サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 改名から1年半「デミオ」の名を捨てた「マツダ2」は成功したのか

ここから本文です
 マツダは2019年9月、当時の主力コンパクトハッチ「デミオ」をマイナーチェンジした。その機会に、それまでマツダの販売車種のなかで最大の販売規模を持っていた「デミオ」の車名を捨て、グローバルで使われている「マツダ2」へと名称変更した。それから1年半が経過した現在、はたしてこの戦略は成功したといえるのだろうか。

 世の中では、トヨタヤリスが2020年のフルモデルチェンジ以来大ヒットを続けており、販売台数ランキングで1位を獲得。同年にはホンダフィット、日産ノートも新型へと切り替わって、令和のコンパクトカー戦国時代となっている。

おすすめのニュース

サイトトップへ