現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > およそ110万円で買える「おいしい」中古車22選

ここから本文です

およそ110万円で買える「おいしい」中古車22選

掲載 更新
およそ110万円で買える「おいしい」中古車22選

「買い物狂い」のための時代

Webページを覗きながら考えるのは、たいてい「このお金」を「どのクルマ」に使おうかということ。

愉快すぎる中国コピー車6選 上海モーターショー編

21世紀の情報化社会は、ウィンドウショッピングを簡単にし、ある意味ではわれわれ消費者を危険に晒している。買い物が簡単になるにつれ、値段についてよく考えずにポチッと購入ボタンを押してしまうからだ。

そこで正しいお金の使い道について、いま一度考えてみる必要があると思った。

ここに£8,000(113万円)があると仮定しよう。新車のダチア・サンデロ・アンビエンスTCe90が買える値段だ。

ただ、これを買うよりももっと有意義なクルマが存在する。AUTOCAR英国編集部が22台を選んでみた。

スマート・ロードスター

狭くて決して実用的ではない。自動制御のギアボックスはイライラの元凶でさえある。ただし見た目がグレート。

ミド・エンジンで唯一無二のスタイリングは、街中でも際立つ存在だ。£6,000(85万円)で2007年式スマート・ロードスターが手に入る。

ルノー・クリオ197カップ

ルノー・スポール・クリオはドライビングマシンというオオカミ的な一面を隠し持っている。とりわけパワーがあるわけではないものの、結構速いし乗っていてなかなか楽しい。

2010年式の5万6千km走ったクリオRS197カップが£8,000(113万円)で売りに出ている。

ポルシェ・ボクスター

スポーツカー界のなかで安定的な信頼を実現しつつあるのがボクスター。ほかの追随を許さない。

£8,000(113万円)で16万kmの987 2.7を購入可能。

プジョーRCZ

スポーティなプジョーを£8,000(113万円)以内でお探し? だとすれば205 GTiをおススメしたいところだが、プロポーションの良さにコダワリたいのならばRCZのほうが良い。

11万km走ったRCZ 1.6THP GTが£8,000(113万円)だ。

日産350Z

Zカーはいつだってドライビングの楽しさを披露してくれる。インテリアのちゃちさは否定できないものの、そんなのは大きな問題ではない。たった2km乗ったくらいでもドライバーが笑顔になるクルマなのだから。

9万6千km走った350Zは£8,000(113万円)で入手可能。

ポルシェ944

長い間911の影に隠れて944は目立たない存在であった。それが安さの理由でもある。

価値は上がってきているものの、それでも状態が良くたって£8,000(113万円)あれば買える。16万km走った1989年式の944 2.7を見つけた。

マツダMX-5

世界で最も売れたスポーツカーのひとつ。ドライビングは極めて従順で魅惑。疑う余地はあるだろうか? 使いやすさや信頼性も抜群である。

ドライビング・エンスージァストに向けた£8,000(113万円)の使い道の模範解答がコレ。そういっても過言ではない。4万8千kmのMX-5は£8,000(113万円)のプライスタグをつけている。

