現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > いいクルマだったなぁ…帰ってきてくれんか…マークXが日本に残した爪痕

ここから本文です

いいクルマだったなぁ…帰ってきてくれんか…マークXが日本に残した爪痕

掲載 37
いいクルマだったなぁ…帰ってきてくれんか…マークXが日本に残した爪痕

 トヨタのラージFFセダン「カムリ」の国内販売が、2023年12月下旬に生産終了となった。

 トヨタのセダンといえば、2004年から2020年まで販売されていたトヨタのミドルクラスセダン「マークX」もまた、上質なプレミアムサルーンとしての資質に富んだ、いいクルマだった。改めて、マークXの魅力と、日本市場に残した爪痕について考えてみよう。

いいクルマだったなぁ…帰ってきてくれんか…マークXが日本に残した爪痕

文:立花義人、エムスリープロダクション
写真:TOYOTA、ベストカー編集部

マークXへの名称変更で、イメチェンを図った

 マークXの開発コンセプトは「ダイナミック&スタイリッシュFRセダン」。走りを感じさせる躍動的で美しいスタイル、高いハンドリング性能など、新時代の高級セダンを狙っており、プラットフォームは12代目クラウン(2003年発売)のものを改良。マークII時代より70mmも長い2,850mmのホイールベースを採用し、前後オーバーハングを切り詰めてモダンでスタイリッシュなスタイリングを実現するとともに、安定感のあるプロポーションが走りをイメージさせていた。

 セダンの不人気が囁かれるようになったのは、ステーションワゴンブームをつくり出した初代レガシィ(1989年発売)や、ミニバンの常識を変えた初代オデッセイ(1994年発売)が登場したあたりからだろう。マークXが、マークIIから名前を変えた2004年あたりは、セダンは、そのイメージを変えざるを得ない時代であり、マークXは、車名を変えることやスタイリングの刷新、発売前にティザー広告を打つ手法を取ることなどによって、かつてのマークIIのから、イメージを変えることに成功させていたと思う。

2004年登場の初代マークX。スポーティな走りを想起させるモダンなスタイリングが印象的

[usedcar-search brand_cd="1010" body_cd="6,11" car_cd="10101063" keyword="マークX" limit=30]

FRの走りを堪能できるのが最大の魅力

 マークXの魅力といえば、やはり走りのよさだろう。54:46という重量バランスから生み出す安定した走り、ハンドリング性能、3.5L V6エンジンによるゆとりの走り(2.5Lモデルもある)、電子制御サスペンションシステムやギヤ比可変ステアリング、車両統合制御システムなどにより、FRの走りを十分堪能できた。

 また、2014年に100台限定で発売されたマークX GRMNや、2019年に発売されたその第2弾モデルなど、GAZOO Racingが開発したスポーツコンバージョンモデルが存在するのもマークXの魅力だった。3.5L V6自然吸気エンジン+6速MT、専用チューニングサスペンション、補強用ブレス、ドアスタビライザー、専用トルセンLSDの採用など、より走りを追求したモデルのほか、モデリスタが手がけたコンプリートカー「マークX+Mスーパーチャージャー」というモデルも。もともと318psという高性能な3.5Lエンジンに専用スーパーチャージャーを換装し、360psまで出力を向上させたモデルだったが、こういう特別な存在も、マークXに「走りの良いスポーツモデル」というイメージをもたせていた。

2014年に限定100台で発売されたマークX”GRMN”。価格は540万円と決して安くはないが、メーカー純正チューンモデルとしての価値は高い

マークXという選択肢があったということそのものに、大きな価値があった

 マークXが販売されていた当時の「高級スポーツセダン」といえば、クラウンアスリートやレクサスISがあるが、クラウンはターゲットとなるユーザー層の年齢が高かったし、レクサスISは価格が高かった。その点、マークXはベーシックなグレードだと265万円程度(2016年マイナーチェンジモデル)から購入することができ、(若干だが)ユーザー層も若く、スタイリッシュで走りがよく、実用的なクルマに乗りたいと思う人にとってはコスパの高いモデルだったと思う。

 コンパクトなハッチバックやミニバン、SUVが人気の中心ではあるが、オジサン道まっしぐらのクラウンや、小金持ちを相手にしたレクサスISではなく、年齢関係なく、誰でも楽しむことができるマークXという選択肢があったということそのものに、大きな価値があったと思う。

14代目クラウンに期間限定で設定されたピンクのボディカラー。ドラえもんを使ったCMと共にインパクトはあったが、マークXの個性とは異なる

◆      ◆     ◆

 走りを楽しめる「いいクルマ」が少なくなるのは、クルマ好きとしては寂しいかぎり。残念ながら消滅してしまったマークXだが、「安くて速くてカッコ良いクルマ」として、日本のクルマ好きにこれからも末永く語りつがれることだろう。

