現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 日本のセダン衰退はボディ拡大も要因! 国内で5ナンバーは残留組の「カローラ・アクシオ」のみ

ここから本文です

日本のセダン衰退はボディ拡大も要因! 国内で5ナンバーは残留組の「カローラ・アクシオ」のみ

掲載 更新 68
日本のセダン衰退はボディ拡大も要因! 国内で5ナンバーは残留組の「カローラ・アクシオ」のみ

 国内ではカローラ・アクシオが唯一の5ナンバーセダン

 先日某ディーラーでセールスマンと話をしていると、「最近はSUVのなかでもコンパクトSUVがよく売れていて、お客様からのお問い合わせも多いのですが、個人的には5ナンバーサイズのコンパクトセダンをラインアップして欲しいですね」と話してくれた。

若者オーナー皆無! キング・オブ・おやじセダンTOP5

 日本国内ではトヨタが、いまでもカローラ・アクシオセダンをラインアップしており、これが唯一の5ナンバーサイズセダン。サイズにこだわらなくても国内で見かける数は少なめだが、セダンの新車といえば、トヨタ・クラウン、同カローラセダン(3ナンバーの方)ばかり。

 ただ、まるでセダンが“絶滅危惧種”のようになっているのは日本だけでなく、世界で同じ傾向となっているのだが、日本の場合は5ナンバーサイズのセダンが消えていった、つまり扱いやすいセダンがなくなったことも大きく影響しているところではないだろうか。セダンからSUVへのシフトが目立つ世界市場とは傾向が少々異なるものと考える。

 東南アジアを例にすると、たとえばトヨタではカローラ(グローバルサイズ)セダンの下に、コンパクトセダンとしてヴィオスがラインアップされている。同クラスとして日産ではアルメーラ(アメリカではヴァーサ)、ホンダではシティをラインアップ。

 ただし、残念ながらいずれも5ナンバーサイズではない。ただ、三菱自動車が海外でラインアップしているミラージュのセダン版、タイでアトラージュと呼ばれるモデルは、5ナンバーサイズとなっている。

 3ナンバー車として開発する方お金と手間がかからない

 東南アジア諸国でもSUV人気が高まっている。ただし、政策的に税金の高いインドネシアを除けば、もともとセダンが大好きな国ばかり。いまでも重要カテゴリーとして日系ビッグ3ではモデルチェンジを行うなどして、コンパクトセダンもラインアップを続けている。もはや「日本製を」というつもりはないので、タイなどで生産したこれらのモデルを導入してみてはどうかと言いたいところだが、実際国内で正規販売、しかも少量販売前提とすると、価格に割高感が見えてしまったりして結局たいして売れなかったということになるので、軽々しく日本でも売ってほしいというべきではないともよく言われる。

 3ナンバー化は衝突安全性能の向上などのために進んでいったとされている。以前、某メーカーのエンジニアに話を聞いていた時、「いまどきは5ナンバーサイズのクルマを開発するほうが、限られたサイズに必要なものを詰め込むので、お金と手間がかかるのです。一定サイズの3ナンバー車として開発するほうがはるかに安く済みます」と話してくれた。

 セダン販売で健闘しているトヨタでも、継続販売されているアクシオを除けば、カローラセダンが最小セダンとはいえ3ナンバーサイズとなっている。グローバルモデルより全長を詰め、全幅も狭めているとはいえ、なかなか立派なクルマとなった。ただアクシオセダンを併売扱いで残したものの、3ナンバーとなったセダンがステーションワゴンのツーリングとともに、法人ニーズ(つまり営業車)などでも意外とスンナリ使われるようになっており、いまどき5ナンバーだ3ナンバーだといっているのは、“オジさんの証”になってしまっているのかもしれない。

 運転免許証の自主返納が進むいまどきであるが、まだまだ日本でセダンが元気だったころを知っており、自分もセダン好きというドライバーも多いはず。本当はセダンに乗りたいのだが、選択肢がなくハッチバック車を選ぶというケースもあるようだ。国内でコンパクトセダンのニーズは極めて限定的なのは確か。ただ“ファーストペンギン”として、少量販売でトライして可能性を探ってくれるメーカーが出てこないかなあ、と筆者は個人的には期待している。

