サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 祝「世界一美しいクルマ」マツダ3受賞 なぜマツダ3は勝てたのか?

ここから本文です

祝「世界一美しいクルマ」マツダ3受賞 なぜマツダ3は勝てたのか?

 今年の「世界で最もデザインが優れた車」、注目のベスト3はマツダ、ポルシェ、プジョーの順!?

 2020年4月8日に、「ワールド・カー・デザイン・オブ・ザ・イヤー」が発表され、マツダ3が受賞。これはワールドカー・オブ・ザ・イヤー(WCOTY)の部門賞で、いわば世界で最もデザインが優れた車ともいえる。

日々積み重ねて成就した不朽の記録 自動車業界に燦然と輝く金字塔 

 デザインの良し悪しは、個人の好みが影響する部分があるとはいえ、ポルシェの最新モデルよりも評価された、という事実はある意味、驚きの結果でもある。

 これはいったいどのような賞で、どんな車が歴代受賞しているのか? それを見ていけばある程度、マツダ3がどのような評価を受けているかも見えてくるというもの。

 ベストカー本誌で元日産自動車デザイナーの故・前澤義雄氏と「デザイン水掛け論」を、長年連載していた経験もある清水草一氏とともに、以下、歴代受賞車を見ていきたい。

文:清水草一
写真:MAZDA、Porsche AG、Jaguar Land Rover

【画像ギャラリー】美しい…世界も認めた歴代「デザイン最優秀車」全15台

世界カーオブザイヤー 日本車は過去4度受賞

2006年にWCOTYの大賞を受賞した先代デミオ。従来型とコンセプトをガラリと変え、正統派の欧州流コンパクトとし、SKYACTIVエンジンも初採用した意欲作だった

 新型コロナの影響もあって、あまり注目は集めなかったが、先月、マツダ3が「ワールド・カー・デザイン・オブ・ザ・イヤー」を獲得した。

 これは、ワールドカー・オブ・ザ・イヤー(WCOTY)が選ぶデザイン部門の大賞。今年の選考は当然のように、ネット投票・ネット発表でありました。

 WCOTYの歴代の大賞および各賞の受賞車の顔ぶれを見ると、とても良識ある選考がなされていると感じる。

 まだ創設から十数年と歴史が浅いので、そのぶん余計なしがらみなく、世界のカーマニアたち(23国・82人の国際的自動車ジャーナリストによる選考)が、とても素直に選んでいる印象だ。

 日本車も公正公平に扱われており、過去4回、大賞を受賞している。
せっかくなので、歴代の大賞(WCOTY)受賞車を列挙しよう。

2005/アウディ A6
2006/BMW 3シリーズ
2007/レクサス LS460
2008/マツダ デミオ
2009/フォルクスワーゲン ゴルフ VI
2010/フォルクスワーゲン ポロ 6R
2011/日産 リーフ
2012/フォルクスワーゲン UP!
2013/フォルクスワーゲン ゴルフVII
2014/アウディ A3
2015/メルセデスベンツ Cクラス
2016/マツダロードスター
2017/ジャガー F-PACE
2018/ボルボ XC60
2019/ジャガー I-PACE
2020/キア テルライド

 個人的には。2006年の先代デミオの受賞が特に「わかってらっしゃる!」と感じる。あれはデザインも操縦性も実に秀逸なコンパクトカーだった。

 もちろん、2016年のロードスターの受賞もスバラシイ。ただ、今年のキア・テルライドの受賞はサッパリわかりません。見たこともありませんので……。

今年はマツダ3が受賞! デザインオブザイヤーの歴代受賞車は?

今年のデザイン最優秀車となったマツダ3。マツダ車としては2016年のロードスター以来、2度目の受賞となる

 一方、過去、ワールドカー・デザイン・オブ・ザ・イヤーを受賞した日本車はというと、2016年のマツダ ロードスターだけだった(この年、併せて大賞も受賞)。今年再びマツダが、マツダ3で受賞したのは、日本人としてとても喜ばしい。

 こちらも、歴代受賞車を挙げてみよう。

2006/シトロエン C4
2007/アウディ TT
2008/アウディ R8
2009/フィアット NUOVA500
2010/シボレー カマロ
2011/アストンマーティン ラピード
2012/レンジローバー イヴォーク
2013/ジャガー Fタイプ
2014/BMW i3
2015/シトロエン C4カクタス
2016/マツダ ロードスター
2017/ジャガー F-PACE
2018/レンジローバー ヴェラール
2019/ジャガー I-PACE
2020/マツダ3

 ほとんど納得のラインナップだ。いかにも知的でハイブロウな選択だが、近年は、ジャガー・ランドローバーグループとマツダが、9回中合計7回受賞している。

こちらは2013年受賞車のジャガー Fタイプ。イアン・カラム氏によるシンプルで美しいデザインが特長。特にクーペは流麗なボディラインが美しい

 これは、この2社が近年、自動車デザイン界のリーダーであるということを表しているのではなかろうか。

 両社のデザインに共通するのは、「シンプルな美」という点である。決して大衆の好みではなく、時代の先端という感じですね。

1位がマツダで2位がポルシェ! 今年のベスト3&マツダ3の評価は?

マツダ3に2点及ばず2位となったポルシェ タイカン。ただ、過去の受賞車から見れば、ことデザインにおいてマツダがポルシェを上回るのはさほど珍しい話ではない

 ちなみに今年の採点はこういうものだった。

●マツダ3(179点)
●ポルシェ タイカン(177点)
●プジョー208(144点)

 タイカンとの差はわずか2点。僅差だったが、当然と言えば当然の勝利だろう。

 タイカンのデザインは、ポルシェのEVと言われれば「うーむ、なるほど」ではあるが、パナメーラの派生車種のように見えないこともなく、フォルムにそれほどの斬新さがあるわけではない。

 最低地上高が猛烈に低いように見えるけど大丈夫? なんて思ったりして。こういうスポーティなクルマは、シャコタンにすると自動的にカッコよく見える部分もあるので。

 素人目には、「マツダがポルシェに勝ったの!?」とビックリかもしれないが、近年の実績を見れば、デザインでマツダがポルシェに勝つのは当然と言っていい。

3位に入った新型プジョー208。日本ではまだ発売されていないが、こちらもプジョー復活を印象付ける小粋なデザインを纏う

 プジョー208も魅力的なデザインで、「プジョーらしいプジョーが帰ってきた!」という感じはする。ただその良さは、あくまでプジョーらしい小粋さの復活というレベルで、マツダ3には比べるべくもない。

 マツダ3のデザインは、猛烈にシンプルでありながらインプレッシブで美しく、邪念を徹底的に排除してたどり着いた悟りの境地のようなもの。考え抜いた末の無念無想とでも申しましょうか。もはや、どこか宗教的にすら感じる。

マツダ3 ファストバックのリアスタイル。キャラクターラインを廃したボディラインが印象的。世界的にもデザインは好評ながらパワートレーンが物足りない?

 海外でもマツダ3のデザインに対する評価は高い。その割にパワートレインが物足りない(SKYACTIV-Xを含め)という評価も日本と同じだが、デザインだけを見ればピカイチで、タイカンに勝つのは当然ではないだろうか!

 ということで、マツダ3が2020年のワールド・カー・デザイン・オブ・ザ・イヤーを受賞したのは、至極順当だと思います。

【画像ギャラリー】美しい…世界も認めた歴代「デザイン最優秀車」全15台

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します