現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > ホンダ S660を造る八千代工業 工場見学 「設計製造が一体になって小さな名車が生み出された」

ここから本文です

ホンダ S660を造る八千代工業 工場見学 「設計製造が一体になって小さな名車が生み出された」

掲載 更新
ホンダ S660を造る八千代工業 工場見学 「設計製造が一体になって小さな名車が生み出された」

ホンダから工場見学しませんかというお誘いを受けいそいそと出かけてきた。なにせ、巷ではS660の話題に事欠かない状況でもあるし。つまりS660の製造工場見学なのだ。(スタッフブログ:高橋明)

クルマ好きは最初、クルマの見た目に注目し、自分の嗜好にフィットすると値段を調べ、馬力やら室内デザインやらをチェックして、 専門媒体の記事を探してみるというパターンではないだろうか。自動車専門のサイトや雑誌の多くには、そのモデルの絶対評価のほかに比較記事やオリジナルのネタを交えた企画が展開。でもそこには、生産技術に関するネタって少ない。

生産技術?あまりピンとこないけれど、クルマは商品企画・設計があって、製造があって、販売される図式。商品企画・設計の部分がクルマの魅力を決める重要なところで、そこで決定された図面をもとに製造される。そして設計通りに造れるか?というのも実は非常に重要で、机上のものを現実のものにしていく作業だから、当然そこにも技術が存在する。それが生産技術の世界で、主に製造工場内での話になってくる。

工場見学はその生産技術を見ることのできる機会ということで、話題のS660の製造工程の一部を見てみましょう、というお誘いだったのだ。S660は当初からこの生産技術も重要視したモデルで、ミッドシップ、オープンボディという特徴を持ち、いわゆる量産モデルとは全く異なる製品だから、当然造り方も違ってくる。そこには造り手のこだわりや、アイディア、職人技術などなど注目すべきポイントがたくさんあるわけだ。

S660はホンダの子会社八千代工業という会社で製造されている。八千代工業の創業者大竹さんは本田宗一郎さんのホンダ創業時からのお付き合いで、ホンダの経営が苦しかった時代にもきっちりお付き合いをし、ホンダを支えた愛情たっぷりの企業。「今日のホンダがあるのも八千代さんのおかげ」という気持ちがお互いにある存在なのだ。

その八千代工業は製造専門の会社で世界9ヶ国20拠点に製造工場をもっている大企業。S660は三重県の四日市にある工場で製造されているので、新幹線に乗って名古屋まで行ってきた。工場見学のメンバーはモータージャーナリスト、自動車専門誌の編集スタッフなどで、知った顔がずら~り。吉田由美さんとは新横浜の駅で遭遇。工場見学とレーシングドライバーという不釣り合いにも感じる佐藤久実さんや木下隆之さん、桂伸一さんらの顔もあった。みんな好きなのね。

S660は開発主査LPLの椋本さんをはじめ、開発スタッフと製造部門を担当する八千代のスタッフは一丸となって、つまり、会社や部門の枠を超えたひとつのチームとしてクルマ造りをしたというわけで、その思いがたっぷりと詰まっている。

高精度、高効率をキャッチフーズに、製造に取り組み、そのひとつがプレス工程でのワンショット成形。鉄板をボディのカタチに型押しするプレス加工で、デザインに合わせてプレス工程が何度か繰り返す。そのため金型も数種類必要になるが、一つの金型で一回のプレス加工で造ってしまおうという工夫だ。

また精度を高めるためにインナー治具工法も生み出している。これは溶接完了までインナー治具をセットしたまま加工するため、溶接される双方の狂いがでることなく、精度を保ちながら溶接ができるというアイディア工法だ。

この工程は4名でおこなわれ、治具もひとつ。生産能力は一時間に6台で、8時間稼働で48台が製造できる計算になる。S660の48台/日という数字はこれを見るとよくわかる。

ちなみに四日市工場の生産能力は150台/日で、S660のほかに、アクティ・トラック/バン、バモス/ホビオの受託生産をしている。軽自動車専門のそしてミッドシップ専門工場という世にも稀な存在とも言える。

ホンダと八千代工業はS660というクルマを中心に生産技術と設計・企画部門という別の会社がひとつにまとまり、全力で魅力的なクルマの生産に取り組んで生み出されたクルマである。そしてその会社はそれぞれの創業者同士の人とのつながりが後継者たちにも受け継がれているという話で、とくに生産技術を見る機会は少なく、とてもいい勉強の機会だった。

この記事を画像付きで読む(外部サイト)

