サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > なぜ新型「スープラ」は北米で人気? 日米でカスタム合戦が行われる要因とは

ここから本文です

なぜ新型「スープラ」は北米で人気? 日米でカスタム合戦が行われる要因とは

■米国の人気は日本より高い!? 新型「スープラ」カスタム事情の詳細とは

 2020年1月10日から12日に千葉県・幕張メッセで開催された東京オートサロン2020では、2019年5月に発売されたトヨタ新型「スープラ」(以下、GRスープラ)をはじめとした歴代スープラのカスタムカーが、数多く出展されました。内訳はGRスープラ38台、A80型スープラ5台、A70型スープラ2台の、3世代合計で45台です。

【画像】新型「スープラ」過激にイジったのは日米どっち? ド派手なカスタムカー対決を見る(20枚)

 登場直後のGRスープラのカスタムカーが38台も出展されたのは驚きですが、じつは毎年11月にラスベガスで開催されている「SEMAショー」では、さらに多い台数のスープラが展示されていたといいます。いったい、どのような盛り上がりを見せたのでしょうか。

 スープラの人気が北米で盛り上がった要因としては、2001年に1作目が公開された映画「ワイルド・スピード」シリーズの存在があります。

 スープラ(1994年式タルガトップ仕様)は1作目の後半から登場するのですが、この映画によってスープラをはじめとした日本車の人気が北米を中心に盛り上がりを見せたのです。

 その後、2019年に発表された新型スープラの登場経緯を振り返ると、同年の東京オートサロンでは「GRスープラ スーパーGTコンセプト」と、もう1台ダズル迷彩のようなカモフラージュが施された「A90型スープラ」(GRスープラ)が出展されました。

 GRスープラの正式な発表は、その数日後の2019年1月14日(現地時間)にデトロイトモーターショー2019の会場でおこなわれたので、東京オートサロン2019の会場でひと足早く公開されたことは大きな話題となりました。

 そして2019年5月には、日本国内での販売が開始されます。ちなみに、GRスープラの製造はオーストリア・マグナシュタイアタイア社でおこなわれています。

 そのうえで、最後の仕上げをトヨタ自動車元町工場でおこなっているので、日本のユーザーへのデリバリーには手間と時間が掛けられているといえるでしょう。

※ ※ ※

 2019年11月に開催された第54回SEMAショーには、米国トヨタのブースだけでもノーマル2台を含む合計14台のGRスープラが出展されました。

 そして、レイズ、GReddy、テイン、クスコ、カーメイト、HKS、トーヨータイヤなど、オートサロンでもおなじみの日系パーツブランドのブースにも、ほぼすべてといっていいほどGRスープラのカスタムモデルが展示されていたのです。

 同行したカメラマンが4日間計50km以上を歩いて探し回ったところ、GRスープラだけで48台、A80型スープラ3台を含めると全51台のスープラに遭遇したといいます。

 アメリカでGRスープラのデリバリーが開始されたのは2019年夏ですが、現地での人気は日本以上に沸騰しているようです。

 米国トヨタ副社長のエド・ラウケス氏は、次のように話します。

「北米でも多くの人々が長い間、スープラの復活を望んでいました。最初のロットとなる『ローンチエディション』は1500台が販売されましたが即座に完売となり、その後のロットも大変好調です。

 アメリカ北東部など、寒く降雪が多い地域のディーラーにはわずかに残っているようですが、カリフォルニアなど暖かい地域では、入荷したとたんにお待ちいただいているお客様が購入していく状況です」

■トヨタも過激モデルを展示! ド派手な新型「スープラ」カスタムカーたち

 なお、SEMAショーに出展されていたカスタムGRスープラの多くは、日本ブランドのボディキットを装着していました。

 世界的な人気を誇る、パンデムやロケットバニーブランドのボディキットで知られるデザイナーの三浦慶氏や、アーティシャンスピリッツがデザインしたボディキットです。

 三浦氏は米国トヨタ、アーティシャンスピリッツは米国レクサスなどからも依頼を受け、メーカー公式カスタムカーのデザインを手掛けていることでも知られています。

 コンプリートされたGRスープラをベースに、出展各社がリバリー(オリジナルのステッカーやカラーラインなどで全体のイメージを整えること)しての出展も多くみられました。

