現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 高級だけどスパルタンなスポーツカー!ドイツレベル製プラモ「メルセデスAMG GT」を作る・後編【モデルカーズ】

ここから本文です

高級だけどスパルタンなスポーツカー!ドイツレベル製プラモ「メルセデスAMG GT」を作る・後編【モデルカーズ】

掲載
高級だけどスパルタンなスポーツカー!ドイツレベル製プラモ「メルセデスAMG GT」を作る・後編【モデルカーズ】

自動車プラモの楽しさを再認識させる好キット

メルセデスAMG GTの実車とそのプラモデルについては、前編の記事(下の「関連記事」参照)にてすでに述べた。ご覧いただいている作例は、自動車模型専門誌「モデルカーズ」257号(2017年)の巻頭特集のために制作されたものである。ここでは、作例の作者・Ken-1氏による解説(当該号にて掲載されたもの)をお読みいただこう。

そろそろ次世代の足音が聞こえてくるGT-Rだけど、まだまだR35の輝きは健在だ!【モデルカーズ】

【画像37枚】ボディ塗装から細部の仕上げまで、その制作過程を見る!

「メルセデスは今後、よりスポーツ度の高いモデルをメルセデスAMGブランドとしてリリースするようで、その第一弾がこのAMG GTです。ガルウィングドアをもったAMG SLSの後継車となりますが、車格自体は少し小さくなりました。フェラーリやランボルギーニといったスーパーカーではなく、ちょうどポルシェ911あたりのセグメントを狙ったクルマのようですね。

そんなAMG GTをドイツレベルがキット化してくれました。やや元気の無いような印象の日本の模型メーカーに比べると、ここ数年、海外、特にドイツレベルはその車種選択やキット内容が著しく向上していて、個人的にこのキットには注目していました。それを、担当さんの計らいで今回作例として制作させていただくことが出来ました。

国内メーカーの製品に慣れ親しんでいる自分にとって、やはり海外キットは独特の雰囲気があり、慣れてないとやや取っ付きにくい面もあるのですが、ここ最近のドイツレベルのキットは、大変組みやすく精度も高いものになっています。バリやパーティングラインがしっかりめに入っているところもあり、そこをしっかり調整する事で、『あ、これが正解か』と、ピタッと部品が合った際の楽しさを再確認できる面白さがあります。

特にこのAMG GTは、最後までとても楽しく組めた好キットでした。なんと言いますか、設計された方の想いが見えると言いましょうか、クルマ好きでかつ模型が好きならこうなっていると嬉しい、という部分がきちっと優先されているんですよね。

全体にプラ素材が国産キットより柔らかいこともあり、特に透明パーツは少し注意も必要ですが、逆に柔らかいからこそ、内装やエンジンパーツの豊かな表現が生まれたり、ボディとシャシーの一体感のあるハメ合わせが実現できるのかもしれません。シャシーにボディをはめ込む際、塗装が割れそうでやや怖かったりするのですけどね。

手がかかるのも事実と言えば事実、それでも組み立ては文句なしに楽しい!
ドアミラーに組み込まれたターンレンズやリアのリフレクターはデカールとなっていましたが、あえてそのまま仕上げました。デカール自体も不満なく使える良質なものですので、そのままでも見栄えを損なうことはありません。柔らかくやや曇り気味なクリアパーツは、細目のコンパウンドで軽く磨いてやるとクリアな状態を復元してくれます。ゴシゴシ力を入れて磨くと、逆に傷を入れてしまうので注意。

と、そんな感じでなかなか熱く楽しいキット内容を持つドイツレベル製品、手のかかる部分があるのも事実ですが、逆にそれをいなす楽しみもあります。最近のプラモデルがどこか忘れてしまったアナログ感がより濃く残っており、きちっと組み上げるという作業自体にチャレンジングさを感じさせてくれ、完成したときの到達感と満足感はより深いものがあります。海外キットだからといって敬遠するのは実にもったいない!

今後もさらに魅力的な車種のリリースが告知されていますので、クルマ好きモデラーとしては楽しみはつきません。この勢いでどんどん新しいキットを出してもらいましょう。とりあえず、気に入ったキットは買っておく。それが我々に出来る最大の応援かも!」

