのハイエースワゴンに乗りたいというのであれば、こうした改造は検討する価値があるといえるかもしれない。

こんな記事も読まれています

スズキ新型「軽SUV」実車公開! 次期型「スペーシアギア」な「ジムニー顔ハイトワゴン」! 斬新スタイルの「スペーシア」登場
スズキ新型「軽SUV」実車公開! 次期型「スペーシアギア」な「ジムニー顔ハイトワゴン」! 斬新スタイルの「スペーシア」登場
くるまのニュース
アルピーヌが新型「爆速EV」初公開 全長4.0m以下、実用的スポーツカー年内デビュー
アルピーヌが新型「爆速EV」初公開 全長4.0m以下、実用的スポーツカー年内デビュー
AUTOCAR JAPAN
スズキ「ジムニー シエラ」に新型専用バンパー登場! ウインチも装着できる2WAYで軽量なABS製です
スズキ「ジムニー シエラ」に新型専用バンパー登場! ウインチも装着できる2WAYで軽量なABS製です
Auto Messe Web
寒い冬のライダーを守る救世主!電熱ウェアを使用する際の注意点とは
寒い冬のライダーを守る救世主!電熱ウェアを使用する際の注意点とは
バイクのニュース
〈2024春闘〉ヤマハ発動機、回答指定日前に満額回答 賃上げ1万7400円 一時金は6.5カ月
〈2024春闘〉ヤマハ発動機、回答指定日前に満額回答 賃上げ1万7400円 一時金は6.5カ月
日刊自動車新聞
角田裕毅、テスト初日を終えて満足。今のポジションは”中団上位”か?「予想していたよりも良いスタートが切れた」
角田裕毅、テスト初日を終えて満足。今のポジションは”中団上位”か?「予想していたよりも良いスタートが切れた」
motorsport.com 日本版
「ゴールド免許」が取れない!? 条件は「無事故無違反」だけじゃない? ゴールドならではのメリットは?
「ゴールド免許」が取れない!? 条件は「無事故無違反」だけじゃない? ゴールドならではのメリットは?
くるまのニュース
将来ETCが使えなくなる!? ETCの2030年問題とは
将来ETCが使えなくなる!? ETCの2030年問題とは
バイクのニュース
現役・整備工場店長が、現場経験&ノウハウを活かして支援する“デジタル集客”…IAAE 2024で提案
現役・整備工場店長が、現場経験&ノウハウを活かして支援する“デジタル集客”…IAAE 2024で提案
レスポンス
国内最大規模のフェラーリ複合施設「Nicole Competizione プレオウンドショールーム&サービスセンター」が横浜・都築区にオープン
国内最大規模のフェラーリ複合施設「Nicole Competizione プレオウンドショールーム&サービスセンター」が横浜・都築区にオープン
LE VOLANT CARSMEET WEB
クルマもいよいよChatGPT の時代に突入! DSオートモビルが自動車ブランドとして初めてChatGPT機能を標準装備
クルマもいよいよChatGPT の時代に突入! DSオートモビルが自動車ブランドとして初めてChatGPT機能を標準装備
カー・アンド・ドライバー
メルセデス代表、疑惑渦中のレッドブル・ホーナー代表についてコメント「F1関係者は、模範となるべき」
メルセデス代表、疑惑渦中のレッドブル・ホーナー代表についてコメント「F1関係者は、模範となるべき」
motorsport.com 日本版
トヨタ「ランドクルーザー」35年ぶりに復活! カクカクボディでハイブリッド搭載!? 新型「ランクル」カナダで初公開!
トヨタ「ランドクルーザー」35年ぶりに復活! カクカクボディでハイブリッド搭載!? 新型「ランクル」カナダで初公開!
くるまのニュース
ロイヤルエンフィールド「メテオ350」新型シリーズ「オーロラ」発表 既存モデルもアップグレード
ロイヤルエンフィールド「メテオ350」新型シリーズ「オーロラ」発表 既存モデルもアップグレード
バイクのニュース
安心・安全の未来へ! NGKのアイアクセルが自動車業界に革新をもたらす…大阪オートメッセ2024
安心・安全の未来へ! NGKのアイアクセルが自動車業界に革新をもたらす…大阪オートメッセ2024
レスポンス
クルマのエンジン音で赤ちゃん安心! そんな驚きのグッズが発売中なんです
クルマのエンジン音で赤ちゃん安心! そんな驚きのグッズが発売中なんです
ベストカーWeb
ファッションの世界から着想を得た「DS COLLECTIONモデル」の「DS3 Esprit de Voyage」が日本上陸
ファッションの世界から着想を得た「DS COLLECTIONモデル」の「DS3 Esprit de Voyage」が日本上陸
カー・アンド・ドライバー
〈2024春闘〉ホンダとマツダ、回答指定日を待たず満額回答 過去最高水準の賃上げ
〈2024春闘〉ホンダとマツダ、回答指定日を待たず満額回答 過去最高水準の賃上げ
日刊自動車新聞

みんなのコメント

19件
  • 専門店で商談したら 必ず車検はうちでしてくださいと言われた。他店で車検が通らなくても責任は持ちませんと。
  • 3ナンバーワゴン登録だったら、
    ハイエースなら、ワゴンGL、グランドキャビン、特装車「ファインテックツアラー」
    キャラバンなら、特装車「ワイド10人乗り」
    これらなら、最初から乗用登録で、
    ディーラーで買えるし、点検車検も入庫できます。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

294.7405.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

47.81013.0万円

中古車を検索
ハイエースワゴンの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

294.7405.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

47.81013.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村