メルセデスSLK Mk.2

オリジナルのSLKはなんとも頼りなかった。しかし改良が加わりだいぶマシになったようだ。

選ぶのならばV6 3.5ℓの272psモデル。7速オートマのやつだ。予想を超えるドライビングプレジャーを見せつけてくれるはずである。

2005年式SLK350の8万km走った個体が£8,000(113万円)で販売中。

ジャガーXKR

400psの使い道に困ってしまうかもしれない。

スポーツカーというよりもむしろ、グランドツアラー的なキャラクターのこのクルマ。13万km走った2002年式のXKR4.2クーペが£8,000(113万円)だ。

ホンダS2000

ベストな選択肢は何なのかと悩んでいるのならばホンダS2000を選ぼう。9000rpmからレッドゾーンになるFR、楽しいこと間違いない。

2005年式の16万km走ったクルマは£8,000(113万円)で買える。

ホンダ・シビック・タイプR

先代のシビック・タイプRは妥協のないマシンだった。そのため売り物が減ってしまっているのも仕方ない。

手に汗握るような恐怖を味わいたいのならば、おあつらえ向き。2009年式の8万8千km走った個体を£8,000(113万円)で見つけた。

フィアット・バルケッタ

もし時代の流れに逆らうようなクルマを欲していたとすれば、フィアット・バルケッタを選ぼう。奇抜な外観でアピールは充分だ。

ただ、最後に見たのはいつだっただろうか……。幸いにも2004年式フィアット・バルケッタ1.8を見つけた。£8,000(113万円)で5万6千kmの個体がある。

フォード・フォーカスST

もっと昔のフォーカスRSなら£8,000(113万円)で買えるものの、マイナーチェンジ後のSTのほうがよさそうだ。

ターボチャージャー付き2.5ℓエンジンは良い相棒となる。£8,000(113万円)で6万4千kmのフォーカスSTが売り出し中。

BMW Z3

Z3はいつも未成熟のシャシーで私たちを失望させる。最上級のスポーツカーとは言えないが、それでも3ℓの後期型はまともなクルーザーではある。£8,000(113万円)で6万4千km走ったZ3の3ℓモデルを見つけた。

フォード・フィエスタST

最近のフィエスタは買えないが、先代のフィエスタならば買える。同じクラスの同価格車と比べても楽しいこと間違いなし。

£6,000(85万円)もあれば4万8千kmのフィエスタSTが購入可能だ。

ホンダCR-Z

地球環境を考えつつもパリッとしたドライビングを楽しみたいのなら、コレなどどうだろうか? £8,000(113万円)の5万6千km走った2012年式CR-Zスポーツだ。

クライスラー・クロスファイア

クライスラーのクルマを選ぶなんてどうしたんだ? と思われるかもしれないけれど、このクロスファイアは例外的と言っていい。

6万4千km走った2006年式クロスファイア3.2V6ロードスターが£7,000(99万円)で買える。

BMW Z4

£8,000(113万円)の予算だと、1世代目のZ4 3ℓか、2世代目のスタイリングはモダン。

したがっておすすめは2代目。£8,000(113万円)で14万kmの2009年式Z4 23iが買える。

BMW M3(E46)

