現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 青ヘッドの日産「パルサー」を発見!「プリメーラ」と間違ってしまう「VZ-Rセダン」を「当時の装備に戻して90年代の雰囲気を目指してます」

ここから本文です

青ヘッドの日産「パルサー」を発見!「プリメーラ」と間違ってしまう「VZ-Rセダン」を「当時の装備に戻して90年代の雰囲気を目指してます」

掲載 9
青ヘッドの日産「パルサー」を発見!「プリメーラ」と間違ってしまう「VZ-Rセダン」を「当時の装備に戻して90年代の雰囲気を目指してます」

ホットハッチ好きが選んだ日産テンロクセダン

90年代の車両が集まった「福岡キューマルミーティング」。会場には、ノーマルからドレスアップ&チューニングなど、様々な車両が並んでいる中で、時々「こんなクルマもあったね!」と頭の片隅に僅かに残っている記憶を呼び覚ます車両もちらほら。そんな希少車の中で、当時各社が1600ccNAエンジンで凌ぎを削った時代の、日産の懐かしクルマを紹介する。

開催地非公開の「福岡キューマルミーティング」に潜入取材! オジサン世代は懐かしく若者世代は新鮮な世代を超えたイベントでした

SRエンジンでも排気量は1596cc

「知り合いのお店に委託販売で店頭に並んでいたのですが、最初はプリメーラかと思いました(笑)」

この車両オーナーの西島翼さんは、そう笑いながら話し始めてくれたが、実は筆者も全く同様の質問を初対面の西島さんに投げかけている。

「これってプリメーラのどんなグレードでしたっけ?」

「いや、これはパルサーです! でも、同じようなことは皆さんからよく言われます(笑)」

そうなのだ。このクルマは日産「パルサー」(5代目N15型)のVZ-Rセダン。1997年(平成9年)9月のN15型のマイナーチェンジに伴い設定された車種で、2000年9月まで生産。通称“青ヘッド”と呼ばれるSR16VEエンジンが搭載されている。

日産のSRと言えば、一時代を築いた同社の直列4気筒エンジンで、SR20DETに代表されるように「シルビア」(5代目~7代目/S13/14/15型)や「180SX」など、走りを楽しむFR車に縦置き搭載されたものをイメージする方が多いはず。

一方、このSR16VEは、排気量1596cc、可変バルブタイミング&リフトのNEO VVL初搭載のNAのみ。FF車搭載を視野に入れていたため、横置きであることが特徴。しかも“青ヘッドは”175馬力を生み出す標準型であり、当時、N1耐久レースなどに参戦するためのベースとして200馬力を発生させた“赤ヘッド”とは異なるものだ。ただし、いずれもプレミアムガソリン(ハイオク)仕様で、5速マニュアルのみのマニアにはウケるエンジンなのだ。

ノリで選んだちょい速セダン

その存在さえ忘れられてしまいそうな「パルサー」VZ-Rを購入した西島さんは、元々はコンパクトハッチが好き。実は、2004年式トヨタ「カローラランクス」のTRDスポーツMも所有しているという。この車両も排気量1795ccの2ZZ-GEエンジン搭載で、205馬力を発生。しかも6速マニュアルのみの設定という車種だけに、西島さんの好み度合いが理解できるはず。

「なんとなく気になって、買っちゃいました」

というコメントからも、完全に勢いで購入したのが想像できる。しかし、“テンロク”、“NA”、“マニュアル”というのは、トヨタ「カローラレビン/スプリンタートレノ」(4代目AE86系)やホンダ「シビック」(3代目Si)などが、1980年代中盤から築いてきた日本を代表する小型スポーツ車の系譜に属する。しかもそれが、日産車であり、さらにマイナーなセダンとなれば、コンパクトハッチ好きが浮気心で興味を示すのは、とても納得がいく。

VZ-Rが誕生した、時代性重視のこだわりカスタム

西島さんのパルサー VZ-Rの楽しみ方は、“このクルマが生まれた時代ならではの、現在から見ると古臭く感じる部分を演出する”というもの。

例えば、ヘッドライトはHIDが装着されていたためハロゲンへ。社外ホイールが装着されていた足まわりは純正へと戻す。そして、ナンバーは字光式。しかも、現在の字光式では当たり前のLEDを使わずバルブ式を使用。さらに、ナンバーは分類番号が「500」になるように希望ナンバーはあえて選ばないという、徹底したこだわりが表現さている。

「1998年式なので、その当時一般的だった装備に戻しているイメージですね。HIDやLEDは、あの時代にはまだまだ主流ではなかったですから。ナンバーも、本当は分類番号を2ケタにしたかったんですが、それは現実問題で不可能。それならば、できるだけ当時っぽい雰囲気を目指すには500にするのが一番。ということは、希望ナンバーを選ぶとダメなので、通常申請で割り当てられる普通のナンバーをあえて選んでいます」

希望ナンバー制度が全国で実施され始めたのは1999年。これを取得すると、分類番号の下2ケタは“00”ではなく他の番号へと変わってしまう。しかし、西島さんの愛車は1998年式。これでは辻褄が合わなくなってしまうというわけだ。

