現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > オービスは「何キロ」で光る? 似たカメラとの見分け方は? 速度違反時に光る装置…! あらゆる噂の真相を専門家に聞いてみた!

ここから本文です

オービスは「何キロ」で光る? 似たカメラとの見分け方は? 速度違反時に光る装置…! あらゆる噂の真相を専門家に聞いてみた!

掲載 11
オービスは「何キロ」で光る? 似たカメラとの見分け方は? 速度違反時に光る装置…! あらゆる噂の真相を専門家に聞いてみた!

■オービスには種類が存在! 見分け方は?

 クルマで走っているの制限速度を守っていても気になるのが通称「オービス」と呼ばれる速度違反を取り締る装置の存在です。
 
 では、オービスはどのくらいの速度で点灯し、どのような種類が存在するのでしょうか。

【画像】「えっ…!」これが最新オービス? 見分け方はドコ? Nシステムとの違いを画像で見る!(32枚)

 一般的にオービスと呼ばれていますが、実はボーイング社が開発した装置の商標で、本来の名称は自動車速度違反取り締まり装置です。

 その仕組は、一般道や高速道路を走行する自動車の中で一定以上の速度を検知すると、光で運転手へ通知を行い、カメラでナンバープレートと運転手を撮影する装置のことを指します。

 オービスにはいくつか種類があり、そのうち大きく分けると固定式、移動式、そして半固定式の3つのタイプがあります。

 固定式はその名の通りある一カ所に固定で設置されている無人タイプです。固定式オービスのなかでもいくつか種類があります。

 最も古いレーダー式オービスはセンサーが道路上部、カメラは道路わきに設けられており、跳ね返る電波から速度を検知します。撮影用フィルムは容量に限界があるため、近年は減少傾向です。

 レーダー式と近いタイプのHシステムは設置方法や検知方法はレーダー式と同じですが、はんぺんのようなアンテナが取り付けられているのが特徴で、見通しのいい場所では遠くから確認できます。

 レーダー式、Hシステムの測定場所は手前10mから15mの範囲です。

 ループコイル式はレーダー式やHシステムとは異なる方法で検知しており、道路にセンサーを埋め込み、カメラは道路脇に設置されています。

 区間内に3本のループコイルと呼ばれる磁気センサーが設置されており、通過時間を測定しています。

 ループコイル式とHシステムを融合したタイプがLHシステムです。LHシステムはセンサーが道路に埋め込まれていて、カメラは道路上部に設置されています。

 ループコイル式、LHシステムの測定場所はカメラの手前7mとなっています。

 固定式オービスのメリットは24時間365日どんな悪天候でも無人で稼働し続けるという点です。ただし、固定式のため位置を覚えられてしまうというデメリットもあります。

※ ※ ※

 一方で、固定式オービスと対照的なのが移動式オービスです。センサーとカメラが道路わきや車両内に設置されているタイプです。

 検知方法は道路わきにワンボックスカーを停めて、レーザーもしくはレーダーを車に照射し、手前10mから15mで計測します。

 移動式オービスは幹線道路を中心に、速度超過の件数が多い区間に設置されるタイプです。

 移動式オービスはどこでも神出鬼没で運用できるという良さがある反面、機器を監視する警察官が必要だったり、悪天候時の運用には向いていないというデメリットがあります。
 
 半固定式オービスは、固定式と移動式の良さをあわせ持った新しいタイプのオービスです。

 高速道路の路肩に四角く金網で囲まれたゲージ内に電源や通信設備を備えた拠点を各県に数箇所づつ設置しておき、1台のオービス本体をその拠点間で不規則に移動させます。

 拠点はドライバーから見て直前まで本体がセットされているか判別は難しくなっています。

 固定式オービスよりコストパフォーマンスは高く、メンテナンス作業も効率的に行なえるようです。

 また、無人で常時稼働ができるのも半固定式のメリットです。2023年11月末現在、全国の高速道路上に21箇所の拠点があります。

■オービスは何キロで光る? なぜ赤い光が多い? 撮影後の手続き&違反金はいくら?

