現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 雨漏り車両を救出! いすゞ「フローリアン アスカ」を再生した「ピアッツァ」乗りが「絶滅危惧車」を引き取った理由とは

ここから本文です

雨漏り車両を救出! いすゞ「フローリアン アスカ」を再生した「ピアッツァ」乗りが「絶滅危惧車」を引き取った理由とは

掲載 12
雨漏り車両を救出! いすゞ「フローリアン アスカ」を再生した「ピアッツァ」乗りが「絶滅危惧車」を引き取った理由とは

ビカモノのフローリアン アスカ登場にイベント会場がザワついた

三浦半島にある「リバイバルカフェ」は、趣味車を持つオーナーたちのドライブでの立ち寄り先としても人気のスポット。そのオープン5周年を記念し、2023年12月3日(日)にイベント「三浦半島に集まる名車たち@ソレイユの丘 Presented by Revival CAFE」が行われた。

新車購入して40年で58万キロ! いすゞ初代「ピアッツァ」をいまでも乗り続ける理由とは

受け継いだ時点ではガサガサ&雨漏りな状態

会場のソレイユの丘に続々と参加車両が入場してくるなか、そこに現れたのは、いすゞ「フローリアン アスカ」。しかもビカモノである。すでに絶滅したのではないかと思われていた1台の登場に周囲もざわめく。

この1983年式フローリアン アスカLS2.0ターボは中級/スポーツグレードで、他には廉価版のLT、上級/ラグジュアリーのLJというグレードがある。さっそく、この希少車を持ち込んだオーナーに話を聞いてみた。

「じつはまだ7月に手に入れたばかりなんですよ。気になる部分を手に入れたりして、先月にボディが仕上がったのでエントリーしました」

オーナーの多賀正和さんは、このフローリアン アスカ以外にも、同じくいすゞの「ピアッツァ」に30年以上乗っているとのこと。当然、他のイベントなどでも同じいすゞ車オーナーとも仲良くなる。

「このフローリアン アスカはずっと知っていた個体でした。前オーナーが手放すというとき、周囲にいる仲間以外でも欲しい人がいるかもしれないとネットオークションに出したのですが、乗りたいという反応はなく、極低価格の入札しかありませんでした。業者落札後に売れなかったら、バラされて部品販売にされてしまうのでは? このままではせっかくの実動している個体がなくなるかも? と危惧し、気がついたら手を挙げてました」

前オーナーは通勤に使っていたので機関はしっかりしていたが、おそらく新車からそのままの状態であったボディはサバイバー感があり、雰囲気は悪くなかったというが、Aピラーには穴があき、雨漏りがひどかったそうだ。そうしたダメージは、懇意にしている羽鳥鈑金塗装工業所に依頼してオールペイント。紫外線でガサガサに荒れていたバンパーも、新車当時のような雰囲気で仕上げてもらったのだった。

ピアッツァといすゞ2台体制で楽しんでいく

せっかく残っている希少車を生かしておきたいという、そんな義務感(?)だけで手に入れたのかと思うと、それだけでもないらしい。

「このフローリアン アスカは、当時ほとんどがディーゼルエンジンだったのですが、これは私がずっと乗ってるピアッツァと同じエンジンを横置きにした、いすゞ初のFF車なんですよ。この時代のいわゆる“どっかんターボ”に、1tを切る軽量ボディの恩恵とFFのレイアウトだからか、体が持っていかれるような加速感も、より感じることができて速いんですよ。デビューした当初は2Lターボの部門では、0-400m記録最速の記録の保持車だったそうです」

じつはこのフローリアン アスカ、GMグループのグローバルカー(世界戦略車)構想として作られた経緯もあり、1983年にはイギリスRACラリーに初出場し、クラス優勝を遂げるという快挙も成し得ている。そんな輝かしい歴史もあるスポーティセダンでもあるのだ。

「足まわりも抜け切ってましたが、型番で調べていたら、唯一ドバイのパーツ商が大量にストックしていたので送ってもらい、交換してからは乗り心地も抜群です。他にも4灯ライトとジェミニ用ホイールキャップも手に入れたので、手持ちのスチールホイールに合わせて、今履いている純正アルミホイールをリペアする間、暫定的にイルムシャー仕様にするのも面白いですね」

