現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 復活オデッセイかステップワゴンか? 同門ミニバンの「全席」「ラゲッジ」の使い勝手を徹底比較してみた

ここから本文です

復活オデッセイかステップワゴンか? 同門ミニバンの「全席」「ラゲッジ」の使い勝手を徹底比較してみた

掲載 19
復活オデッセイかステップワゴンか? 同門ミニバンの「全席」「ラゲッジ」の使い勝手を徹底比較してみた

 この記事をまとめると

■2年ぶりに復活したホンダ・オデッセイの車内空間をあらためて検証

中国製とか色メガネで見てると損するぞ! 復活したホンダ・オデッセイは2列目席と装備の進化がスゴイ

■オデッセイの弟分であるステップワゴンと比較して各席の快適性を数値から推しはかる

■2020年末にビッグマイナーチェンジしたオデッセイに乗ったときの印象も抜粋

 オデッセイがどんなミニバンだったかいま一度思い出す

 ついに、およそ2年ぶりにホンダ・オデッセイが復活。国産ミニバンとしてはアルファードなどが属するLLクラスと、ステップワゴンに代表されるMクラスの中間に位置し、いまではライバルのトヨタ・エスティマがいなくなり、事実上、両側スライドドアを備えたLクラスミニバンとして唯一の存在になった。

 一部改良されたオデッセイの詳細については、すでに紹介済みだが、ここでは、ちょっとオデッセイのことを忘れてしまった……という人のために、Mクラスボックス型ミニバンのステップワゴンと、とくにミニバンユーザーが気になる室内空間について、改めて検証することにしたい。

 オデッセイはある意味、両側スライドドアを備えた、しかし走りにもこだわった比較的低全高なミニバン。一方、ステップワゴンはあくまで大空間を生かしたボックス型ミニバンであり、アルファード&ヴェルファイアとノア&ヴォクシーのような直接的な上下関係ではないものの、ホンダのミニバンでは上からオデッセイ→ステップワゴン→フリードというヒエラルキーだから、これはこれで参考になると”勝手”に思っている。

 なお、室内の寸法はすべて、身長172cmの筆者のドライビングポジションを基準に、その背後に着座したときのものである。

 まずは、内外装ともにリフレッシュされ、ブラックエディションを追加し、以前のプレミアムクレードルシート=2列目席が、4ウェイ電動パワーシートとなったオデッセイについて。1列目席頭上220mm。シートサイズは座面長500mm、座面幅505mm、シートバック高610mm。ヒール段差370mm(フロアからシート前端までの高さ)。

 2列目席は頭上に250mm、膝まわり最大780mm(ロングスライド時)。シートサイズは座面長500mm、座面幅500mm、シートバック高610mm。最大リクライニング角度170度(ほぼ水平)。2-3列目席スルー幅170mm。

 3列目席はといえば、頭上に145mm、膝まわり最小140mm(2列目席通常後端スライド位置)となる。

 ラゲッジルームはフロア地上高515mm、3列目席使用時のフロア奥行550mm。3列目席”床下”格納時の奥行1210mm。天井高最小1120mm……となっている。

 一方、ステップワゴンは、1列目席頭上290mm。シートサイズは座面長500mm、座面幅500mm、シートバック高560mm。

 2列目席は頭上に260mm、膝まわり最大600mm(ロングスライド時)。キャプテンシートのシートサイズは座面長510mm、座面幅510mm、シートバック高610mm。ヒール段差340mm(フロアからシート前端までの高さ)。2-3列目席スルー幅160mm。

 3列目席はといえば、頭上に210mm、膝まわり最小100mm(2列目席通常後端スライド位置)、ヒール段差325mmとなる。

 さすがに背の高いボックス型のステップワゴンはとくに頭上方向に余裕があることがわかるが、オデッセイでもじつは車内空間として十分すぎる広さを誇り、とくに2列目席キャプテンシートの膝まわり空間ではステップワゴンを圧倒していることがわかる。

 フラッグシップミニバンであることがよくわかるシート

 そして、数値だけで測れないのがシートのかけ心地。これはプレミアムクレードルシートの延長にある一部改良型オデッセイのほうが、さすがにひとクラス上の快適度がある。シート1脚のコストのかけ方が違うのだ。

 オデッセイの”3列目席床下格納式”のラゲッジルームはフロア地上高515mm、3列目席使用時のフロア奥行550mm。3列目席”床下”格納時の奥行1210mm(2列目席後端時)。天井高最小1120mm……となっている。