 このように様々なタイプのオービスがありますが、オービスのほとんどが赤く光ります。オービスの光が赤なのには理由があるのでしょうか。

 オービスガイドを運営している大須賀氏は、次のように話します。

「オービス製造メーカーも警察も赤く光る理由を発表していないので、正確なことはわかりませんが、運転手に違反を認識させる為に、他の色と区別しやすく記憶に残る赤色にしたと言われています。

 それ以外にも青色や緑色などの波長の短い光りは、暗い光を感じとる眼の細胞の働きを阻害し運転に支障をきたす可能性があるためだという説もあります。

 赤く光るオービスは白黒撮影ですが、新しいオービスはカラー撮影の為に白色発光します。

 赤く光るオービスは、高速道路や国道などで目にする大型の固定式オービスです。

 最初に登場した移動式オービスは赤く発光しますが、その後に登場した機種や半固定式オービスは白色発光します。ただし、固定式オービスでも白く光るものはあるようです」

 また特定の地域では、速度オーバーの車にオレンジ色で警告し、撮影時は白色で発光する仕組みのものもあります。

■固定式が撤去されて、移動式に移行しつつあるという噂

 ではオービスは、どこに設置されているのでしょうか。

 オービスの設置場所には、1kmから3km手前付近に自動速度取締機設置区間などと書かれた予告看板が設置されています。

 また移動式オービスは、警察のホームページやSNSなどで事前に設置場所が告知されています。

 一般道や高速道路に設置されていますが、どれくらいの速度を出すと光るのでしょうか。

 オービスが反応するスピードは公表されていませんが、悪質性の高い速度超過違反が検知されたら光ると考えられています。

 オービスが光る速度は制限速度より一般道で30km以上、高速道路は40km以上のオーバーが目安です。移動式オービスは制限速度が低い道路を中心に設置されており、15kmオーバーで光るとされています。

