現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > やっぱり[羽根つき]がスバルらしいぜ!! [WRX S4]に復活した[リアウイング]は実は3代続けての流用だったの!?

ここから本文です

やっぱり[羽根つき]がスバルらしいぜ!! [WRX S4]に復活した[リアウイング]は実は3代続けての流用だったの!?

掲載 5
やっぱり[羽根つき]がスバルらしいぜ!! [WRX S4]に復活した[リアウイング]は実は3代続けての流用だったの!?

 2023年秋の改良でリアウイングが久々に復活したWRX S4。やはりこのウイングがあるほうがリアスタイルはキリリと引き締まる印象だが、実はこのウイングはWRX で3代続けて採用されているってホント?

文:ベストカーWeb編集部/写真:ベストカーWeb編集部、スバル

やっぱり[羽根つき]がスバルらしいぜ!! [WRX S4]に復活した[リアウイング]は実は3代続けての流用だったの!?

■2010年7月登場のGVB型WRX STIから続けての流用

2023年10月の一部改良で復活したWRX S4の大型リアウイング

 先代モデルとなるVAB&VAG型のWRX STIとS4で、STIタイプSに標準採用されていたリアウイングはS4にはオプション設定されていた。それが現行型になってからはなくなっていたのだが、2023年10月の一部改良でオプション設定ながら復活となった。ただし、装着できるのはSTI Sport R EXのみ。

2010年7月に追加された3代目GVB型WRX STIで初採用となった大型リアウイング

 そもそも現在のリアウイングが最初に装着されたのは、3代目インプレッサWRX(GRB型)の時代。5ドアHBのみだったWRX STIに4ドアモデルのアネシスをベースにしたGVB型WRX STIが2010年7月にマイチェンと同時に追加されたのだが、この時に現在のリアウイングが装着された。

 ちなみにそれまでは車名表記が「インプレッサWRX STI」だったのだが、この2010年からは「インプレッサ」が外れて「WRX STI」となり、インプレッサシリーズから独立した車種となっている。



記事リンク















前の記事





スバルが4ドアセダンベースのスーパー耐久参戦マシン発表!! 















次の記事





[スポーツセダン]の現行スバル[WRX S4]は乗るといいのはわかるけど……先代型に乗り続けるオーナーがいまだに買い換えないワケ















■歴代インプレッサWRXのリアウイングは?

初代インプレッサWRX STiバージョン(I)は歴代で最も高さのあるリアウイングを採用していた

 初代GC8型インプレッサWRXの時代は標準仕様のWRXとWRX STiバージョンで差別化されていた。標準仕様は小ぶりなリアスポイラーで、STiバージョンはIのみ超巨大なタイプで、II~IVまではややサイズダウンし、V~VIはWRカータイプに変更。

1999年に登場した初代GC8型インプレッサWRX STiバージョンVI

 FMCを受けて2代目GDB型に変わり、標準仕様のWRX NBとWRX STIにリアスポイラーの形状は小ぶりな同一タイプに。これが2001年9月に登場した当時のWRカーをイメージした「STiプロドライブスタイル」に大型リアウイングを装着。以降、中期型の涙目、後期型の鷹目までこの大型リアウイングがWRX STiに装着された。

2001年に登場した2代目インプレッサWRX STiプロドライブスタイル

 ちなみに標準仕様のWRXは最後まで初期型と同じ小型のタイプのリアスポイラーを採用していた。

■気になるのは空力の効果だが……?

SUVのようなテイストを持つ現行型WRX S4もリアウイングを装着するとスポーティな印象となる

 さて、これまでGVB型、VAB&VAG型、そして現行のVB型と3代続けて同じリアウイングを装着していることになるのWRXだが、気になってくるのは空力上の整流効果だ。そのあたりについて以前、スバル開発陣に質問したことがある。

 その回答は「確かに2010年に登場した4ドアのWRX STIから現在のWRX S4まで同じリアウイングを流用しているのですが、実は最初に採用した時から完成度はかなり高く、市販車としての整流効果は現在のレベルで考えても問題ありません。それもあってわざわざ変更することはしていないのです」とのこと。

先代かぎりで販売終了したVAB型WRX STIも同じリアウイングを採用していた

 確かにコスト面まで考えると、従来と同じタイプで性能面でも問題ないのなら継続採用は納得できるが、読者の皆さんはどう考えるだろうか?

【画像ギャラリー】実はWRX S4に復活したリアウイングは3代続けてのキャリーオーバーだった?(22枚)

投稿 やっぱり[羽根つき]がスバルらしいぜ!! [WRX S4]に復活した[リアウイング]は実は3代続けての流用だったの!? は 自動車情報誌「ベストカー」 に最初に表示されました。

関連タグ

【キャンペーン】第2・4 金土日はお得に給油!車検月登録でガソリン・軽油5円/L引き!(要マイカー登録)

