サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > たった44台の激レアロータリー市販車! ライバル車の倍の価格で登場した衝撃の「マツダパークウェイ」とは

ここから本文です

 生産台数たった44台の超希少なマイクロバス!

 2020年に創立100周年を迎えたマツダ。三輪トラックやコルク製品、削岩機などさまざまなものを手がけつつ、自動車でもロータリーエンジンに並々ならぬこだわりを持つメーカーとして、我が道を歩んできたメーカーと言っていい。そのロータリー自体、王道的なモデル以外にも、軽自動車のシャンテへの搭載を目論んでみたりなど、全車ロータリー化を目指していたフシもある。その表れのひとつが、マイクロバスのパークウェイへの搭載だ。

RX-7&8だけじゃない! バスやトラックまであるマツダのロータリーエンジン搭載の「意外な」モデルたち

 パークウェイの車名はけっこうなクルマ好きでないと知らないかもしれない。

おすすめのニュース

サイトトップへ