 同じく”3列目席床下格納式”となるステップワゴンは、フロア地上高530mm、3列目席使用時のフロア奥行420mm。幅1200mm。3列目席床下格納時の奥行1170mm(2列目席後端時)。天井高最小1470mm。

 ここで、ステップワゴンのほうが、ラゲッジルームの天井の高さが圧倒する……と思いがちだが、通常、そこまで高い荷物を積むことはないだろうし、むしろラゲッジルームの使い勝手としては、奥行と幅が命。とすれば、どちらも掘りごたつ的ラゲッジルームだが、オデッセイのほうが荷物の積みこみやすさではやや優位ということになるはずだ。

 と、ホンダのオデッセイとステップワゴンの室内空間、ラゲッジルームの寸法を比較してきたが、やはりクルマは走るもの。一部改良モデルのオデッセイがどんな走りを見せてくれるのか? 現時点では試乗ができないタイミングのため、「ハードウエアや走行性能は基本的に2020年末にビッグチェンジを行った日本仕様のアブソルートと同じ」という開発陣の説明からすれば、以前の印象と大きく変わらないと推測。そこで2020年末のビッグチェンジ後に行った日本仕様を試乗したときの印象を、ここで紹介したい。

※2021年撮影

 以下、当時のリポートの抜粋である。

「インテリアではインパネ、メーター、シート表皮を一新。質感をさらに高めているのが特徴だ。装備面でも光が流れるシーケンシャルターンランプ、パワーテールゲート、ジェスチャーでスライドドアが開閉するパワースライドドア機構、その予約ドアロック機能なども追加されている」。

※2021年撮影

「ビッグマイナーチェンジが施された新型オデッセイの走りの質は、国産ミニバン最上級と言っていい。5代目で初めて両側スライドドアを実現したオデッセイだが、2代目以降のアブソルート、とくに低全高型となった3代目からはスポーツミニバンとしてのキャラクターが強く、しかしそれを両側スライドドアミニバンとなっても継承しているところが、なるほど、ホンダ車らしさ」。

「ただ、5代目のデビュー当初のアブソルートは乗り心地がハードすぎて、ライバルメーカーのミニバン開発担当者から”ミニバンの皮をかぶったスポーティカー”という言葉が出たほどで、走りに特化しすぎていた」。

※2021年撮影

「が、後期、とくに2020年末のビッグチェンジ以降のアブソルートはスポーティな操縦性、ミニバンとは思えないフットワークテイストはそのままに、乗り心地を改善。いまや家族からのブーイングなど出ないであろう乗り心地(決して柔らかくはないが)、完成度を誇っている」。

「いまはボックス型ミニバンが幅を利かせている時代だが、オデッセイ・アブソルートは走り好きのドライバーはもちろん、同乗者も納得できる、極めて走りの満足度が高いミニバンであることは間違いない」。