こんな記事も読まれています

テインからマツダ『RX-8』(SE3P)用車高調「ストリートアドバンスZ」が発売
テインからマツダ『RX-8』(SE3P)用車高調「ストリートアドバンスZ」が発売
レスポンス
【ハーレー】6/1・2に横浜で開催される「BLUE SKY HEAVEN 2024」の会場マップ&最終タイムテーブルを公開!
【ハーレー】6/1・2に横浜で開催される「BLUE SKY HEAVEN 2024」の会場マップ&最終タイムテーブルを公開!
バイクブロス
トヨタディーラーで家電・用品のレンタルサービス トヨタモビリティパーツが提供
トヨタディーラーで家電・用品のレンタルサービス トヨタモビリティパーツが提供
日刊自動車新聞
トヨタで“一番売れてる”「ミニバン」はなぜ人気!? デビュー3年目も「ノア/ヴォクシー」絶好調の理由はなに? 試してみて分かった優位点とは
トヨタで“一番売れてる”「ミニバン」はなぜ人気!? デビュー3年目も「ノア/ヴォクシー」絶好調の理由はなに? 試してみて分かった優位点とは
くるまのニュース
自転車の空気入れでもOK? バイクのタイヤへ空気を入れる方法
自転車の空気入れでもOK? バイクのタイヤへ空気を入れる方法
バイクのニュース
V6水素エンジンで340馬力超 次世代スーパーカー市販化の可能性 アルピーヌ公道走行も可
V6水素エンジンで340馬力超 次世代スーパーカー市販化の可能性 アルピーヌ公道走行も可
AUTOCAR JAPAN
ホンダ「ライフ ステップバン」を400ccに排気量アップ! 内外装もひとまずレストア完了して5MTに換装予定です
ホンダ「ライフ ステップバン」を400ccに排気量アップ! 内外装もひとまずレストア完了して5MTに換装予定です
Auto Messe Web
公取委が「下請いじめ」防止へ法改正検討、トラック荷主の運賃「買いたたき」も規制強化[新聞ウォッチ]
公取委が「下請いじめ」防止へ法改正検討、トラック荷主の運賃「買いたたき」も規制強化[新聞ウォッチ]
レスポンス
ピニンファリーナの次世代電動SUV『プーラ・ビジョン』、欧州初公開 5月24日
ピニンファリーナの次世代電動SUV『プーラ・ビジョン』、欧州初公開 5月24日
レスポンス
「後席シートベルト」なぜ装着率が低い? 高速道路の渋滞でも外すのはNG! 危険すぎる“非装着”の実態とは
「後席シートベルト」なぜ装着率が低い? 高速道路の渋滞でも外すのはNG! 危険すぎる“非装着”の実態とは
くるまのニュース
停車中に動かない? なぜバイクにはクルマのようなパーキングブレーキがないのか?
停車中に動かない? なぜバイクにはクルマのようなパーキングブレーキがないのか?
バイクのニュース
アレイシ・エスパルガロ、今季限りでMotoGP引退。カタルニアGPで発表
アレイシ・エスパルガロ、今季限りでMotoGP引退。カタルニアGPで発表
motorsport.com 日本版
【新車価格情報】国産車 デビュー&改良情報(ダイジェスト)※2024年5月20日時点
【新車価格情報】国産車 デビュー&改良情報(ダイジェスト)※2024年5月20日時点
カー・アンド・ドライバー
後方車両の接近が「耳」で直感的にわかる、ヤマハの新技術「感覚拡張HMI」のねらい…人とくるまのテクノロジー展 2024
後方車両の接近が「耳」で直感的にわかる、ヤマハの新技術「感覚拡張HMI」のねらい…人とくるまのテクノロジー展 2024
レスポンス
5速MT搭載! スズキが「大きなワゴンR」実車公開!「軽自動車」超えたビッグサイズに「最新技術」採用したニューモデルとは
5速MT搭載! スズキが「大きなワゴンR」実車公開!「軽自動車」超えたビッグサイズに「最新技術」採用したニューモデルとは
くるまのニュース
【バイクにとってはマジで危険!】「動物飛び出し注意」の標識は想像以上にバリエーション豊富
【バイクにとってはマジで危険!】「動物飛び出し注意」の標識は想像以上にバリエーション豊富
WEBヤングマシン
世界最古のバイクの公道レース「マン島TTレース」が今年も開催 2024年5月27日から
世界最古のバイクの公道レース「マン島TTレース」が今年も開催 2024年5月27日から
バイクのニュース
新型EVミニバンは航続337km、フォード『Eトランジット・カスタム』新型…欧州発売
新型EVミニバンは航続337km、フォード『Eトランジット・カスタム』新型…欧州発売
レスポンス

みんなのコメント

68件
  • 5ナンバーのアクシオ、フィールダーよりも、3ナンバーのカローラセダン、ツーリングが圧倒的に室内が狭いのはどうしても許せない。
    かつてのカムリみたいに広くて快適な室内ならば3ナンバーの意味があるというものだ。
  • というか、5ナンバーという括り自体がすでに無意味。
    気分的な問題なのか知らんが。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

161.2187.6万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

28.0248.1万円

中古車を検索
カローラアクシオの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

161.2187.6万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

28.0248.1万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村