こんな記事も読まれています

引退表明から二日後、A.エスパルガロがスプリントで2年連続の優勝を飾る/第6戦カタルーニャGP
引退表明から二日後、A.エスパルガロがスプリントで2年連続の優勝を飾る/第6戦カタルーニャGP
AUTOSPORT web
赤旗&2度のSCと大荒れの一戦で19歳バーナードが初優勝。マローニはリタイア/FIA F2第5戦レース1
赤旗&2度のSCと大荒れの一戦で19歳バーナードが初優勝。マローニはリタイア/FIA F2第5戦レース1
AUTOSPORT web
SUBARUサンバーを快走仕様!「誰もやらないスピーカー修復」5
SUBARUサンバーを快走仕様!「誰もやらないスピーカー修復」5
グーネット
ルクレール、感涙の母国初優勝! 波乱の幕開けで“我慢比べ”のレース展開も屈せず。角田裕毅8位入賞|F1モナコGP決勝
ルクレール、感涙の母国初優勝! 波乱の幕開けで“我慢比べ”のレース展開も屈せず。角田裕毅8位入賞|F1モナコGP決勝
motorsport.com 日本版
賃上げマックス1.4万円!? めっちゃ上がるやん!! 自動車業界の給与事情が羨ましすぎ
賃上げマックス1.4万円!? めっちゃ上がるやん!! 自動車業界の給与事情が羨ましすぎ
ベストカーWeb
第108回インディ500、雷雨予報でスタートディレイ。観客には安全な場所への避難勧告
第108回インディ500、雷雨予報でスタートディレイ。観客には安全な場所への避難勧告
motorsport.com 日本版
F1モナコ決勝速報|ルクレール、マネジメントレースを制して母国で初優勝! 角田裕毅は8位入賞
F1モナコ決勝速報|ルクレール、マネジメントレースを制して母国で初優勝! 角田裕毅は8位入賞
motorsport.com 日本版
スマート#3 詳細データテスト クラス水準以上の動力性能 優れた基本設計 物足りない細部の仕上げ
スマート#3 詳細データテスト クラス水準以上の動力性能 優れた基本設計 物足りない細部の仕上げ
AUTOCAR JAPAN
ああジャケ買いしそう! うちの母さんにも乗ってほしい! KGモーターズの超小型モビリティに「ミボット」と名前が付いた!
ああジャケ買いしそう! うちの母さんにも乗ってほしい! KGモーターズの超小型モビリティに「ミボット」と名前が付いた!
ベストカーWeb
アルファ ロメオの改名騒動のシナリオがあった!?「ミラノ」ではなく「ジュニア」で決定した背景とは?「ジュリエッタ」のときはどうだった?
アルファ ロメオの改名騒動のシナリオがあった!?「ミラノ」ではなく「ジュニア」で決定した背景とは?「ジュリエッタ」のときはどうだった?
Auto Messe Web
国産5社が語る! 「意外と孤独」 どういうコト? 同じ悩みを持っていた? 普段はライバルも「共に挑む!」ワケとは
国産5社が語る! 「意外と孤独」 どういうコト? 同じ悩みを持っていた? 普段はライバルも「共に挑む!」ワケとは
くるまのニュース
英国「最安」ハッチバック ヤリスやクリオのシェア侵食? 2代目MG 3へ試乗 1.5L HVで194ps
英国「最安」ハッチバック ヤリスやクリオのシェア侵食? 2代目MG 3へ試乗 1.5L HVで194ps
AUTOCAR JAPAN
ランチア「ストラトス ゼロ」に乗った!「カウンタック」に続くガンディーニアイコンの始まりのクルマとは【クルマ昔噺】
ランチア「ストラトス ゼロ」に乗った!「カウンタック」に続くガンディーニアイコンの始まりのクルマとは【クルマ昔噺】
Auto Messe Web
車のボディまるごと「樹脂バンパー」で覆っちゃう!? ホンダの“素材リサイクル”の発想がぶっ飛んでた
車のボディまるごと「樹脂バンパー」で覆っちゃう!? ホンダの“素材リサイクル”の発想がぶっ飛んでた
乗りものニュース
モナコGP決勝、大クラッシュ発生で赤旗中断。レッドブルのペレスとハース勢がリタイア
モナコGP決勝、大クラッシュ発生で赤旗中断。レッドブルのペレスとハース勢がリタイア
motorsport.com 日本版
スプリントの鬱憤晴らす渾身の勝利! バニャイヤ、今季3勝目。マルケスまたしても超追い上げ3位|MotoGPカタルニアGP決勝
スプリントの鬱憤晴らす渾身の勝利! バニャイヤ、今季3勝目。マルケスまたしても超追い上げ3位|MotoGPカタルニアGP決勝
motorsport.com 日本版
国内最大級・ド迫力ボディの「エアロキング」を“運転”できる!? めちゃ貴重な「2階建てバス」運転企画を発売へ ファン垂涎「激レア体験」7月開催
国内最大級・ド迫力ボディの「エアロキング」を“運転”できる!? めちゃ貴重な「2階建てバス」運転企画を発売へ ファン垂涎「激レア体験」7月開催
くるまのニュース
2024年版 レスポンスも音も「感動的」な最新スーパーカー 11選 性能とデザインで頂点を争う
2024年版 レスポンスも音も「感動的」な最新スーパーカー 11選 性能とデザインで頂点を争う
AUTOCAR JAPAN

みんなのコメント

37件
  • のと
    よく欧州メーカーのセダンは売れていると言うけど月に何台売れているのか知ってるのかね?
    台数とすればたいしたことないのが現実。
    ただセダン売れないけど販売を続けるのは日本メーカーと違って凄いとは思う。
  • ygh********
    いや、まだ現役でよく見かけるんだよマークxは...よく出来たセダンじゃないですか
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

265.7513.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

9.8800.0万円

中古車を検索
マークXの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

265.7513.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

9.8800.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村