現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 空飛ぶアストンマーティン? 「エアバス ACH130 アストンマーティン・エディション」が日本に飛来

ここから本文です

空飛ぶアストンマーティン? 「エアバス ACH130 アストンマーティン・エディション」が日本に飛来

掲載
空飛ぶアストンマーティン? 「エアバス ACH130 アストンマーティン・エディション」が日本に飛来

11月19日 (日) 、アストンマーティンのオーナーやファンが集うイベント「アストンマーティン アルカディア東京 2023」の会場である富士スピードウェイに1機のヘリコプターが飛来しました。このヘリコプター、実はアストンマーティンとのコラボレーションが生んだスペシャルな機体なのです。

はるばるオーストラリアから飛行して来日
富士スピードウェイに飛来したヘリコプターは航空機メーカーであるエアバス社が開発、生産している「エアバス ACH130」という機体をベースに、内外装をアストンマーティン仕様に仕立てた特別なモデルです。ちなみにこの機体は、オーストラリアのテクノロジー起業家ジョン=ポール・トルブヨルセン氏(以下、JP氏)が所有するものです。

●【くるま問答】ガソリンの給油口は、なぜクルマによって右だったり左だったりするのか

今回の来日にあたりJP氏は、オーストラリアから富士スピードウェイまで自ら操縦して家族とともに飛行してきたとのことです。もちろん、ジェット旅客機のように1回の飛行では日本には来れないため、到着までに経由した国は21カ国、かかった日数は41日間、飛行距離は約10000海里(約18520km)に及ぶとのことです。

こう聞くと過酷な旅のように思えますが、実際には立ち寄った国々で観光しながら日本に来たようです。なのでどちらかというと「プラベートヘリで行く気ままな世界周遊旅行」といった感じだったそうです。

ちなみに、この機体は2023年2月にイギリス・オックスフォードにあるエアバス社の工場でJP氏に引き渡されました。生産国外への納品には船便などを使うのが一般的ですが、JP氏は自ら操縦してオーストラリアに帰国したそうです。そんなJP氏は過去にオーストラリア空軍でヘリコプターの操縦士をしていた経歴の持ち主。そんな彼だからこそなせる技なのかも知れません。

▶▶▶次ページ:どこがアストンマーティン仕様なのかを解説

機内のしつらえはアストンマーティン・クオリティ
では、エアバス ACH130 アストンマーティン・エディションの細部を解説していきましょう。ドア(片側2枚、合計4枚を装備)を開くと、機内にはフロント3座、リア4座の合計7座が備わっています。いかにも上質なタンカラーの表皮がビス止めされ、ヘッドレストにはアストンマーティンのロゴがエンボス加工されたシートは、アストンマーティンのハイパースポーツカーのそれを彷彿とさせます。

それもそのはず、じつはこのシートはアストンマーティンのデザイナーと熟練工が手掛けたものなのです。さらにドアトリムやグリップ、前席シートバック裏に設けられたポーチにも同じカラーのレザー素材があしらわれており、機内はまさにアストンマーティンといった趣きです。

またコクピットの計器盤にはアストンマーティン・エディションであることを示すシリアルナンバー入りのプレートも配置されており、そこにはJP氏に向けて作られたことも記されています。

家族や仲間と空の旅を楽しめることも大きな魅力
エアバス ACH130 アストンマーティン・エディションを空輸してきたJP氏は、家族や友人と空を飛ぶことが大好きで、7座を備えたエアバス ACH130に強く惹かれたといいます。JP氏は、

「私は空を飛ぶことが大好きで、家族や友人を乗せて安全に飛行することができる、高い信頼性を備えたヘリコプターを探していたのです。ACH130の優れた飛行性能と快適さに感銘を受けました。このアストンマーティン・エディションはエアバスの卓越した技術とアストンマーティンの熟練の技が結集した、市場でもっとも魅力的なプライベート・ヘリコプターだと確信しています」

とコメントしています。

ちなみに、筆者とともに取材に同行した航空機に詳しい記者の話によると、エアバス ACH130は極めて飛行時の安定性が高く、オーストラリアから飛行してくることもJP氏のような熟練パイロットであれば全く問題なくできるとのこと。そんな高性能ヘリコプターとアストンマーティンのクラフトマンシップの出会いは、とても幸運なコラボレーションだと言えるでしょう。

ちなみにエアバス ACH130 アストンマーティン・エディションの価格は、為替レートにもよりますが日本円で約4~5億円とのこと。エアバス社としては、高級ハイパフォーマンススポーツカーを運転する喜びに似た操縦する愉しさと、アストンマーティンのしつらえを持ち合わせたエアバス ACH130 アストンマーティン・エディションを広く知ってもらい、スーパーカーを愛する富裕層の新たな楽しみを開拓する一助になれれば、とのことです。

[ アルバム : アストンマーティンのヘリコプター はオリジナルサイトでご覧ください ]