 それでは、東京オートサロン2020と米国SEMA SHOWの両方に出展したカスタムGRスープラを比べつつ、紹介します。

●HKS

 HKSは、東京オートサロン2020で「HKS GR SUPRA AERO」を出展しました。

 サスペンションやエキゾースト、制御系パーツなど、ストリートチューニングの肝となる部分と機能面を追求したエアロキットとの融合により、GRスープラのトータルチューニングを提案しています。このモデルは東京国際カスタムカーコンテスト2020でグランプリを獲得しました。

 また、現在HKSで考えられるもっとも戦闘力があり、ポピュラーなパーツを使用して制作されたドリフト車両「GR Supra Drift by HKS」も展示されました。

 一方SEMAショー2019では、「HKS USA Mk.V ワイドボディGR SUPRAストリートコンセプト」を展示。

 HKSカラーとパンデムのアグレッシブなワイドボディキットが印象的で、HKSデュアルマフラーとプロトタイプのダウンパイプ&パワーエディターなどを組み合わせた、ブースト圧をアップした仕様となっています。

●トヨタ/TRD

 トヨタは東京オートサロン2020で「GRヤリス」と共に、2020年のスーパー耐久に参戦予定のルーキーレーシングの車両を展示しました。モリゾウこと、トヨタ自動車 豊田章男代表取締役社長もドライバーを務める予定です。

 一方、SEMAショー2019で展示されたのは米国TRDが手掛けた「GR スープラ3000GTコンセプト」です。1994年に発表された伝説のコンプリートカーである、JZA80型スープラをベースにした「TRD3000GT」のDNAを受け継いでいます。

●ヨコハマタイヤ

 ヨコハマタイヤは東京オートサロン2020でレーシングドライバーの織戸学選手とHKSのコラボによる「MAX ORIDO ADVAN Supra tuned by HKS」を展示。アドバン・ネオバ AD08Rの後継とされる、コンセプトモデルのタイヤを履いています。

 SEMAショー2019で展示されたヨコハマタイヤのGRスープラはアドバンカラーに彩られたボディが特徴です。パンデムV1ワイドボディをベースに、デジタルアーティストのジョン・シバル氏が全体のデザインをまとめています。

●アーティシャンスピリッツ

 アーティシャンスピリッツは、東京オートサロン2020に「Artisan spirits GR Supra BLACK LABEL」を出展しました。シンプルであり機能性を犠牲にしないブランドコンセプトを体現。

 スポイラーキットは車輌自体を無加工で装着でき、より大人の雰囲気を醸し出すカーボン製となっています。

 そしてSEMAショー2019には、WHITELINEの出展によるアーティシャンスピリッツのボディキットが装着されたGRスープラを展示。過激なボディカラーが多いなか、モノクロ基調のカラーリングと上品なカスタムデザインがバランス良くマッチしていました。

●クスコ

 クスコは東京オートサロン2020に「CUSCO GR SUPRA」を出展。いち早く2019年夏以降に発売されたボディ補強パーツや、スタビライザー、車高調を装着したモデルとなっています。

 一方、SEMAショー2019においてクスコは赤基調のボディカラーが鮮烈なカスタムスープラを出展。BRIDEとフジツボの3社共同ブースでの出展です。

※ ※ ※

 最後に紹介するのは、東京オートサロン2020で見かけたこちら。一見、顔は思いっきりGRスープラですが、なんとオープンボディになっています。じつはこのクルマのベースは、アメリカ版のレクサス「SC」(2代目)です。

 近年はオートサロンでも活躍が光るNATS(日本自動車大学校)のカスタマイズ科の学生が制作した圧巻の1台。卒業制作のなかのひとつで、近々ナンバーを取得する予定だそうです。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します