サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > リーフの航続距離が倍増? 日産が「全固体電池」で広げるEVの可能性。新ジャンルSUVや軽自動車にも展開か

ここから本文です
日産自動車は2022年4月8日、かねてから2028年の実用化を公言していた次世代バッテリー技術「全固体電池」の開発状況に関する技術セミナーを開催した。小型軽量化や航続距離の延長が期待される夢の蓄電池は、バッテリーEVのさらなる多様性を広げてくれる可能性を秘めている。EV価格の常識まで、もしかすると変えてしまうかもしれない。

2030年までに「ワクワクする」電動車を23車種も市場に投入
2021年の春、日産自動車の電動パワートレーン「e-POWER」搭載車の国内販売累計が、50万台を突破。2022年には欧州においても6車種のBEV、e-POWERモデルを展開。

おすすめのニュース

サイトトップへ