 今回復活したオデッセイは、5代目最終型のアブソルートがベースになっているのは確かだから、走りについても文句なしの仕上がりのはずである。

こんな記事も読まれています

メルセデス、PUの冷却で誤算? ウルフ代表「1周0.5秒ほどタイムロスしてしまっていた」
メルセデス、PUの冷却で誤算? ウルフ代表「1周0.5秒ほどタイムロスしてしまっていた」
motorsport.com 日本版
いま登場すれば間違いなく大ヒット! パジェロの派生車が改めて見ると魅力的すぎた
いま登場すれば間違いなく大ヒット! パジェロの派生車が改めて見ると魅力的すぎた
WEB CARTOP
【スズキ スイフト 新型】色、コントラスト、そして「3D」で表現した新世代のインテリアデザインとは
【スズキ スイフト 新型】色、コントラスト、そして「3D」で表現した新世代のインテリアデザインとは
レスポンス
「一方通行の道路」バックで後退するのも「違反」なの? 道を間違えて「少し戻りたい」時はどうするべき!? 警察に聞いてみた
「一方通行の道路」バックで後退するのも「違反」なの? 道を間違えて「少し戻りたい」時はどうするべき!? 警察に聞いてみた
くるまのニュース
RBメキーズ代表、角田裕毅の”感情”は理解しつつも、リカルドを先行させたのは「当時としては正しい判断だった」
RBメキーズ代表、角田裕毅の”感情”は理解しつつも、リカルドを先行させたのは「当時としては正しい判断だった」
motorsport.com 日本版
影響は首都高にも 都内道路「東京マラソン」で一部通行止め&閉鎖 歩行者や自転車も要注意
影響は首都高にも 都内道路「東京マラソン」で一部通行止め&閉鎖 歩行者や自転車も要注意
乗りものニュース
新社会人、必見! 2024春 安くていいクルマ、オススメのモデルはこれ!【トヨタ・カローラ スポーツ】
新社会人、必見! 2024春 安くていいクルマ、オススメのモデルはこれ!【トヨタ・カローラ スポーツ】
月刊自家用車WEB
発売が待ち遠しいぞ! トヨタ新型「クラウン・エステート」のリアシートは快適か? “新種のクラウン”後席の座り心地をチェック
発売が待ち遠しいぞ! トヨタ新型「クラウン・エステート」のリアシートは快適か? “新種のクラウン”後席の座り心地をチェック
VAGUE
カッコイイだけじゃない! トライアンフ「スピード400」は初心者にもおススメの優しい1台 レーシングライダー石塚健の市販車インプレッション
カッコイイだけじゃない! トライアンフ「スピード400」は初心者にもおススメの優しい1台 レーシングライダー石塚健の市販車インプレッション
バイクのニュース
新エンジン採用でさらに楽しく軽快!! 新型スイフトは個性派に!? 3気筒エンジンで気になった点とは?
新エンジン採用でさらに楽しく軽快!! 新型スイフトは個性派に!? 3気筒エンジンで気になった点とは?
ベストカーWeb
アストンマーティン新型「ヴァンテージ」の最強布陣が完成! 市販モデルと80%を共有した「GT4」とは
アストンマーティン新型「ヴァンテージ」の最強布陣が完成! 市販モデルと80%を共有した「GT4」とは
Auto Messe Web
「カワサキ プラザ川越」がリニューアルオープン!白基調の明るい店内では、憧れのマシンがアナタを待っている!   
「カワサキ プラザ川越」がリニューアルオープン!白基調の明るい店内では、憧れのマシンがアナタを待っている!   
モーサイ
横浜ゴム、「タイヤガーデン」「グランドスラム」にてお得なキャッシュバックキャンペーンを実施
横浜ゴム、「タイヤガーデン」「グランドスラム」にてお得なキャッシュバックキャンペーンを実施
月刊自家用車WEB
斬新「軽バン」登場! 300万円超えの「ゴツい仕様」がスゴい!? 謎の「NORTH HUNTER」とは
斬新「軽バン」登場! 300万円超えの「ゴツい仕様」がスゴい!? 謎の「NORTH HUNTER」とは
くるまのニュース
自動運転の未来は近い!? 日産自動車が自動運転モビリティサービスの事業化に向けた取り組みを発表
自動運転の未来は近い!? 日産自動車が自動運転モビリティサービスの事業化に向けた取り組みを発表
Webモーターマガジン
今年のフェラーリは戦える! 開幕戦での3位獲得のサインツJr.「レッドブルの1台についていくことができたのは嬉しい驚き」
今年のフェラーリは戦える! 開幕戦での3位獲得のサインツJr.「レッドブルの1台についていくことができたのは嬉しい驚き」
motorsport.com 日本版
e-スノーバイクで安比の雪原を駆け抜けろ! e-スノーパーク・e-スノーツアー開催
e-スノーバイクで安比の雪原を駆け抜けろ! e-スノーパーク・e-スノーツアー開催
THE EV TIMES
角田裕毅、予選11番手「0.007秒差でQ3に届かず残念だが、自分の走りに満足」チームは目標達成を喜ぶ:RB/F1第1戦
角田裕毅、予選11番手「0.007秒差でQ3に届かず残念だが、自分の走りに満足」チームは目標達成を喜ぶ:RB/F1第1戦
AUTOSPORT web

みんなのコメント

19件
  • vep********
    最近、やたらにオデッセイの提灯記事が多いな。
    ホンダよ、どんだけ広告に金を使ってんねん…その分、安くせんかい。
  • ぷにぷに
    中国産なのに高いんだよな
    運転する以上は命もかかってんのに
    そんな不安だらけの中国産の車に誰がこんな金額出して乗るんだよ
    いくらホンダが作ってても、中国産ってだけで怖いわ
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

480.0516.5万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

7.2565.0万円

中古車を検索
オデッセイの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

480.0516.5万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

7.2565.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村