こんな記事も読まれています

軽トラなのにオシャレさを追求……って魂動デザインの起源か! マツダB360は情熱と魂の結晶だった
軽トラなのにオシャレさを追求……って魂動デザインの起源か! マツダB360は情熱と魂の結晶だった
WEB CARTOP
刑事モノといえばクルマは劇中の華! スカイラインにRX-7にガゼール……心に刺さりまくった記憶に残るモデルたち
刑事モノといえばクルマは劇中の華! スカイラインにRX-7にガゼール……心に刺さりまくった記憶に残るモデルたち
WEB CARTOP
マセラティはカスタマイズ「フォーリセリエ」を訴求…オートモビルカウンシル2024
マセラティはカスタマイズ「フォーリセリエ」を訴求…オートモビルカウンシル2024
レスポンス
顔がスゴイ! “斬新顔”のスバル「3列SUV」!? 大排気量“6気筒”エンジン搭載の最上級モデル「B9トライベッカ」とは
顔がスゴイ! “斬新顔”のスバル「3列SUV」!? 大排気量“6気筒”エンジン搭載の最上級モデル「B9トライベッカ」とは
くるまのニュース
新方式導入で“初めて”ポール獲得。篠原「自分で名乗れるのはちょっと嬉しい」|スーパーGP開幕戦岡山:GT300 PP記者会見
新方式導入で“初めて”ポール獲得。篠原「自分で名乗れるのはちょっと嬉しい」|スーパーGP開幕戦岡山:GT300 PP記者会見
motorsport.com 日本版
スーパーGT、2024年第1戦岡山を皮切りに全大会で公式練習をYouTube無料ライブ配信
スーパーGT、2024年第1戦岡山を皮切りに全大会で公式練習をYouTube無料ライブ配信
AUTOSPORT web
過去の名車の現代化――それは実現しなかった夢でありながら、叶えられた祈りでもあった…【アメリカンカープラモ・クロニクル】第24回
過去の名車の現代化――それは実現しなかった夢でありながら、叶えられた祈りでもあった…【アメリカンカープラモ・クロニクル】第24回
LE VOLANT CARSMEET WEB
スーパーGT第1戦決勝前に航空自衛隊がウエルカムフライト。2機のF-2戦闘機がサーキット上空を飛行
スーパーGT第1戦決勝前に航空自衛隊がウエルカムフライト。2機のF-2戦闘機がサーキット上空を飛行
AUTOSPORT web
トヨタ「2.0L カローラ」あった! 限定500台“2000 Limited”に「復活」願う声… 新型カローラ並の注目されるクルマとは
トヨタ「2.0L カローラ」あった! 限定500台“2000 Limited”に「復活」願う声… 新型カローラ並の注目されるクルマとは
くるまのニュース
【MotoGP】リンスのヤマハへの適応、まだまだ道半ば? 「こっちが乗られてるみたい」アメリカズGP勝利再現はムリと示唆
【MotoGP】リンスのヤマハへの適応、まだまだ道半ば? 「こっちが乗られてるみたい」アメリカズGP勝利再現はムリと示唆
motorsport.com 日本版
マツダ渾身のラージSUV始動! トップバッター「CX-60」って実際どうなのよ? 今だ見えない実力はいかに
マツダ渾身のラージSUV始動! トップバッター「CX-60」って実際どうなのよ? 今だ見えない実力はいかに
ベストカーWeb
マツダ CX-80のティザーがついにスタート! ワールドプレミアに向けてカウントダウンが始まったぞ
マツダ CX-80のティザーがついにスタート! ワールドプレミアに向けてカウントダウンが始まったぞ
Webモーターマガジン
サソリの毒をまるっと1日味わい尽くせ! アバルト500eの1日試乗キャンペーンが開催中
サソリの毒をまるっと1日味わい尽くせ! アバルト500eの1日試乗キャンペーンが開催中
THE EV TIMES
やっぱり速かったau TOMS! 前年王者が新方式となった予選を制す。シビック最上位は3番手のSTANLEY|スーパーGT開幕戦
やっぱり速かったau TOMS! 前年王者が新方式となった予選を制す。シビック最上位は3番手のSTANLEY|スーパーGT開幕戦
motorsport.com 日本版
「消滅した阪神高速」いよいよ「復活」へ!? 異例の「3年間通行止め」松原線の工事大詰め 大阪市内に新たな高架橋の建設開始
「消滅した阪神高速」いよいよ「復活」へ!? 異例の「3年間通行止め」松原線の工事大詰め 大阪市内に新たな高架橋の建設開始
くるまのニュース
ブリッツの「スロコン」「スマスロ」にLBXなど4車種の適合が追加
ブリッツの「スロコン」「スマスロ」にLBXなど4車種の適合が追加
レスポンス
ハミルトン、2024年のメルセデスW15に実は好印象を持っている?「このクルマは素晴らしいよ。まだ、最大限の性能を発揮できていないだけ」
ハミルトン、2024年のメルセデスW15に実は好印象を持っている?「このクルマは素晴らしいよ。まだ、最大限の性能を発揮できていないだけ」
motorsport.com 日本版
カーメイト、新ウェットシート&ガラスクリーナー発売
カーメイト、新ウェットシート&ガラスクリーナー発売
レスポンス

みんなのコメント

この記事にはまだコメントがありません。
この記事に対するあなたの意見や感想を投稿しませんか?

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

2750.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

738.86000.0万円

中古車を検索
AMG GTの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

2750.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

738.86000.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村