こんな記事も読まれています

F1モナコ決勝速報|ルクレール、マネジメントレースを制して母国で初優勝! 角田裕毅は8位入賞
F1モナコ決勝速報|ルクレール、マネジメントレースを制して母国で初優勝! 角田裕毅は8位入賞
motorsport.com 日本版
スマート#3 詳細データテスト クラス水準以上の動力性能 優れた基本設計 物足りない細部の仕上げ
スマート#3 詳細データテスト クラス水準以上の動力性能 優れた基本設計 物足りない細部の仕上げ
AUTOCAR JAPAN
ああジャケ買いしそう! うちの母さんにも乗ってほしい! KGモーターズの超小型モビリティに「ミボット」と名前が付いた!
ああジャケ買いしそう! うちの母さんにも乗ってほしい! KGモーターズの超小型モビリティに「ミボット」と名前が付いた!
ベストカーWeb
アルファ ロメオの改名騒動のシナリオがあった!?「ミラノ」ではなく「ジュニア」で決定した背景とは?「ジュリエッタ」のときはどうだった?
アルファ ロメオの改名騒動のシナリオがあった!?「ミラノ」ではなく「ジュニア」で決定した背景とは?「ジュリエッタ」のときはどうだった?
Auto Messe Web
国産5社が語る! 「意外と孤独」 どういうコト? 同じ悩みを持っていた? 普段はライバルも「共に挑む!」ワケとは
国産5社が語る! 「意外と孤独」 どういうコト? 同じ悩みを持っていた? 普段はライバルも「共に挑む!」ワケとは
くるまのニュース
英国「最安」ハッチバック ヤリスやクリオのシェア侵食? 2代目MG 3へ試乗 1.5L HVで194ps
英国「最安」ハッチバック ヤリスやクリオのシェア侵食? 2代目MG 3へ試乗 1.5L HVで194ps
AUTOCAR JAPAN
ランチア「ストラトス ゼロ」に乗った!「カウンタック」に続くガンディーニアイコンの始まりのクルマとは【クルマ昔噺】
ランチア「ストラトス ゼロ」に乗った!「カウンタック」に続くガンディーニアイコンの始まりのクルマとは【クルマ昔噺】
Auto Messe Web
車のボディまるごと「樹脂バンパー」で覆っちゃう!? ホンダの“素材リサイクル”の発想がぶっ飛んでた
車のボディまるごと「樹脂バンパー」で覆っちゃう!? ホンダの“素材リサイクル”の発想がぶっ飛んでた
乗りものニュース
モナコGP決勝、大クラッシュ発生で赤旗中断。レッドブルのペレスとハース勢がリタイア
モナコGP決勝、大クラッシュ発生で赤旗中断。レッドブルのペレスとハース勢がリタイア
motorsport.com 日本版
スプリントの鬱憤晴らす渾身の勝利! バニャイヤ、今季3勝目。マルケスまたしても超追い上げ3位|MotoGPカタルニアGP決勝
スプリントの鬱憤晴らす渾身の勝利! バニャイヤ、今季3勝目。マルケスまたしても超追い上げ3位|MotoGPカタルニアGP決勝
motorsport.com 日本版
国内最大級・ド迫力ボディの「エアロキング」を“運転”できる!? めちゃ貴重な「2階建てバス」運転企画を発売へ ファン垂涎「激レア体験」7月開催
国内最大級・ド迫力ボディの「エアロキング」を“運転”できる!? めちゃ貴重な「2階建てバス」運転企画を発売へ ファン垂涎「激レア体験」7月開催
くるまのニュース
2024年版 レスポンスも音も「感動的」な最新スーパーカー 11選 性能とデザインで頂点を争う
2024年版 レスポンスも音も「感動的」な最新スーパーカー 11選 性能とデザインで頂点を争う
AUTOCAR JAPAN
なぜ自動車メーカーが「養蜂」を行うのか? ハチミツ界のロールス・ロイスを目指しているわけではなかった!?
なぜ自動車メーカーが「養蜂」を行うのか? ハチミツ界のロールス・ロイスを目指しているわけではなかった!?
Auto Messe Web
「宝石」のようなレーシングカー MGA ツインカム・ワークスマシン(2) 競技人生を静かに物語る凛々しさ
「宝石」のようなレーシングカー MGA ツインカム・ワークスマシン(2) 競技人生を静かに物語る凛々しさ
AUTOCAR JAPAN
12時間レースでクラス優勝を狙え! MGA ツインカム・ワークスマシン(1) エンジンも塗装も64年前のまま
12時間レースでクラス優勝を狙え! MGA ツインカム・ワークスマシン(1) エンジンも塗装も64年前のまま
AUTOCAR JAPAN
【クルマら部】今日から使えるクルマ愛クイズ!「F1」全4問・解答編
【クルマら部】今日から使えるクルマ愛クイズ!「F1」全4問・解答編
レスポンス
ハースF1モナコGPの予選でリヤウイング規定違反で失格。一体何があったのか? 小松礼雄代表「思い込みがあった……二度と起こしてはいけない」
ハースF1モナコGPの予選でリヤウイング規定違反で失格。一体何があったのか? 小松礼雄代表「思い込みがあった……二度と起こしてはいけない」
motorsport.com 日本版
ついにEV“充電レス”!? 世界初の「次世代ソーラーEV」実証開始 電池は“超極薄”
ついにEV“充電レス”!? 世界初の「次世代ソーラーEV」実証開始 電池は“超極薄”
乗りものニュース

みんなのコメント

この記事にはまだコメントがありません。
この記事に対するあなたの意見や感想を投稿しませんか?

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

203.2315.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

92.0499.0万円

中古車を検索
S660の車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

203.2315.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

92.0499.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村