現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 超重大事故にも繋がる「トラックの脱輪」は20年で1188件も発生! 規定トルクで締めているのに「ホイールナット」の緩みが発生するワケ

ここから本文です
超重大事故にも繋がる「トラックの脱輪」は20年で1188件も発生! 規定トルクで締めているのに「ホイールナット」の緩みが発生するワケ
写真を全て見る(1枚)

 この記事をまとめると

■トラックのタイヤ脱輪事故は約20年間で1188件起こっている

【ケチった結果が大惨事に!】クルマの消耗品を交換しないと何が起こるか「10のポイント」別に解説

■過酷な状況で使われていることも脱落事故を起こす要因の1つ

■定期的な点検とホイールボルトとナットの交換が必要だ

 トラックのタイヤ脱輪事故は約20年間で1188件

 トラックのタイヤ脱輪事故は、平成14年4月から令和4年3月までの約20年間で1188件起こっている。

記事全文を読む

関連タグ

こんな記事も読まれています

ハンドルがブルブルと震え出す! 誰にでも起こりうる恐怖の「シミー現象」とは
ハンドルがブルブルと震え出す! 誰にでも起こりうる恐怖の「シミー現象」とは
WEB CARTOP
エンジンがないのにプラグがある! HVやEVについてる「サービスプラグ」って何?
エンジンがないのにプラグがある! HVやEVについてる「サービスプラグ」って何?
WEB CARTOP
サスペンションの新常識! 1G締めがもたらす驚きの効果とは?~カスタムHOW TO~
サスペンションの新常識! 1G締めがもたらす驚きの効果とは?~カスタムHOW TO~
レスポンス
タイヤ交換のサインを判断する方法5選。タイヤの寿命を延ばすコツは?
タイヤ交換のサインを判断する方法5選。タイヤの寿命を延ばすコツは?
グーネット
ガードレールはクルマから歩行者を守るため……だけじゃない! 歩行者&自転車の飛び出しを防ぐ「防護柵」もあった
ガードレールはクルマから歩行者を守るため……だけじゃない! 歩行者&自転車の飛び出しを防ぐ「防護柵」もあった
WEB CARTOP
なぜガソスタで「空気圧高くしますか?」と聞かれる? 規定値より高めの意味は? 定番セリフに隠された“重要メッセージ”とは
なぜガソスタで「空気圧高くしますか?」と聞かれる? 規定値より高めの意味は? 定番セリフに隠された“重要メッセージ”とは
くるまのニュース
生産済みの車両は安全性が確認されているの新たには出荷停止……ってどういうこと? ダイハツ事件にみる「認証試験」の問題点とは
生産済みの車両は安全性が確認されているの新たには出荷停止……ってどういうこと? ダイハツ事件にみる「認証試験」の問題点とは
WEB CARTOP
ガソリンエンジンの重要部品だけどディーゼルには不要! 「スパークプラグ」って何?
ガソリンエンジンの重要部品だけどディーゼルには不要! 「スパークプラグ」って何?
WEB CARTOP
軽トラなのにオシャレさを追求……って魂動デザインの起源か! マツダB360は情熱と魂の結晶だった
軽トラなのにオシャレさを追求……って魂動デザインの起源か! マツダB360は情熱と魂の結晶だった
WEB CARTOP
クルマの事故の30%は駐車場内! 愛車を危険にさらさないために誰でもできる「駐車対策」6つ
クルマの事故の30%は駐車場内! 愛車を危険にさらさないために誰でもできる「駐車対策」6つ
WEB CARTOP
トライトンの登場で話題の「トラック」! 超身近な存在だけどじつは大きく3つの種類が存在する
トライトンの登場で話題の「トラック」! 超身近な存在だけどじつは大きく3つの種類が存在する
WEB CARTOP
相棒のマスタング! さっきまで普通に走ってたのになんでATレバーが動かんの!? 【ドラマチックな愛車との別れ まるも亜希子編】
相棒のマスタング! さっきまで普通に走ってたのになんでATレバーが動かんの!? 【ドラマチックな愛車との別れ まるも亜希子編】
WEB CARTOP
トヨタ プリウス、13万台をリコール…走行中にドアが開くおそれ
トヨタ プリウス、13万台をリコール…走行中にドアが開くおそれ
レスポンス
クルマで走行中に霧や吹雪で前が見えない! いくらハザードを点けても「その場で停車」は危険だった
クルマで走行中に霧や吹雪で前が見えない! いくらハザードを点けても「その場で停車」は危険だった
WEB CARTOP
5.5L V12は「基本的にタフ」! 550 マラネロ UK版中古車ガイド(2) 驚異的な旋回スピード
5.5L V12は「基本的にタフ」! 550 マラネロ UK版中古車ガイド(2) 驚異的な旋回スピード
AUTOCAR JAPAN
「シフトレバーにレジ袋」“ゴミ箱代わり”に使うのNG! クルマの誤操作の原因に!? 一体何がダメなのか?
「シフトレバーにレジ袋」“ゴミ箱代わり”に使うのNG! クルマの誤操作の原因に!? 一体何がダメなのか?
くるまのニュース
車の「ホイールキャップ」なぜ減った? 昔は「標準」でも今は「消滅」近い? 新型車の“足元”が変化した理由とは
車の「ホイールキャップ」なぜ減った? 昔は「標準」でも今は「消滅」近い? 新型車の“足元”が変化した理由とは
くるまのニュース
「対向車のライトが眩しい!」なぜなのか ハイビーム推奨のせい? もしかしたらライトそのものの影響かも
「対向車のライトが眩しい!」なぜなのか ハイビーム推奨のせい? もしかしたらライトそのものの影響かも
乗りものニュース

みんなのコメント

44件
  • nao********
    一番はJIS規格からISO規格にしたからでしょうね 国交省さん100パーセントISO規格は安全って言えますか? やはり日本は日本規格JIS規格でやるべきだと思う 規定トルクできちんと閉めた所で緩まないって保証はない だから少しでもリスクの少ないJIS規格に戻すべきだと思う この問題も踏み間違え事故と一緒で著名人や議員などが亡くならない限り変わらないと思う
  • f15********
    以前の会社は錆汁が出たらまず締める、ナット交換、最終的にはホイールも交換
    そんな高速バンバン走る会社でなく、重量物だったから点検は良くしてた。
    外れた事は一度もない。
    エアチェックからタイヤ交換までひと通り自社でやる会社。

    今の会社、朝点検ハンマーで点検(やってるかやってないかは個人個人)
    ほぼ高速オンリー、交換他全てがタイヤ屋任せ
    ドライバーが無知ばかりで汁が出ようがお構いなしで走りまくり。
    管理者もその辺り認識甘い。
    で、フロントホイールのボルトナットガタで2台 高速で終了レッカー移動。

    どうなん?
    全てJIS8穴なんだけど

    ほんと認識が甘い。情けない。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村