現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 「おっさんセダン」と侮るなかれ! スポーツカー顔負けの戦闘力「カローラアクシオTRD」は何が凄かったのか

ここから本文です

「おっさんセダン」と侮るなかれ! スポーツカー顔負けの戦闘力「カローラアクシオTRD」は何が凄かったのか

掲載 更新 38
「おっさんセダン」と侮るなかれ! スポーツカー顔負けの戦闘力「カローラアクシオTRD」は何が凄かったのか

「GT」グレードを復活させた10代目カローラアクシオ

 カローラといえば、日本を代表するスタンダードカーの1台。一時期はユーザーの高齢化が叫ばれていたが、現行モデルとなる12代目はデザインも一新され、ユーザーの若返りに躍起になっている。

600万円超えの「86」に激速タクシーのような「コンフォート」! 衝撃のTRDコンプリートカー6選

 そんなカローラではあるが、ひと昔前のモデルには「GT」というスポーツグレードが用意され、見た目こそ普通のカローラセダンでありながら、ツインカムのスポーツエンジンを搭載した“羊の皮を被った狼”的なグレードが用意されていたことを知るアラフォー世代以上も多いのではないだろうか。その栄光の「GT」グレードを復活させたのが、通算10代目となったカローラアクシオだったのだ。

 といっても通常のカタログモデルではなく、TRDが手掛けたコンプリートカーという扱いで、中間グレードの「1.5X」の5速MT車をベースにTRDがチューニングを施したモデルとなっていた。価格は235万2381円と決して安いとは言えないが、現行型のカローラセダン、1.2LターボのMTモデルが242万4400円であることを考えれば妥当な価格とも言えるかもしれない。

1.5Lエンジンにインタークーラーターボをドッキング

 このカローラアクシオGTの最大のトピックは、やはり何といってもエンジンだろう。ベース車が搭載する1NZ-FE型1.5Lエンジンになんとインタークーラーターボをドッキング。さらに専用のECUでハイオクガソリン仕様とすることで、110ps/14.3kg-mから150ps/20.0kg-mへと大幅なパワーアップがなされていたのだ。

 大幅にアップした出力に対応するため、TRDスポルティーボサスペンションフルキットや15インチフロントブレーキ&195/55R16タイヤ&ホイール、強化クラッチカバーもプラス。精悍なエアロパーツをまとうことで一気にスポーツセダンへと変貌を遂げていた。

 さらにディーラーオプションとしてはスポーツブレーキパッド&シューやビルシュタインサスペンションフルセット、レカロ製バケットシート、ハイレスポンスマフラーなども用意していたのだから、その本気度が伝わってくることだろう。

ワンメイクレースも開催されるほどの本気度!

 そして、その本気度を決定づける極めつけが、富士チャンピオンレースに2009年から設立された「カローラアクシオGTクラス」だ。これはカローラアクシオGTをベースに専用のエアロパーツやサスペンションを装備したN2準拠のワンメイクレースで、エンジンは180psまで高められていた。 ただ、残念ながらカローラアクシオGTクラスは多くのエントラントを集めるまでには至らず、2013年度を最後に消滅してしまったが、これもカローラアクシオGTが存在したからこその功績と言えるだろう。

 そんなカローラアクシオGT、今から手に入れるとなると当然ながら中古車ということになるが、注意していただきたい点がひとつ。じつはこのモデルには「TRD Sportsセット」という、61万9500円引きとなるレスオプションが設定されていた。これを選ぶと専用ターボシステムとそれにまつわるアイテムがすべて非装着となってしまうのだ。 つまり、見た目はターボモデルと同じながら、エンジンはベース車のままという“狼の皮を被った羊”仕様が存在するのである。

 フロントグリルに備わるエンブレムがターボモデルは「TRD turbo」、NAモデルは「TRD Sportivo」という違いがあるが、一番確実なのはエンジンルームをチェックすることだろう。

