サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 消えていった哀しき世界初 日本初の装備はなぜ続かなかったのか?

ここから本文です

 1980年代~1990年代にかけて、日本車に勢いのあったバブル期には世界初、日本初といった装備や技術が新型車が出るたびといっても過言ではないくらい登場していた。

 しかし、そのなかには注目されながらも後に続かなかったものというのも少なくない。本企画では、そんな哀しき、世界初、日本初の装備や技術たちを振り返り、続かなかった理由(言い訳)も考えてみた。

これがアジアのロッキー!!  マレーシアでDNGA採用車「アティバ」デビュー

※トビラ写真/1988年登場の80系マークIIには、なんとサイドウインドウの小さなスペースにワイパーが設けられた。

おすすめのニュース

サイトトップへ

あわせて読みたい

サイトトップへ