サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ワンアームからサイドミラー用まで「雨には勝てたけど、時代に負けてしまった変わり種ワイパー」

ここから本文です

画期的な機構だけど実用性は?

 クルマの「ワイパー」といえば、フロントガラスやリアガラスに付着した雨や雪、汚れを拭き取るためのモノ。開発された頃から基本構造に大きな変化はないのですが、時代と共にその拭き取り方が少し変わったタイプも存在していました。 

ウインドウコーティング剤の基礎知識「撥水」「滑水」「親水」の違いと施工する場所は?

 例えば、スバルのアルシオーネ、ホンダのプレリュードやトゥデイ、昔のメルセデス・ベンツなどに採用されていた「ワンアームワイパー」。

 本来は2本あるはずのワイパーが1本になるわけですから、サイズ自体を大きくしたり、M字状に動かすことで拭き取れる範囲を広げる工夫を盛り込んでいました。

おすすめのニュース

サイトトップへ