サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 「ど派手ペイント」「巨大羽根」「飛び跳ねるクルマ」! 最近激減したクルマの「カスタム」5選

ここから本文です

 過激な改造車は車検や法規の厳しさによって日常から消えていった

 ファッションに流行があるように、クルマのカスタマイズにも流行り廃りがある。たとえばいまなら、SUVやワンボックスをベースに車高を上げたキャンプ仕様、シティオフローダー仕様あたりだろうか。またローダウン系であれば、程よい低車高に小振りなアンダーフラップを付けた街乗りスタイルが人気。若手のクルマ離れが進み、カスタムカー自体が少なくなっているものの、イジる人はイジっている。

車種選びにもマナーは大切? 冠婚葬祭でヒンシュクを買うクルマ5選

 とはいえ昔に比べると派手な仕様は激減した。環境性能が重視され、車検や法規もシビアになり、世間の目も厳しくなった。

おすすめのニュース

サイトトップへ