サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 軽自動車初のハイブリッドもあった! 時代を先取りしすぎた「スズキ・ツイン」のこだわりがスゴイ

ここから本文です
割り切りまくったふたり乗りシティコミューターへの挑戦

 スズキ・ツインの販売期間は、2003年1月から2005年12月までの3年足らずと、じつは短いものだった。同じ軽自動車のダイハツ・ミゼットIIが、ひとり乗り(ふたり乗りもあった)ながら5年強続いたことを考えても、いかにあっさりと姿を消したかがわかる。また、スウォッチカー(スマート)のコンセプトカーが発表されたのは1995年、1997年欧州市場で発売、2000年に日本市場導入だったから、いずれにしてもツインは、スマートよりも後に市場に登場したモデルだったということになる。

おすすめのニュース

サイトトップへ