現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 全長6.6mのトヨタ「アルファード トラック」がスゴい! 存在感ある「斬新ドア」採用!? 過去モデル色々スゴいNATSに注目

ここから本文です

全長6.6mのトヨタ「アルファード トラック」がスゴい! 存在感ある「斬新ドア」採用!? 過去モデル色々スゴいNATSに注目

掲載 4
全長6.6mのトヨタ「アルファード トラック」がスゴい! 存在感ある「斬新ドア」採用!? 過去モデル色々スゴいNATSに注目

■驚き! トヨタ「アルファード」がここまで変わった!

 千葉県にある自動車専門学校の日本自動車大学校(通称NATS)では、毎年1月に開催される「東京オートサロン」に様々カスタムカーを展示しています。
 
 2024年に向けても個性的なカスタムカーを製作していると言いますが、過去にはどのようなモデルがあったのでしょうか。

【画像】「えっ…!」デカすぎ全長6.6m「アルファードトラック」 斬新ドアの画像を見る!(17枚)

 日本自動車大学校は、学生達が作り上げたカスタムカーを20年以上東京オートサロンに展示してきました。

 過去には、過去にはトヨタ「86」ベースのランボルギーニ「ウルス」みたいなモデル、レクサス「LM300h」のデザインに見立てた「LM800T」、日産「フェアレディZ」ベースの「GT-R(R35)」、さらにスズキよりも先に作った「ジムニー5ドア」など、多岐にわたるカスタムカーが存在。

 東京オートサロン2023では、トヨタ「86」をベースにトヨタ「GR GT3 Concept」や、マツダ「ロードスター」をベースにした「MAZDA RX3 CABRIOLET」、「ダットサン ブルーバード(P411型)」レストアが展示されました。

 その中でも大きな話題となったのがトヨタ「アルファード」をベースにした「アルファードスーパーデューリートラック」(以下アルファードトラック)です。

 デューリートラックとは、後輪片側2輪の計4輪化された仕様のピックアップトラックとなり、北米などで見かけるカスタム手法。

 コンセプトについて担当を担当した学生(当時)は「アメリカのビルダーが日本のファミリカーをカスタムしたら? という設定で日本でお馴染みのアルファードでインパクトのあるカスタムを目指した」と話しています。

 ボディサイズは全長6.6m×全幅2.4mという北米などで展開されるフルサイズピックアップトラック並み。

 見た目は、フロントから見れば青いボディカラーのアルファードですが、横や後ろから見ると、大きな荷台が備わっています。

 荷台部分は、トヨタ「ハイラックス」のパネルなどを組み合わせることで制作。

 さらにアルファードは後席スライドドアが採用されていますが、アルファードトラックでは、マツダ「MX-30」や「RX-8」のような観音開き(フリースタイルドア)に置き換わっています。

 製作過程について、前出の学生は次のように話しています。

「車体を延長するということで強度、重量の兼ね合い(公認取得の為)に苦労しており、頑丈な作りになるように仕上げています。

 またスライドドアを観音開きにするカスタムは想像以上に大変だった部分で、閉じたときに収まりが良いようすることなども苦労しました」

※ ※ ※

 なおこのアルファードトラックは、東京オートサロン2023の「東京国際カスタムカーコンテスト ミニバン・ワゴン部門」で優秀賞を獲得するなど、高い評価を受けました。

 そんなNTASは東京オートサロン2024に向けて、成田校からカスタムカー3台、袖ケ浦校からレストア車両1台、モータースポーツ科、研究科から各1台ずつ。そして広報で使用している移動教室車両の計7台を展示する予定です。