こんな記事も読まれています

BYDの日本での本気度が伝わる! いよいよ全国のディーラーで認定中古車制度をスタート!! 中古EVの価値も安定するのか?
BYDの日本での本気度が伝わる! いよいよ全国のディーラーで認定中古車制度をスタート!! 中古EVの価値も安定するのか?
ベストカーWeb
ゴールデンウイークにレンタカーを使って出かけたい観光スポットランキング
ゴールデンウイークにレンタカーを使って出かけたい観光スポットランキング
@DIME
トヨタ「新型ランドクルーザー250」発売! 15年越し「全面刷新」でめちゃ高性能化! 価格は1.5倍に… 従来の“プラド”から何が進化した?
トヨタ「新型ランドクルーザー250」発売! 15年越し「全面刷新」でめちゃ高性能化! 価格は1.5倍に… 従来の“プラド”から何が進化した?
くるまのニュース
ミドルクルーザー「スーパーメテオ650」にロイヤルエンフィールドの技術力と資金力とヤル気を感じる!!
ミドルクルーザー「スーパーメテオ650」にロイヤルエンフィールドの技術力と資金力とヤル気を感じる!!
バイクのニュース
レッドブル&HRC密着:スプリント予選で状況は一変。フェルスタッペンはセットアップに満足もタイヤの温度が上がらず4番手
レッドブル&HRC密着:スプリント予選で状況は一変。フェルスタッペンはセットアップに満足もタイヤの温度が上がらず4番手
AUTOSPORT web
EVの下取り価格が激減するって…マジ?? それとも大丈夫??
EVの下取り価格が激減するって…マジ?? それとも大丈夫??
ベストカーWeb
マツダ「ボンゴ」の一族17台が埼玉の山奥でキャンプ! 発起人は河原でDIYオールペンしたインフルエンサーでした
マツダ「ボンゴ」の一族17台が埼玉の山奥でキャンプ! 発起人は河原でDIYオールペンしたインフルエンサーでした
Auto Messe Web
偉大すぎる9人の男達! 日本のモータースポーツ史は彼らの活躍なくして語れない!!
偉大すぎる9人の男達! 日本のモータースポーツ史は彼らの活躍なくして語れない!!
WEB CARTOP
ヤマハ発動機、「MT-09」「XMAX300」がドイツの国際デザイン賞 13年連続で受賞
ヤマハ発動機、「MT-09」「XMAX300」がドイツの国際デザイン賞 13年連続で受賞
日刊自動車新聞
ハミルトン2番手「雨の到来でマシンが生き生きしてきた」2セット目のインター投入も奏功/F1中国GPスプリント予選
ハミルトン2番手「雨の到来でマシンが生き生きしてきた」2セット目のインター投入も奏功/F1中国GPスプリント予選
AUTOSPORT web
【20世紀名車ギャラリー】風とフラット6をリアルに感じる、1989年式ポルシェ911スピードスターの肖像
【20世紀名車ギャラリー】風とフラット6をリアルに感じる、1989年式ポルシェ911スピードスターの肖像
カー・アンド・ドライバー
JAOSがトヨタ『ランドクルーザー250』用各種カスタマイズパーツをリリース
JAOSがトヨタ『ランドクルーザー250』用各種カスタマイズパーツをリリース
レスポンス
[BYD]が都内有数の輸入車販売激戦区[東京・目黒]に正規ディーラーをオープン! 日本での出店ペースが加速!!
[BYD]が都内有数の輸入車販売激戦区[東京・目黒]に正規ディーラーをオープン! 日本での出店ペースが加速!!
ベストカーWeb
ザウバーF1、アウディワークス化を背景に来季ドライバー市場でも強気の姿勢?「我々は傍観者ではなくプレイヤーになった」
ザウバーF1、アウディワークス化を背景に来季ドライバー市場でも強気の姿勢?「我々は傍観者ではなくプレイヤーになった」
motorsport.com 日本版
スバルが新型「レガシィ“セダン”」発表! “精悍顔”が超カッコイイ「スポーティセダン」日本導入は? 米で発表もなぜ日本では「セダン」ないのか
スバルが新型「レガシィ“セダン”」発表! “精悍顔”が超カッコイイ「スポーティセダン」日本導入は? 米で発表もなぜ日本では「セダン」ないのか
くるまのニュース
どっちが燃えやすいか知ってる? バイクの燃料に使われるレギュラーとハイオク
どっちが燃えやすいか知ってる? バイクの燃料に使われるレギュラーとハイオク
バイクのニュース
豊田章男会長の想いが詰まったLBXの生産ライン公開! 東北の復興を支えたトヨタ自動車東日本の新たな挑戦
豊田章男会長の想いが詰まったLBXの生産ライン公開! 東北の復興を支えたトヨタ自動車東日本の新たな挑戦
ベストカーWeb
BMWの4ドアEVクーペ『i4』、改良新型を発表へ
BMWの4ドアEVクーペ『i4』、改良新型を発表へ
レスポンス

みんなのコメント

この記事にはまだコメントがありません。
この記事に対するあなたの意見や感想を投稿しませんか?

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

83.0142.8万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

34.849.0万円

中古車を検索
ロゴの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

83.0142.8万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

34.849.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村