サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ホンダ、国内工場の稼働率 11月上旬には9割まで回復 減産影響でヴェゼル「PLaY」は受注停止

ここから本文です

ホンダ、国内工場の稼働率 11月上旬には9割まで回復 減産影響でヴェゼル「PLaY」は受注停止

ホンダ、国内工場の稼働率 11月上旬には9割まで回復 減産影響でヴェゼル「PLaY」は受注停止

 ホンダは21日、11月上旬の国内四輪車工場の稼働率見通しが9割まで戻ると発表した。世界的な半導体供給不足や東南アジアの新型コロナウイルス感染拡大に伴う部品供給難の減産影響は回復基調にあるが、11月中旬以降の見通しについては「現時点では立っていない」(広報)としている。

 10月の稼働率は鈴鹿製作所(三重県鈴鹿市)が約6割、埼玉製作所の狭山工場(埼玉県狭山市)は約8割、同寄居工場(同寄居町)は正常稼働としている。11月上旬の稼働率は3工場ともに9割を計画する。減産影響により「ヴェゼル」の上位グレード「PLaY」は注文受付を一時停止している。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します