 どのようなクルマがお披露目されるのか、次回のNATSブースを注目せずにはいられません。

こんな記事も読まれています

メルセデス、PUの冷却で誤算? ウルフ代表「1周0.5秒ほどタイムロスしてしまっていた」
メルセデス、PUの冷却で誤算? ウルフ代表「1周0.5秒ほどタイムロスしてしまっていた」
motorsport.com 日本版
いま登場すれば間違いなく大ヒット! パジェロの派生車が改めて見ると魅力的すぎた
いま登場すれば間違いなく大ヒット! パジェロの派生車が改めて見ると魅力的すぎた
WEB CARTOP
【スズキ スイフト 新型】色、コントラスト、そして「3D」で表現した新世代のインテリアデザインとは
【スズキ スイフト 新型】色、コントラスト、そして「3D」で表現した新世代のインテリアデザインとは
レスポンス
「一方通行の道路」バックで後退するのも「違反」なの? 道を間違えて「少し戻りたい」時はどうするべき!? 警察に聞いてみた
「一方通行の道路」バックで後退するのも「違反」なの? 道を間違えて「少し戻りたい」時はどうするべき!? 警察に聞いてみた
くるまのニュース
RBメキーズ代表、角田裕毅の”感情”は理解しつつも、リカルドを先行させたのは「当時としては正しい判断だった」
RBメキーズ代表、角田裕毅の”感情”は理解しつつも、リカルドを先行させたのは「当時としては正しい判断だった」
motorsport.com 日本版
影響は首都高にも 都内道路「東京マラソン」で一部通行止め&閉鎖 歩行者や自転車も要注意
影響は首都高にも 都内道路「東京マラソン」で一部通行止め&閉鎖 歩行者や自転車も要注意
乗りものニュース
新社会人、必見! 2024春 安くていいクルマ、オススメのモデルはこれ!【トヨタ・カローラ スポーツ】
新社会人、必見! 2024春 安くていいクルマ、オススメのモデルはこれ!【トヨタ・カローラ スポーツ】
月刊自家用車WEB
発売が待ち遠しいぞ! トヨタ新型「クラウン・エステート」のリアシートは快適か? “新種のクラウン”後席の座り心地をチェック
発売が待ち遠しいぞ! トヨタ新型「クラウン・エステート」のリアシートは快適か? “新種のクラウン”後席の座り心地をチェック
VAGUE
カッコイイだけじゃない! トライアンフ「スピード400」は初心者にもおススメの優しい1台 レーシングライダー石塚健の市販車インプレッション
カッコイイだけじゃない! トライアンフ「スピード400」は初心者にもおススメの優しい1台 レーシングライダー石塚健の市販車インプレッション
バイクのニュース
新エンジン採用でさらに楽しく軽快!! 新型スイフトは個性派に!? 3気筒エンジンで気になった点とは?
新エンジン採用でさらに楽しく軽快!! 新型スイフトは個性派に!? 3気筒エンジンで気になった点とは?
ベストカーWeb
アストンマーティン新型「ヴァンテージ」の最強布陣が完成! 市販モデルと80%を共有した「GT4」とは
アストンマーティン新型「ヴァンテージ」の最強布陣が完成! 市販モデルと80%を共有した「GT4」とは
Auto Messe Web
「カワサキ プラザ川越」がリニューアルオープン!白基調の明るい店内では、憧れのマシンがアナタを待っている!   
「カワサキ プラザ川越」がリニューアルオープン!白基調の明るい店内では、憧れのマシンがアナタを待っている!   
モーサイ
横浜ゴム、「タイヤガーデン」「グランドスラム」にてお得なキャッシュバックキャンペーンを実施
横浜ゴム、「タイヤガーデン」「グランドスラム」にてお得なキャッシュバックキャンペーンを実施
月刊自家用車WEB
斬新「軽バン」登場! 300万円超えの「ゴツい仕様」がスゴい!? 謎の「NORTH HUNTER」とは
斬新「軽バン」登場! 300万円超えの「ゴツい仕様」がスゴい!? 謎の「NORTH HUNTER」とは
くるまのニュース
自動運転の未来は近い!? 日産自動車が自動運転モビリティサービスの事業化に向けた取り組みを発表
自動運転の未来は近い!? 日産自動車が自動運転モビリティサービスの事業化に向けた取り組みを発表
Webモーターマガジン
今年のフェラーリは戦える! 開幕戦での3位獲得のサインツJr.「レッドブルの1台についていくことができたのは嬉しい驚き」
今年のフェラーリは戦える! 開幕戦での3位獲得のサインツJr.「レッドブルの1台についていくことができたのは嬉しい驚き」
motorsport.com 日本版
e-スノーバイクで安比の雪原を駆け抜けろ! e-スノーパーク・e-スノーツアー開催
e-スノーバイクで安比の雪原を駆け抜けろ! e-スノーパーク・e-スノーツアー開催
THE EV TIMES
角田裕毅、予選11番手「0.007秒差でQ3に届かず残念だが、自分の走りに満足」チームは目標達成を喜ぶ:RB/F1第1戦
角田裕毅、予選11番手「0.007秒差でQ3に届かず残念だが、自分の走りに満足」チームは目標達成を喜ぶ:RB/F1第1戦
AUTOSPORT web

みんなのコメント

4件
  • 葛葉恭次
    carview!民「商用車ベースだしなwww」

    ドキュンさんA「商用車じゃないンガーヽ(`Д´)ノ!!!」

    ドキュンさんB「買えないヒガミガーヽ(`Д´)ノ!!!」

    よしもと新喜劇よりコテコテな、いつものが始まります♡
  • ぱるとよ
    これからの季節、雪かきするのに何かと重宝しそうな車ですね。
    こういう伝統工芸品が若い子たちにも細々と受け継がれ、爺ちゃんたちもさぞや喜んでいることでしょう。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

540.0872.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

25.02299.0万円

中古車を検索
アルファードの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

540.0872.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

25.02299.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村