こんな記事も読まれています

マジで純正なの!? スープラにもGT-Rにも付いている巨大すぎる衝撃のリアウイング!
マジで純正なの!? スープラにもGT-Rにも付いている巨大すぎる衝撃のリアウイング!
ベストカーWeb
気分をスカッとさせる昭和のじゃじゃ馬[マーチスーパーターボ]は現代のGRヤリスより速い?【リバイバルBESTCAR】
気分をスカッとさせる昭和のじゃじゃ馬[マーチスーパーターボ]は現代のGRヤリスより速い?【リバイバルBESTCAR】
ベストカーWeb
登場が20年の早かった[スカイラインクロスオーバー]!? 今こそ[ラシーン]復活求む! 絶版SUV3選
登場が20年の早かった[スカイラインクロスオーバー]!? 今こそ[ラシーン]復活求む! 絶版SUV3選
ベストカーWeb
登場すればバカ売れ!? 5ナンバーサイズの[S-FR]! 計画復活熱望のスポーツカー3選
登場すればバカ売れ!? 5ナンバーサイズの[S-FR]! 計画復活熱望のスポーツカー3選
ベストカーWeb
さらば庶民のディーゼル高級車!! [マツダ2]ディーゼル生産終了確定!! いつかまた復活してくれよな
さらば庶民のディーゼル高級車!! [マツダ2]ディーゼル生産終了確定!! いつかまた復活してくれよな
ベストカーWeb
[GR86]が3年目の熟成に突入……ダンパーや電動パワステをより進化させ大進化 それでも約4万円アップの価格増で済むなんて!!!
[GR86]が3年目の熟成に突入……ダンパーや電動パワステをより進化させ大進化 それでも約4万円アップの価格増で済むなんて!!!
ベストカーWeb
赤字大放出価格1774.5万円 20台限定で販売された[ニスモR34GT-R Z-tune]はどんなモンスターだったのか? 過去を20代の若者に伝えたい【リバイバルBESTCAR】
赤字大放出価格1774.5万円 20台限定で販売された[ニスモR34GT-R Z-tune]はどんなモンスターだったのか? 過去を20代の若者に伝えたい【リバイバルBESTCAR】
ベストカーWeb
ほぼ一緒なのにトヨタよりスズキが16万も高い!! [ノア]より謎に高い[ランディ]を選ぶ理由
ほぼ一緒なのにトヨタよりスズキが16万も高い!! [ノア]より謎に高い[ランディ]を選ぶ理由
ベストカーWeb
2Lツインカムを積む後輪駆動! 販売期間はたったの2年2カ月! セリカ カムリと呼ばれた初代カムリは奇跡の1台だった!
2Lツインカムを積む後輪駆動! 販売期間はたったの2年2カ月! セリカ カムリと呼ばれた初代カムリは奇跡の1台だった!
ベストカーWeb
“トヨタHV”搭載の新型[フォレスター]誕生へ!! スバルらしさが堪能できるハイブリッド登場か
“トヨタHV”搭載の新型[フォレスター]誕生へ!! スバルらしさが堪能できるハイブリッド登場か
ベストカーWeb
超近未来デザインで話題沸騰[ビークロス]! 実はマツダもクロカンを販売!! 低迷のワケは?
超近未来デザインで話題沸騰[ビークロス]! 実はマツダもクロカンを販売!! 低迷のワケは?
ベストカーWeb
[新型フリード]に黒っぽいボディが3つもある!? フリードこそブラックボディにすべきというこれだけの理由
[新型フリード]に黒っぽいボディが3つもある!? フリードこそブラックボディにすべきというこれだけの理由
ベストカーWeb
スバル新型「BRZ」発表! 伝統の「水平対向エンジン」搭載したピュア「FRスポーツカー」が進化! ド迫力のサウンド&性能アップに反響多数!
スバル新型「BRZ」発表! 伝統の「水平対向エンジン」搭載したピュア「FRスポーツカー」が進化! ド迫力のサウンド&性能アップに反響多数!
くるまのニュース
日本専用車なんかじゃない!! トヨタ マークIIはクレシーダとしてバリバリ輸出されていたのを知っているか?
日本専用車なんかじゃない!! トヨタ マークIIはクレシーダとしてバリバリ輸出されていたのを知っているか?
ベストカーWeb
三菱の新型「パジェロ“ミニ”」登場!? 斬新「ゴツゴツボディ」&超タフ顔! 伝説的「“軽SUV”」11年ぶりに復活か?
三菱の新型「パジェロ“ミニ”」登場!? 斬新「ゴツゴツボディ」&超タフ顔! 伝説的「“軽SUV”」11年ぶりに復活か?
くるまのニュース
新型[プリウス]はもっと”スポーツカー”に!? トヨタが電動化時代もエンジンに注力するワケ
新型[プリウス]はもっと”スポーツカー”に!? トヨタが電動化時代もエンジンに注力するワケ
ベストカーWeb
新型パジェロとも疑うデキ!! 技術をフルに投入[トライトン]! SUV顔負けのまさか過ぎる性能とは?
新型パジェロとも疑うデキ!! 技術をフルに投入[トライトン]! SUV顔負けのまさか過ぎる性能とは?
ベストカーWeb
未だに300万円もすんの!? ラシーンは当時家族優先のクルマだった?! 30年経ってもファン多めなラシーン新車販売当時の評価を振り返ってみる!! 【リバイバルBESTCAR】
未だに300万円もすんの!? ラシーンは当時家族優先のクルマだった?! 30年経ってもファン多めなラシーン新車販売当時の評価を振り返ってみる!! 【リバイバルBESTCAR】
ベストカーWeb

みんなのコメント

5件
  • daion4889
    スバルの記事のコメントは9割が悪口
    俺は好きなのに…
  • kol********
    むかしこんなのに乗ってた自己中のオタクを思い出した、くさっ
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

452.1485.1万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

84.01180.0万円

中古車を検索
WRX STIの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

452.1485.1万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

84.01180.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村