 オービスに速度オーバーが検出された後、数日から1カ月程度で自宅に出頭日と出頭場所が記載された出頭通知書が届きます。

 ほとんどの出頭場所は警察署で、指定された日に出頭し、取り調べを受け、起訴もしくは不起訴が決定します。 

 反則金は普通自動車の場合、超過速度に応じて一般道路は9000円から1万8000円、高速道路は9000円から3万5000円です。

 違反点数は、一般道では25km以上30km未満のオーバーで3点、50km以上のオーバーは12点と定められています。

関連タグ

こんな記事も読まれています

マツダ全幅1.9mの「オフロードSUV」 デザインが良い! 並行輸入で約1000万円!? 「CX-50」欲しい?
マツダ全幅1.9mの「オフロードSUV」 デザインが良い! 並行輸入で約1000万円!? 「CX-50」欲しい?
くるまのニュース
日産歴代最強のSRターボ [SR20VET]搭載車は初代エクストレイルGTだった……なぜS15シルビアや初代シルフィに積まれなかった?
日産歴代最強のSRターボ [SR20VET]搭載車は初代エクストレイルGTだった……なぜS15シルビアや初代シルフィに積まれなかった?
ベストカーWeb
新店舗「レンタル819府中」が4/19オープン!
新店舗「レンタル819府中」が4/19オープン!
バイクブロス
開発テーマは原点回帰──トヨタ ランドクルーザー 250が発売|TOYOTA
開発テーマは原点回帰──トヨタ ランドクルーザー 250が発売|TOYOTA
OPENERS
自動車業界に相次ぐ不祥事……日産が約30億円不当減額!! 公取委が下請法違反で勧告
自動車業界に相次ぐ不祥事……日産が約30億円不当減額!! 公取委が下請法違反で勧告
ベストカーWeb
隣のレーンなら空きがあるのに周回できない! EVを充電したあと休憩できない! 「SA・PA」頼むから改善してくれませんポイント5つ
隣のレーンなら空きがあるのに周回できない! EVを充電したあと休憩できない! 「SA・PA」頼むから改善してくれませんポイント5つ
WEB CARTOP
5年ぶりF1中国GPが復活! FP1はストロール最速。角田裕毅12番手……スプリント開催もコース炎上の珍トラブルも発生
5年ぶりF1中国GPが復活! FP1はストロール最速。角田裕毅12番手……スプリント開催もコース炎上の珍トラブルも発生
motorsport.com 日本版
トヨタ新型「ランクル250」正式発売! 15年ぶりに全面刷新! 従来プラドから何が変わった? 角目・丸目設定で520万円から
トヨタ新型「ランクル250」正式発売! 15年ぶりに全面刷新! 従来プラドから何が変わった? 角目・丸目設定で520万円から
くるまのニュース
バイク未来総研によるリセールプライスランキングで「カワサキ・ELIMINATOR」が初の首位を獲得!
バイク未来総研によるリセールプライスランキングで「カワサキ・ELIMINATOR」が初の首位を獲得!
バイクブロス
レクサス、新型GXの国内導入の概要を発表。100台限定のローンチモデル「GX550 ”OVERTRAIL+”」の抽選注文受付を開始
レクサス、新型GXの国内導入の概要を発表。100台限定のローンチモデル「GX550 ”OVERTRAIL+”」の抽選注文受付を開始
月刊自家用車WEB
ランス・ストロールがトップ。ピアストリ、フェルスタッペン続く。角田裕毅は12番手|F1中国FP1速報
ランス・ストロールがトップ。ピアストリ、フェルスタッペン続く。角田裕毅は12番手|F1中国FP1速報
motorsport.com 日本版
ヘッドライトが自動で点灯! 「オートライト機能」は、夕暮れ時の事故を防ぐ“切り札”になれるでしょうか?
ヘッドライトが自動で点灯! 「オートライト機能」は、夕暮れ時の事故を防ぐ“切り札”になれるでしょうか?
Merkmal
新型レクサスGX、1000万円超で発売開始!──GQ新着カー
新型レクサスGX、1000万円超で発売開始!──GQ新着カー
GQ JAPAN
レクサス「GX550」を2024年秋より通常販売。これに先立ち、6月上旬より「GX550 オーバートレイル+」を抽選で100台限定販売
レクサス「GX550」を2024年秋より通常販売。これに先立ち、6月上旬より「GX550 オーバートレイル+」を抽選で100台限定販売
Webモーターマガジン
レクサス、ランクル250と兄弟車のGXを発表。初回は100台を販売
レクサス、ランクル250と兄弟車のGXを発表。初回は100台を販売
driver@web
ホンダ新型「SUV」世界初公開! 未来感スゴい新型「P7」登場! 24年末以降に中国で発売へ
ホンダ新型「SUV」世界初公開! 未来感スゴい新型「P7」登場! 24年末以降に中国で発売へ
くるまのニュース
初心者向け安全運転スクール! スズキが「U30スズキセイフティスクール」の開催日程を発表
初心者向け安全運転スクール! スズキが「U30スズキセイフティスクール」の開催日程を発表
バイクのニュース
カローラクロス対抗馬完成!? 欧州で新型キャシュカイ堂々発進 日本導入はマジであるのか
カローラクロス対抗馬完成!? 欧州で新型キャシュカイ堂々発進 日本導入はマジであるのか
ベストカーWeb

みんなのコメント

11件
  • sui********
    60km/h制限の道にあるオービスの前で、40㎞/hまで減速するのはやめてくれ!
  • ブルーノア
    神戸は長田の国道2号線、まだフイルムだった頃、地面に設置されたオービスの脚を切断し、持ち去ったという猛者がいた。
    深夜の出来事で、大音量で警報音が鳴ったという。
    修理業者かと思ったらしく、気にとめる人はいなかったとか。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村