現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > まさに2BOXスポーツの王道! 1980年代デビューのFFスポーツ車3選

ここから本文です

まさに2BOXスポーツの王道! 1980年代デビューのFFスポーツ車3選

掲載 更新 40
まさに2BOXスポーツの王道! 1980年代デビューのFFスポーツ車3選

■1980年代に登場したテンロクエンジンのスポーティ2BOX車を振り返る

 最近はあまり耳にすることがありませんが、現在のトヨタ「ヤリス」や日産「マーチ」のようなモデルは「2BOX(ボックス)車」と呼ばれていました。

これが走りのRSだ! ホンダ「シビックターボRS」が登場

 2BOXの呼び名はボディ形状から由来しており、トヨタ「ハイエース」などは1BOX、セダンは3BOX、そして今のハッチバック・コンパクトカーが2BOXに該当します。

 この2BOX車が急激に普及したのは1970年代の終わりから1980年代にかけてで、以降はコンパクトカーの定番となりました。

 なかでも1980年代に登場したモデルで、若い世代から圧倒的に支持されたのが1.6リッター車です。そこで、往年の2BOXスポーツ車を、3車種ピックアップして紹介します。

●日産「パルサー ミラノX1ツインカム」

 日産は1970年に同社初のFF車である「チェリー」を発売。その後、1974年には後継モデルの「チェリーF-II」が登場し、1978年には次世代のグローバルFFコンパクトカーとして初代「パルサー」が系譜を引き継ぎました。

 そして、1986年に登場した3代目パルサーでは、流行をキャッチアップしたかたちで、2BOXの3ドア/5ドアハッチバックとセダンをラインナップ。

 トップグレードには新開発の1.6リッター直列4気筒自然吸気エンジン「CA16DE型」を搭載した「パルサー ミラノX1ツインカム」が設定されました。

 ミラノX1ツインカムは最高出力120馬力を発揮し、張りのある曲面とシャープなラインを組み合わせたスタイリッシュなボディと相まって、一躍ヒット作になりました。

 また、3代目パルサーはモータースポーツへの参戦も積極的におこなったことで、スポーティさを積極的にアピール。

 最高出力は後に台頭したライバルに対して若干見劣りしたのは否めませんでしたが、日産車初となる「日本カー・オブ・ザ・イヤー」を受賞するなど総合的には高く評価されました。

●トヨタ「カローラFX-GT」

 現在まで55年もの長い歴史のあるトヨタ「カローラ」シリーズの、歴代モデルのなかで大きな転換期となったといえるのが1983年に登場した5代目です。

 4代目までは全車FRでしたが、5代目では「レビン」を除くモデルがFFとなりました。

 そして、1984年には派生車として「カローラFX」がデビュー。シリーズ初となるスポーティな2BOX FF車として登場しました。

 ボディタイプは3ドアハッチバックと5ドアハッチバックが設定され、トップグレードの「GT」は3ドアのみです。

 シャシは5代目カローラセダンと共通で、サスペンションは4輪ストラットの独立懸架を採用。

 GTにはAE86型レビンと基本的には同じ、最高出力130馬力(グロス)を発揮する1.6リッター直列4気筒DOHCの「4A-GELU型」エンジンを搭載し、当然ながら横置きに改められています。

 カローラの高性能モデルといえば伝統的にレビンでしたが、後述するライバルのホンダ「シビックSi」という速いFF車の台頭から、カローラFXも人気となりました。

 その後、カローラFXは代を重ねて3代目まで続き、実質的な後継車は現在の「カローラスポーツ」です。

 ちなみに「FX」のモデル名は「FF 2BOX」を略して命名されたといいます。

■スポーティなテンロクFF 2BOXの頂点に君臨したモデル

●ホンダ「シビック Si」

 ホンダ初代「シビック」は新時代の大衆車として1973年に誕生しました。コンパクトな車体ながらFFを採用したことから広い室内を実現し、さらに優れた経済性から大ヒットを記録。

 初代シビックは、現在まで続く国産FF 2BOX車の基本的なレイアウトを採用した先駆け的な存在といえます。

 その後代を重ね、1983年に発売された3代目、通称「ワンダーシビック」では3ドアハッチバックと4ドアセダン、5ドアステーションワゴンの「シャトル」をラインナップ。

 3ドアハッチバックの外観はロー&ワイドを強調した安定感のある直線基調のフォルムで、初代からのキープコンセプトだった2代目に対し、大きく変貌を遂げました。

 同時にトップグレードである「25i」は、軽量な車体に100馬力(グロス)を発揮する電子制御燃料噴射装置を備えた1.5リッター直列4気筒エンジンを搭載。走行性能と運動性能を一気に向上を果たします。

 しかし、ライバル車がターボエンジンやDOHCエンジンを搭載したことからパワー的には優位性は無くなりました。

 そこで、1984年に新開発の1.6リッター直列4気筒DOHC「ZC型」エンジンを搭載した「シビック Si」を発売。

 ホンダの4輪車では「S800」以来14年ぶりとなるDOHCエンジンが復活しました。

 シビック Siにとって、前述のカローラFX-GTは販売上のライバルというだけでなく、「全日本ツーリングカー選手権」ではサーキットの上でもライバルとして争いました。そのおかげでシビックは進化を続け、やがて1.6リッターFF 2BOX車の頂点に立つことになります。

