サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > カー用品 > リフトアップしたトヨタ・カローラフィールダー4WDが作れます!

ここから本文です

リフトアップしたトヨタ・カローラフィールダー4WDが作れます!

リフトアップしたトヨタ・カローラフィールダー4WDが作れます!

カローラフィールダー4WDをアゲる
カスタムゴコロをくすぐるアップサス


CHUHATSU PLUS/MULTI ROAD
チューハツプラス/マルチロード カローラフィールダー用

スバル・レガシィツーリングワゴン(2010年5月~2011年5月)|中古車選びに役立つ「当時モノ」新車レビュー&試乗記


車高がアップするスプリング「マルチロード」をラインアップするチューハツプラスから、カローラフィールダー用のマルチロードが追加設定された。以前よりハイブリッド用のラインアップはあったが、今回は4WD車用の登場だ。

カローラフィールダーの車高を上げる、という時点でちょっとした違和感を感じるが、そもそもマルチロードは、スタイリングを変えるためではなく、走行性能を向上させるために車高を上げるスプリング。

ダンパーを滑らかに動かし、しなやかな走行を実現するようスプリングの形状を特殊化した中央発條の特許技術、「SASC(横力制御ばね)」をフロントに採用。車高が上がることで、アーム角が適正化され、突き上げを軽減。また、ダンパーのストローク量を多く確保でき、ロールセンターも重心に近づくため、乗り心地、コーナリング安定性が向上するというわけだ。

もちろん車高が上がるため、荒れた路面やわだち、積雪地帯を走行するときにボディと路面との接触を避けるというメリットもある。

とはいえ、カローラフィールダーの場合、フロントが約10~15ミリ、リアが約20~25ミリ車高がアップすることで、見た目にも十分な変化が得られる。

欧州にはアウディのオールロード クワトロや、ボルボのクロスカントリーのように、ワゴンベースのクロスオーバースタイルも多い。

このマルチロードで車高を上げて、黒樹脂系のオーバーフェンダーやゴツいタイヤ&ホイールを組み合わせるなど、カローラフィールダーを欧州クロスオーバー的な雰囲気に仕立てることも楽しそうだ。

【SPECIFICATION】
●パーツ名:マルチロード
●適合:カローラフィールダー4WD(NZE-164)
●対応:4WD車
●アップ量:F約10~15ミリ、R約20~25ミリ
●価格:4万円

問:SPK 03-3472-5015
http://www.chuhatsu-plus.jp

[スタイルワゴン・ドレスアップナビ編集部_霜田奈緒]

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します