オールペイント時に剥がしたステッカー類も、これから再生し仕上げていくという。多賀さんとフローリアン アスカとの楽しい生活は始まったばかりだ。

こんな記事も読まれています

トヨタのクロアチア・ラリー4連覇を支えた気象予報士の存在。「天気を当てるなんて誰にもできない」と豊田会長も賛辞
トヨタのクロアチア・ラリー4連覇を支えた気象予報士の存在。「天気を当てるなんて誰にもできない」と豊田会長も賛辞
AUTOSPORT web
レクサス GXが2024年秋に発売へ。100台限定モデルの抽選も受け付け|LEXUS
レクサス GXが2024年秋に発売へ。100台限定モデルの抽選も受け付け|LEXUS
OPENERS
道路に引かれた「いろいろな線」なぜ白や黄色で描かれる? いつ誰が引いている? 「白線」「黄色線」の正体とは?
道路に引かれた「いろいろな線」なぜ白や黄色で描かれる? いつ誰が引いている? 「白線」「黄色線」の正体とは?
くるまのニュース
レッドブル&HRC密着:フロントタイヤに厳しいコースでも圧勝。フェルスタッペンは難コンディションの路面で弱点をカバー
レッドブル&HRC密着:フロントタイヤに厳しいコースでも圧勝。フェルスタッペンは難コンディションの路面で弱点をカバー
AUTOSPORT web
N-VANは乗り手を選ぶ…… 「おれはこのクルマに選ばれるだろうか」と試されるぞ!! 【テリー伊藤のお笑い自動車研究所】
N-VANは乗り手を選ぶ…… 「おれはこのクルマに選ばれるだろうか」と試されるぞ!! 【テリー伊藤のお笑い自動車研究所】
ベストカーWeb
素のスイフトにMTがあるのは「走り好きの若者」もだけど「高齢ドライバー」のためでもあった! MT設定にみるスズキの良心に感動!!
素のスイフトにMTがあるのは「走り好きの若者」もだけど「高齢ドライバー」のためでもあった! MT設定にみるスズキの良心に感動!!
WEB CARTOP
「天気予報を信じられず」屈辱的敗戦のフェラーリ。ウエットへの交換が遅れ、コミュニケーションも破綻/WECイモラ
「天気予報を信じられず」屈辱的敗戦のフェラーリ。ウエットへの交換が遅れ、コミュニケーションも破綻/WECイモラ
AUTOSPORT web
トライアルライダー 藤原慎也選手がダカール・ラリー2026に挑戦! 3ヵ年計画プロジェクトの記者発表会を開催
トライアルライダー 藤原慎也選手がダカール・ラリー2026に挑戦! 3ヵ年計画プロジェクトの記者発表会を開催
バイクブロス
率直に聞く あなたはなぜ「クルマ」が好きなのか?
率直に聞く あなたはなぜ「クルマ」が好きなのか?
Merkmal
2位に驚くノリス「フェラーリから35秒遅れると予想していた。賭けに負けてうれしい!」マクラーレン/F1中国GP
2位に驚くノリス「フェラーリから35秒遅れると予想していた。賭けに負けてうれしい!」マクラーレン/F1中国GP
AUTOSPORT web
成田空港発! インバウンドに特化した『JCOレンタル』開始、フルサポートだけど非対面のナゼを佐々木亮社長にインタビュー
成田空港発! インバウンドに特化した『JCOレンタル』開始、フルサポートだけど非対面のナゼを佐々木亮社長にインタビュー
レスポンス
トヨタ新型「めちゃ“凄い”ハイラックス」発表! 安定感マシマシ「本格スポーツ」モデル!? 進化した「ハイラックスGRS」西で登場
トヨタ新型「めちゃ“凄い”ハイラックス」発表! 安定感マシマシ「本格スポーツ」モデル!? 進化した「ハイラックスGRS」西で登場
くるまのニュース
一体いつ塗りなおしているの? 定期的に綺麗になる道路標示や横断歩道の謎
一体いつ塗りなおしているの? 定期的に綺麗になる道路標示や横断歩道の謎
バイクのニュース
ランドクルーザー250そっくりじゃん! しかもPHEV! BYDがすげえ対抗馬をもう作ってた!
ランドクルーザー250そっくりじゃん! しかもPHEV! BYDがすげえ対抗馬をもう作ってた!
ベストカーWeb
BYDが認定中古車制度を新設し、専用サイトの運用も開始
BYDが認定中古車制度を新設し、専用サイトの運用も開始
Auto Prove
イスパノ・スイザの電動ハイパーカー『カルメン・サグレラ』が6月にデビュー
イスパノ・スイザの電動ハイパーカー『カルメン・サグレラ』が6月にデビュー
レスポンス
レッドブル代表、フェルスタッペンへの興味を公言するメルセデスにチクリ「それよりも自分たちのクルマをなんとかした方がいいよ」
レッドブル代表、フェルスタッペンへの興味を公言するメルセデスにチクリ「それよりも自分たちのクルマをなんとかした方がいいよ」
motorsport.com 日本版
昭和生まれのアクティブオヤジ感涙! かつてSUVがRVと呼ばれていた時代にイケてた懐かし装備たち
昭和生まれのアクティブオヤジ感涙! かつてSUVがRVと呼ばれていた時代にイケてた懐かし装備たち
WEB CARTOP

みんなのコメント

12件
  • nog********
    ドバイのパーツ商が持っている不思議
  • bur********
    こうして旧車を大事に大事に乗っているのに
    日本は古いクルマにぼったくり税金をかけてきやがる。
    最近の大きなミニバンよりよっぽどエコなんですけどね。
    乗り手さんの思い出にまで税金かけんなっての。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

170.3206.3万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

49.953.0万円

中古車を検索
アスカの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

170.3206.3万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

49.953.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村