※ ※ ※

 今回、紹介した3車種は、どれもモータースポーツに深く関わっていたモデルです。

 やはり、ライバルの存在やレースで競うことから基本性能は向上し、クルマも磨かれていったということでしょう。

 しかし、近年は各メーカーともモータースポーツへの参戦やサポートは、かつてに比べて縮小傾向にあり、こうした高性能なコンパクトカーが減ってしまったのは残念なことです。

こんな記事も読まれています

カブト、システムヘルメット『RYUKI』に新色“フラットコヨーテ”を追加。2024年5月下旬に発売
カブト、システムヘルメット『RYUKI』に新色“フラットコヨーテ”を追加。2024年5月下旬に発売
AUTOSPORT web
お腹の大きい妊婦さんはどうするの? シートベルトのルールを再確認
お腹の大きい妊婦さんはどうするの? シートベルトのルールを再確認
ベストカーWeb
ガスリー、今季初入賞もオコンの接触に失望「チームの指示に背く行為」アルピーヌ代表も激怒/F1モナコGP
ガスリー、今季初入賞もオコンの接触に失望「チームの指示に背く行為」アルピーヌ代表も激怒/F1モナコGP
AUTOSPORT web
一生モノのステアリングは「ナルディ」と「モモ」! ロングセラー製品の愛される理由とは?「パーソナル」や「イタルボランテ」はどうなった?
一生モノのステアリングは「ナルディ」と「モモ」! ロングセラー製品の愛される理由とは?「パーソナル」や「イタルボランテ」はどうなった?
Auto Messe Web
アルファロメオ、主力『ジュリア/ステルヴィオ』に設定の限定車“スーペル・スポルト”の予約受付を開始
アルファロメオ、主力『ジュリア/ステルヴィオ』に設定の限定車“スーペル・スポルト”の予約受付を開始
AUTOSPORT web
スバル・トヨタ・マツダ「仲良くケンカ」 新エンジン開発で3社“共創/競争”宣言【動画あり】
スバル・トヨタ・マツダ「仲良くケンカ」 新エンジン開発で3社“共創/競争”宣言【動画あり】
グーネット
アルボン9位、ウイリアムズ今季初入賞を喜ぶも「角田の後ろでつらいレースだった」/F1モナコGP
アルボン9位、ウイリアムズ今季初入賞を喜ぶも「角田の後ろでつらいレースだった」/F1モナコGP
AUTOSPORT web
「正常進化」で富裕層をさらに誘惑 メルセデス・ベンツGクラスへ試乗 3L直6ディーゼルがベストフィット
「正常進化」で富裕層をさらに誘惑 メルセデス・ベンツGクラスへ試乗 3L直6ディーゼルがベストフィット
AUTOCAR JAPAN
このクルマの床、「竹」なんだぜ…? どうにかしたい“危険な植物”何に使える?
このクルマの床、「竹」なんだぜ…? どうにかしたい“危険な植物”何に使える?
乗りものニュース
三菱自動車の軽トラックが一部改良を実施。安全性と機能性を向上
三菱自動車の軽トラックが一部改良を実施。安全性と機能性を向上
カー・アンド・ドライバー
シンプルだけど気持ちがこもっている【ホンダ WR-V】
シンプルだけど気持ちがこもっている【ホンダ WR-V】
グーネット
ハミルトン、2ストップでファステストを記録もアンダーカットはならず「チームの指示にミス」とメルセデス/F1モナコGP
ハミルトン、2ストップでファステストを記録もアンダーカットはならず「チームの指示にミス」とメルセデス/F1モナコGP
AUTOSPORT web
ポールを獲得した3冠の父を出し抜き、新鋭ティアゴ・ペーニャが週末完全制覇/TC2000第3戦
ポールを獲得した3冠の父を出し抜き、新鋭ティアゴ・ペーニャが週末完全制覇/TC2000第3戦
AUTOSPORT web
軽トラはやっぱ“MT”っしょ! 三菱ミニキャブトラック改良!MTの燃費向上 約110万円
軽トラはやっぱ“MT”っしょ! 三菱ミニキャブトラック改良!MTの燃費向上 約110万円
乗りものニュース
全長3.5m! 丸目レトロ顔の「小さな高級車」販売17年の歴史に幕!“軽自動車”並みのサイズでも「支持された理由」とは?
全長3.5m! 丸目レトロ顔の「小さな高級車」販売17年の歴史に幕!“軽自動車”並みのサイズでも「支持された理由」とは?
くるまのニュース
【宮田莉朋F2密着】ファステスト狙い壁に接触。モナコを攻め切った日曜日/第5戦レビュー後編
【宮田莉朋F2密着】ファステスト狙い壁に接触。モナコを攻め切った日曜日/第5戦レビュー後編
AUTOSPORT web
日産「サムライ顔」SUVを英で生産開始! 新型キャシュカイ、約600万円から 和風デザイン採用
日産「サムライ顔」SUVを英で生産開始! 新型キャシュカイ、約600万円から 和風デザイン採用
AUTOCAR JAPAN
レクサス「LBX」に今すぐ装着したい「TVキット」が登場! 走行中でも助手席の同乗者はテレビ視聴やナビ操作が可能。渋滞時に便利です
レクサス「LBX」に今すぐ装着したい「TVキット」が登場! 走行中でも助手席の同乗者はテレビ視聴やナビ操作が可能。渋滞時に便利です
Auto Messe Web

みんなのコメント

40件
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

135.6202.3万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

132.0132.0万円

中古車を検索
カローラFXの車買取相場を調べる

トヨタ カローラFXの中古車

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

135.6202.3万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

132.0132.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村