£8,000(113万円)あればクーペだってコンバーティブルだって選べる。原点に立ち返って、343psのストレート6を積んだ素晴らしいモデルに乗るのも一興だ。

ステアリング、高剛性なシャシー、どれをとっても正しい£8,000(113万円)の使い道をした! と胸を張れるだろう。

2004年式、16万kmのM3クーペが見つかった。

アウディS4

さて、先鋭部隊のスポーツカーとは一線を画した4シーターのコンバーティブル。

一応V8を積み、4WDときている。もし興味があるのなら、£8,000(113万円)で11万kmの2005年式アウディS4カブリオレがある。

アウディTTクーペ

超絶良いとは言えないが、決して悪くはない。実用性と品質の高さを持ち合わせている。ディーゼルだったらもっと楽しいクルマになりそうだ。

£8,000(113万円)で11万2千km走った2009年式アウディTT 2.0 TFSIが買える。

アルファ・ロメオ・スパイダー

なんとも形容しがたいスタイリング。しかし素敵だ。ゴージャスな3.2ℓV6サウンドも見過ごせないポイント。

ただし現実的には2.2 JTSが関の山。2007年式アルファ・ロメオ・スパイダー、4万5千km走った個体が£8,000(113万円)で買える。

こんな記事も読まれています

ホンダ新型「フリード」登場! 8年ぶり刷新で“走れるミニバン”へ大進化! 速攻試乗で実感した3つのスゴさとは?
ホンダ新型「フリード」登場! 8年ぶり刷新で“走れるミニバン”へ大進化! 速攻試乗で実感した3つのスゴさとは?
くるまのニュース
「大勝軒」の味を高速道路でも楽しめる! 常磐道「Pasar守谷」へ
「大勝軒」の味を高速道路でも楽しめる! 常磐道「Pasar守谷」へ
バイクのニュース
フェラーリ育成のベアマン、ハースから今季2度目のFP1参加へ。ヒュルケンベルグのマシンをドライブ/F1スペインGP
フェラーリ育成のベアマン、ハースから今季2度目のFP1参加へ。ヒュルケンベルグのマシンをドライブ/F1スペインGP
AUTOSPORT web
[アルファード]顔負けの激広ワゴンが復活!? ホンダのアヴァンシアがホントに返ってくるかも
[アルファード]顔負けの激広ワゴンが復活!? ホンダのアヴァンシアがホントに返ってくるかも
ベストカーWeb
自作で仕上げたトヨタ「エスティマ」はリップ2枚重ね! プロ顔負けのDIYアクリルワークのカスタムオーディオが自慢です
自作で仕上げたトヨタ「エスティマ」はリップ2枚重ね! プロ顔負けのDIYアクリルワークのカスタムオーディオが自慢です
Auto Messe Web
信号もなきゃ一時停止もなし! 交差点で鉢合わせしたらドッチが先に通行する権利あり?
信号もなきゃ一時停止もなし! 交差点で鉢合わせしたらドッチが先に通行する権利あり?
WEB CARTOP
「DG-010 スローバックメッシュグローブ」がデイトナから発売!
「DG-010 スローバックメッシュグローブ」がデイトナから発売!
バイクブロス
ペインター「SEnR1/センリ」による展示会「SEnR1 ART EXHIBITION in UNITEDcafe INVADING”セタガヤ”」が7/24~8/5開催
ペインター「SEnR1/センリ」による展示会「SEnR1 ART EXHIBITION in UNITEDcafe INVADING”セタガヤ”」が7/24~8/5開催
バイクブロス
NISMOがノート、エルグランド、セレナなどに適合する「ナンバープレートリム」を発売
NISMOがノート、エルグランド、セレナなどに適合する「ナンバープレートリム」を発売
レスポンス
新型BMW X3、スタイリッシュに登場!──GQ新着カー
新型BMW X3、スタイリッシュに登場!──GQ新着カー
GQ JAPAN
日産の新型「クロスオーバーSUV」発表! ネットでも反響多数!「私も見に行きたい」の声も! 顔面刷新で”斬新グリル”に変貌の「ノートAUTECH」登場
日産の新型「クロスオーバーSUV」発表! ネットでも反響多数!「私も見に行きたい」の声も! 顔面刷新で”斬新グリル”に変貌の「ノートAUTECH」登場
くるまのニュース
これからの時期に増える夕立や台風による大雨…いったいなぜ起こる?
これからの時期に増える夕立や台風による大雨…いったいなぜ起こる?
バイクのニュース
ジープ・レネゲード、2027年までにBEV発売へ 安価なLFP電池採用で「約390万円」目指す
ジープ・レネゲード、2027年までにBEV発売へ 安価なLFP電池採用で「約390万円」目指す
AUTOCAR JAPAN
東風汽車、2車種の新型電動SUVを中国発売…最新のEV技術を結集
東風汽車、2車種の新型電動SUVを中国発売…最新のEV技術を結集
レスポンス
日産「ガゼールRS」を新車購入して42年! テレビドラマ『西部警察』で一世を風靡したモデルでラリーマシン「240RS」をオマージュ
日産「ガゼールRS」を新車購入して42年! テレビドラマ『西部警察』で一世を風靡したモデルでラリーマシン「240RS」をオマージュ
Auto Messe Web
トヨタ公認! ランクルTシャツが登場。FJ40、FJ60など4種のイラストに気分があがる【新着ドライブコーデ】
トヨタ公認! ランクルTシャツが登場。FJ40、FJ60など4種のイラストに気分があがる【新着ドライブコーデ】
くるくら
トヨタ株主総会、佐藤社長が陳謝、再任の豊田会長「喜んで“院政”を」[新聞ウォッチ]
トヨタ株主総会、佐藤社長が陳謝、再任の豊田会長「喜んで“院政”を」[新聞ウォッチ]
レスポンス
話題の「白バイコスプレおじさん」 何が問題? “警察官”みたいな青服&白バイで道端に…ネットでは賛否両論! 法律的には?
話題の「白バイコスプレおじさん」 何が問題? “警察官”みたいな青服&白バイで道端に…ネットでは賛否両論! 法律的には?
くるまのニュース

みんなのコメント

この記事にはまだコメントがありません。
この記事に対するあなたの意見や感想を投稿しませんか?

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

412.0550.8万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

36.0392.0万円

中古車を検索
RCZの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

412.0550.8万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

36.0392.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村