「九州では自分以外でこのVZ-Rセダンを見かけたことが無いですし、珍しいエンジンなので、実際に乗っている人にいつかお会いしたいです!」

この西島さんの願いが叶えられる日が来るまで、このこだわりを変えることなく、ずっと持ち続けてほしいと強く思った取材だった。

こんな記事も読まれています

DENSO中山雄一とSTANLEY山本尚貴、拮抗した2位バトルで見えたスープラとシビックの特性/第1戦GT500決勝
DENSO中山雄一とSTANLEY山本尚貴、拮抗した2位バトルで見えたスープラとシビックの特性/第1戦GT500決勝
AUTOSPORT web
スーパーGT初戦で表彰台獲得のStudie BMWクルッテンが喜び「素晴らしいデビューだった!」パートナー荒も絶賛
スーパーGT初戦で表彰台獲得のStudie BMWクルッテンが喜び「素晴らしいデビューだった!」パートナー荒も絶賛
AUTOSPORT web
モデル末期なのに毎月6000台以上売れるってマジか!! 現行フリードは登場から7年……熟成度合いはいかに!?
モデル末期なのに毎月6000台以上売れるってマジか!! 現行フリードは登場から7年……熟成度合いはいかに!?
ベストカーWeb
ホンダ:スプリントは3台が転倒。完走は17位のマリーニ「マシンにチャタリングが発生。修正して決勝に臨む」/第3戦アメリカズGP
ホンダ:スプリントは3台が転倒。完走は17位のマリーニ「マシンにチャタリングが発生。修正して決勝に臨む」/第3戦アメリカズGP
AUTOSPORT web
【リアシート設定で更に911の対抗馬へ?】 新型メルセデスAMG GTクーペ 4LのV8ツインターボで武装
【リアシート設定で更に911の対抗馬へ?】 新型メルセデスAMG GTクーペ 4LのV8ツインターボで武装
AUTOCAR JAPAN
パジェロスポーツを日本に入れてくれ! 2024年モデルは一段とカッコいい! おあずけ状態はもうイヤだ! 
パジェロスポーツを日本に入れてくれ! 2024年モデルは一段とカッコいい! おあずけ状態はもうイヤだ! 
ベストカーWeb
沖縄の美しい海と道をたどる「ジーロ・デッリゾラ沖縄」とは? 戦前車からスーパーカーまで31台が駆け抜けました!
沖縄の美しい海と道をたどる「ジーロ・デッリゾラ沖縄」とは? 戦前車からスーパーカーまで31台が駆け抜けました!
Auto Messe Web
平良響「とてもうれしい初優勝」。堤優威「少しの隙も許されない展開」【第1戦GT300決勝会見】
平良響「とてもうれしい初優勝」。堤優威「少しの隙も許されない展開」【第1戦GT300決勝会見】
AUTOSPORT web
坪井翔「ハイライトはSC後のリスタート」。山下健太「目指すは2連勝!」【第1戦GT500決勝会見】
坪井翔「ハイライトはSC後のリスタート」。山下健太「目指すは2連勝!」【第1戦GT500決勝会見】
AUTOSPORT web
國井勇輝、ポール・トゥ・ウインでクラス初優勝を飾る/2024全日本ロード第2戦もてぎ ST1000 決勝
國井勇輝、ポール・トゥ・ウインでクラス初優勝を飾る/2024全日本ロード第2戦もてぎ ST1000 決勝
AUTOSPORT web
トップ交代! ポルシェ・タイカン・ターボGTへ試乗 怒涛の1108馬力 真っ当な「GTシリーズ」か
トップ交代! ポルシェ・タイカン・ターボGTへ試乗 怒涛の1108馬力 真っ当な「GTシリーズ」か
AUTOCAR JAPAN
後続車は大迷惑! 目潰し攻撃にもなりかねない「バックフォグ」の役割と正しい使い方をレクチャーします
後続車は大迷惑! 目潰し攻撃にもなりかねない「バックフォグ」の役割と正しい使い方をレクチャーします
Auto Messe Web
タイヤ無交換作戦的中。muta GR86の堤優威/平良響コンビが嬉しい逆転勝利【第1戦GT300決勝レポート】
タイヤ無交換作戦的中。muta GR86の堤優威/平良響コンビが嬉しい逆転勝利【第1戦GT300決勝レポート】
AUTOSPORT web
中須賀克行、完璧なレース運びで開幕3連勝/2024全日本ロード第2戦もてぎ JSB1000 レース2
中須賀克行、完璧なレース運びで開幕3連勝/2024全日本ロード第2戦もてぎ JSB1000 レース2
AUTOSPORT web
au TOM’S圧倒の開幕戦。GRスープラ表彰台独占を新車シビックが奪い返す【第1戦GT500決勝レポート】
au TOM’S圧倒の開幕戦。GRスープラ表彰台独占を新車シビックが奪い返す【第1戦GT500決勝レポート】
AUTOSPORT web
2024年版 カッコよくて実用的なステーションワゴン 10選 多用途に使える「合理的」な1台
2024年版 カッコよくて実用的なステーションワゴン 10選 多用途に使える「合理的」な1台
AUTOCAR JAPAN
【正式結果】2024年スーパーGT第1戦岡山 決勝
【正式結果】2024年スーパーGT第1戦岡山 決勝
AUTOSPORT web
後輪駆動から四輪駆動へ進化 ポルシェ911 ターボ 930から993まで 4世代を比較(2)
後輪駆動から四輪駆動へ進化 ポルシェ911 ターボ 930から993まで 4世代を比較(2)
AUTOCAR JAPAN

みんなのコメント

9件
  • わんこ
    ホンダだとシビック、トヨタだとカローラGT、三菱だとミラージュあたりが競合かな、テンロクはホンダやトヨタや三菱も頑張っていたからこの時代は実に熱かった。
    新車も中古もお手頃価格。高出力エンジンを買ってモタスポするも良し、モタスポに興味のない人はコスパの良い下位グレードを買うも良し、実にいい時代でした。
  • エガちゃんねらー
    当時は目もくれなかったけど
    案外、今乗ってみたら楽しいかもね
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

133.9181.5万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

136.3359.0万円

中古車を検索
パルサーの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

133.9181.5万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

136.3359.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村