現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 学生がプロ顔負けのレース仕様軽カーを製作!「国際情報工科自動車大学校」が「東北660選手権」の参戦を決めた理由とは?

ここから本文です
学生がプロ顔負けのレース仕様軽カーを製作!「国際情報工科自動車大学校」が「東北660選手権」の参戦を決めた理由とは?
写真を全て見る(2枚)

学生の手によってプロ顔負けの本格マシンに!

若者のクルマ離れなんて言葉が陳腐に聞こえるほど、10~20代のエントラントが多い東北660シリーズ。年3戦の耐久レースは学生だけのクラスが設定され、大学の自動車部を中心に熱いバトルが繰り広げられている。今回は新たに参戦しようとマシン製作を進めている「国際情報工科自動車大学校」を紹介しよう。

うら若き女子も参戦中!「東北660選手権」は大学自動車部や10代・20代の若手ドライバーが楽しめる軽カー草レースです

将来的には3つの学科それぞれで製作し3台体制にしたい

そんな草の根モータースポーツへ新たに参入すべく、車両を製作している学校があるとの情報をキャッチした。

記事全文を読む

こんな記事も読まれています

なぜ人気モデル「ミニ・クラブマン」は生産終了!?  最後の1台が英国工場から出荷 55年の歴史に幕を閉じた理由とは
なぜ人気モデル「ミニ・クラブマン」は生産終了!? 最後の1台が英国工場から出荷 55年の歴史に幕を閉じた理由とは
VAGUE
す、凄い! 日産「フェアレディZ」復活!? 約6年ぶりに「完成」なるか 赤色が鮮やかな「Z」とは
す、凄い! 日産「フェアレディZ」復活!? 約6年ぶりに「完成」なるか 赤色が鮮やかな「Z」とは
くるまのニュース
ポルシェの4ドアセダンがより速くより遠くまで走れるようになった! 新型「パナメーラ4 E-ハイブリッド」と「パナメーラ4S E-ハイブリッド」が登場
ポルシェの4ドアセダンがより速くより遠くまで走れるようになった! 新型「パナメーラ4 E-ハイブリッド」と「パナメーラ4S E-ハイブリッド」が登場
WEB CARTOP
トヨタ・ランドクルーザーの新世代中核モデル「250」シリーズが米国で発売
トヨタ・ランドクルーザーの新世代中核モデル「250」シリーズが米国で発売
カー・アンド・ドライバー
【よーし偉いぞCX-30】「マツダCX-30 e-SKYACTIV X」過酷な10万km耐久テストを乗り切る お疲れさまー 最終評価は?
【よーし偉いぞCX-30】「マツダCX-30 e-SKYACTIV X」過酷な10万km耐久テストを乗り切る お疲れさまー 最終評価は?
AutoBild Japan
異常時にランプ点灯! 便利な「タイヤ空気圧監視システム」は、なぜ日本で普及しないのか
異常時にランプ点灯! 便利な「タイヤ空気圧監視システム」は、なぜ日本で普及しないのか
Merkmal
「一体どこがビジネスバイクなのか!?」お蔵入りになったホンダ125ccスクーターの真相
「一体どこがビジネスバイクなのか!?」お蔵入りになったホンダ125ccスクーターの真相
モーサイ
12月の新車販売ランキングで登録車はトヨタ一強状態! だがダイハツ不正の影響で「ルーミー」「ライズ」が今後厳しくなる可能性
12月の新車販売ランキングで登録車はトヨタ一強状態! だがダイハツ不正の影響で「ルーミー」「ライズ」が今後厳しくなる可能性
WEB CARTOP
東北・北関東道に「半固定式オービス」新登場! カメラが“神出鬼没”? 謎の新システムは従来の「オービス」と何が違うのか
東北・北関東道に「半固定式オービス」新登場! カメラが“神出鬼没”? 謎の新システムは従来の「オービス」と何が違うのか
くるまのニュース
SHOEI「GT-Air 3 REALM」 シリーズ最新モデル初のグラフィックモデル登場
SHOEI「GT-Air 3 REALM」 シリーズ最新モデル初のグラフィックモデル登場
バイクのニュース
[低音増強でカーオーディオはもっと楽しくなる]「ドアスピーカー」の低音再生能力を引き出す!
[低音増強でカーオーディオはもっと楽しくなる]「ドアスピーカー」の低音再生能力を引き出す!
レスポンス
アルピナ B3Sビターボはパワーよりも丹念な作り込みがポイントだった【10年ひと昔の新車】
アルピナ B3Sビターボはパワーよりも丹念な作り込みがポイントだった【10年ひと昔の新車】
Webモーターマガジン
【最新モデル試乗】そろそろBEVと考えさせるレクサスの本気モデル、RZ450eFスポーツパフォーマンスと300eに乗った!
【最新モデル試乗】そろそろBEVと考えさせるレクサスの本気モデル、RZ450eFスポーツパフォーマンスと300eに乗った!
カー・アンド・ドライバー
【YM新車予想】ヤマハ新型「XSR900 GP」の次なる’80sGPカラーは?! 発売前だけど新色を占っちゃえ!!
【YM新車予想】ヤマハ新型「XSR900 GP」の次なる’80sGPカラーは?! 発売前だけど新色を占っちゃえ!!
WEBヤングマシン
トヨタ新型「ハイエース “キャンプ仕様”」登場! お洒落な「レトロ風」デザインがカッコいい! 独自開発した「新型モデル」の特徴とは
トヨタ新型「ハイエース “キャンプ仕様”」登場! お洒落な「レトロ風」デザインがカッコいい! 独自開発した「新型モデル」の特徴とは
くるまのニュース
ホンダ「NX400」発売 「400X」の後継モデルが日本市場に登場
ホンダ「NX400」発売 「400X」の後継モデルが日本市場に登場
バイクのニュース
「光岡バディ&ロックスター」が戦隊もの特撮番組の劇中で暴れ回る! 3月からの放送を見逃すな!
「光岡バディ&ロックスター」が戦隊もの特撮番組の劇中で暴れ回る! 3月からの放送を見逃すな!
ベストカーWeb
トヨタグループの相次ぐ不正は“日本の歪み”そのものだ 「現場との断絶」「セクショナリズム」、第三者委の調査書を改めて読む
トヨタグループの相次ぐ不正は“日本の歪み”そのものだ 「現場との断絶」「セクショナリズム」、第三者委の調査書を改めて読む
Merkmal

みんなのコメント

2件
  • h_m********
    自動車部の活動も時代と共に変遷してきましたね。最初は高嶺の花だった自動車に乗れるということから始まり、注力分野はそれぞれの学校によって違いはあったもののラリーやダートトライアル、フィギュア、ジムカーナ、整備とその時代によって変化してきました。
    これまでレースをあまり主体にできなかったのは、学生という建前上、危険すぎる、費用がかかるという判断もあり、そう多くの大学は注力してこなかった経緯があります。しかし、今、軽自動車という分野にてレースという新しいカテゴリーができた以上、これまでの注力分野での活動を糧に安全にそして誰もがモータースポーツという世界に触れられる環境を作って頂きたいと思います。これからの各大学の活躍を期待して楽しみにしています。(おじさんも本当はやりたい)
  • なま3
    どんなに技術が進化して色んなことが簡単にできるようになったとしても、自分の手で何かを直す作る経験というのは絶対自分だけの財産として役に立つ。いい経験だと思う。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村