こんな記事も読まれています

スバル新型「ピックアップ」!? めちゃ斬新な“夢の”新型「フォレスター“トラック”」! 大胆すぎる予想CGが超カッコイイ
スバル新型「ピックアップ」!? めちゃ斬新な“夢の”新型「フォレスター“トラック”」! 大胆すぎる予想CGが超カッコイイ
くるまのニュース
[15秒でわかる]SVE『YENKO/SC 1000HP C8コルベット』...1000HPのモンスターマシン
[15秒でわかる]SVE『YENKO/SC 1000HP C8コルベット』...1000HPのモンスターマシン
レスポンス
ブガッティの名車「タイプ35」、75%スケールのEVで再現…最高速68km/h
ブガッティの名車「タイプ35」、75%スケールのEVで再現…最高速68km/h
レスポンス
GSで慌てる「給油口どっち!?」 実は車に乗ったまま確認できる! 覚えておきたい“便利なマーク”ってどんなもの?
GSで慌てる「給油口どっち!?」 実は車に乗ったまま確認できる! 覚えておきたい“便利なマーク”ってどんなもの?
くるまのニュース
バイクはクルマより体力が必要! その理由とは?
バイクはクルマより体力が必要! その理由とは?
バイクのニュース
電動ゴルフの高性能版「GTE」に改良新型、272馬力に強化…VWが欧州で受注を開始
電動ゴルフの高性能版「GTE」に改良新型、272馬力に強化…VWが欧州で受注を開始
レスポンス
インディ500予選2日目、佐藤琢磨は10番手。ペンスキーがフロントロウ独占、マクログリンが圧巻ポール
インディ500予選2日目、佐藤琢磨は10番手。ペンスキーがフロントロウ独占、マクログリンが圧巻ポール
motorsport.com 日本版
出会ったらびっくり… 1700万円超え「レクサス・パトカー」登場! GT-R&NSXなど“最強パトカー軍団”も!? 栃木で目撃されるワケ
出会ったらびっくり… 1700万円超え「レクサス・パトカー」登場! GT-R&NSXなど“最強パトカー軍団”も!? 栃木で目撃されるワケ
くるまのニュース
日本発売直前で幻となったVWのEVを覚えていますか?【懐かしのカーカタログ】
日本発売直前で幻となったVWのEVを覚えていますか?【懐かしのカーカタログ】
レスポンス
スズキが「大排気量スポーツアドベンチャーツアラー」を新発売! Vツインエンジン搭載の新型「Vストローム1050」は長距離ツーリングも快適です
スズキが「大排気量スポーツアドベンチャーツアラー」を新発売! Vツインエンジン搭載の新型「Vストローム1050」は長距離ツーリングも快適です
VAGUE
角田裕毅、スタートで順位を落としたのが痛すぎた「ストレートが速いヒュルケンベルグに先行され、レースに妥協を強いられてしまった」
角田裕毅、スタートで順位を落としたのが痛すぎた「ストレートが速いヒュルケンベルグに先行され、レースに妥協を強いられてしまった」
motorsport.com 日本版
アルファロメオ『ジュリア』に「スーパースポーツ」、世界限定275台…ミッレミリア初優勝を記念
アルファロメオ『ジュリア』に「スーパースポーツ」、世界限定275台…ミッレミリア初優勝を記念
レスポンス
タイのクルマ好き女子に「かわいい」ブーム到来で「キューブ」に「ムーヴキャンバス」が人気だった
タイのクルマ好き女子に「かわいい」ブーム到来で「キューブ」に「ムーヴキャンバス」が人気だった
WEB CARTOP
日産、車両に使用するアルミ 2030年までにすべての車種で低CO2に置き換え
日産、車両に使用するアルミ 2030年までにすべての車種で低CO2に置き換え
日刊自動車新聞
【新型ポルシェ911チェック】フェイスリフトされる911にはハイブリッドスポーツカーも用意される 未来予想図&最新情報をお届け!
【新型ポルシェ911チェック】フェイスリフトされる911にはハイブリッドスポーツカーも用意される 未来予想図&最新情報をお届け!
AutoBild Japan
JLR ピュアEVブランド化目前のジャガーF-PACEにICE搭載の25MY受注開始
JLR ピュアEVブランド化目前のジャガーF-PACEにICE搭載の25MY受注開始
Auto Prove
予選2番手のピアストリにペナルティ。マグヌッセンへの妨害で決勝3グリッド降格/F1第7戦
予選2番手のピアストリにペナルティ。マグヌッセンへの妨害で決勝3グリッド降格/F1第7戦
AUTOSPORT web
約220万円のホンダ「小さな高級車」!? 全長4m級で“クラス超え”「豪華インテリア」採用! めちゃ上質コンパクト「フィット LUXE」 どんなモデル?
約220万円のホンダ「小さな高級車」!? 全長4m級で“クラス超え”「豪華インテリア」採用! めちゃ上質コンパクト「フィット LUXE」 どんなモデル?
くるまのニュース

みんなのコメント

38件
  • 素直に4A-G。あるいは3S-G。

    これらが載っていたならばと思います。

    このモデルが企画された時点で既に、トヨタのスポーツ系ユニットとして、この偉大な二枚看板は鬼籍に入っていたのでした。

    とは言えカローラの4枚、マニアックな渋さが魅力です。
  • 昔のカローラ4ドアは4AGだったよね。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

161.2187.6万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

28.0248.1万円

中古車を検索
カローラアクシオの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

161.2187.6万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

28.0248.1万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村