現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 新型アウディRS3スポーツバックへ試乗 主役は400psの5気筒ターボ 前編

ここから本文です

新型アウディRS3スポーツバックへ試乗 主役は400psの5気筒ターボ 前編

掲載 更新 5
新型アウディRS3スポーツバックへ試乗 主役は400psの5気筒ターボ 前編

ハイパワーなエンジンを小さなボディに

執筆:Matt Saunders(マット・ソーンダース)

【画像】新型 アウディRS3 欧州で競合する高性能ハッチバックと比べる 全124枚

翻訳:Kenji Nakajima(中嶋健治)


ハイパワーなエンジンを比較的小さなボディに押し込んで、面白いドライバーズカーを作るという手法は、まだ社会的にも許される。欧州では、CO2の排出量に対する自動車メーカー平均での反則金や自動車にかかる税金が、ぶら下がってくるけれど。

アウディの傑作、EA855型と呼ばれる5気筒ターボエンジンは、TT RSやRS Q3といったモデルを生み出した。過去には、国際エンジン・オブ・ザ・イヤーにも輝いている。まだ、その賞は続いている。

われわれにも、傑作エンジンを買う機会は残されている。最新のアウディRS3には、電動化技術の時代だとしても、強く惹かれてしまう。

エンジンが主役と呼べるようなホットハッチは、以前はもっと一般的なカテゴリーだった。しかし今では、最後まで生き残ったモデルの1つに、このRS3はなってしまった。

ボンネットの内側に搭載される2.5L 5気筒ターボエンジンは強力なだけでなく、メカニズムとしても特長が濃い。程よく肉付きを増したボディが放つオーラは、チューニング・エンジンへ載せ替えたカスタム・ホットハッチ以上だろう。

筆者がクルマの文章を書く仕事を初めた頃は、フォルクスワーゲン・ゴルフR32やアルファ・ロメオ147 GTAが現役だった。5気筒エンジンのフォード・フォーカスSTや、直列6気筒エンジンのBMW 130iといった興奮するようなモデルも存在していた。

最高出力400ps、最高速度289km/h

近年のラインナップを見ると、ホットハッチはおしなべて4気筒ターボを積んでいる。メーカー毎に注力しているとしても、少々寂しく感じてしまうのは筆者だけだろうか。

感傷に浸っている場合ではなかった。最新のアウディRS3には、5ドアハッチバックのスポーツバックと、4ドアサルーンの2種のボディスタイルが用意される。

エンジンは前述のとおり、2.5Lの直列5気筒ターボ・ガソリン。アウディが更なる改良を加え、最高出力400ps、最大トルク50.9kg-mを発揮するに至った。最大トルクは、以前のRS3より2.0kg-mほど強化されている。

他にもRS3のメカニズムには触れるべき点が多いとはいえ、これだけのパワーがあれば、ハッチバックに289km/hの最高速度を与えることは造作ない。ただし、必要なオプションを追加すれば、の話だが。

シュツットガルト近郊のアウトバーンを、そんな高速で走るコンパクトなアウディがいたら、BMW X6 M550iやメルセデスAMG Eクラス・ステーションのドライバーもさぞ驚くことだろう。そのかわり、最新のRS3はかなりお高い。

高性能モデルの開発部隊、アウディ・スポーツは気前よく予算を注ぎ込んでいる。投じられた努力も、エンジンやサスペンションの改良だけに留まらない。トルクベクタリング機能を備える電子制御のリアデフを備える、最新で最速のA3に仕立ててある。

ドライブモードには、ドリフト・モードも追加された。アウディは、そんな呼び方をしていないけれど。

要はトルクベクタリング付き電子制御デフ

まずは足まわりから見ていこう。アウディRS3の車高は、S3からさらに10mm落とされている。ダンパーは、フォルクスワーゲン・グループの他のモデルには一切採用されていない、専用品が奢られている。

タイヤ・サイズは19インチ。幅も広げられた。フロントのトレッドは、先代から33mmも広くなっている。コーナリング時のグリップ力も引き上げるために、前後ともにネガティブキャンバーが強められている。見た目もマッシブだ。

7速デュアルクラッチATは、レシオが見直された。低速域での加速はより鋭く、高速域でのクルージング時は燃費を稼げるようになっている。RS3としては初めて、0-100km/h加速は4.0秒を切っている。

表現力にこと欠かない5気筒ターボのために、新しいアクティブ・エグゾーストシステムも開発されている。フロントに6ポッドキャリパーが組まれる、大径のスチール製ディスクブレーキも装備する。

予算次第で、RSダイナミック・パッケージのオプションも追加できる。ダンパーはアダプティブ仕様になり、カーボンセラミック・ブレーキが組まれる。タイヤはピレリPゼロ・トロフェオRがオプションで用意されるが、なぜか英国では選べないそうだ。

15万ポンド(2325万円)くらいの高性能スポーツカーに備わるようなメカニズムが、アウディのホットハッチにも漏れなく搭載されている。英国価格が、5万ポンド(775万円)を超えただけのことはある。

そして、トルクベクタリング機能付きの電子制御デフこそ、最新のRS3の要の1つといえるだろう。

この続きは後編にて。

関連タグ

こんな記事も読まれています

「子持ち様」批判は大間違い! 子連れに優しい社会は「独身者」にも優しい社会だ クルマ目線で考える
「子持ち様」批判は大間違い! 子連れに優しい社会は「独身者」にも優しい社会だ クルマ目線で考える
Merkmal
名古屋から豊橋まで無料でノンストップ! 国道23号のバイパス「名豊道路」がもうすぐ全線開通。
名古屋から豊橋まで無料でノンストップ! 国道23号のバイパス「名豊道路」がもうすぐ全線開通。
くるくら
BMWジャパン、MINIの新型「クーパー」に5ドア追加 価格は408万円から
BMWジャパン、MINIの新型「クーパー」に5ドア追加 価格は408万円から
日刊自動車新聞
全長9m! 2000万円級のいすゞ「新型モデル」発表! 6速AMT搭載で「豪華仕様」も設定! 機能向上した「新ガーラミオ」発売
全長9m! 2000万円級のいすゞ「新型モデル」発表! 6速AMT搭載で「豪華仕様」も設定! 機能向上した「新ガーラミオ」発売
くるまのニュース
水と自家栽培にこだわる『coco nora』 佐野ラーメンとアジフライのセットを堪能!!
水と自家栽培にこだわる『coco nora』 佐野ラーメンとアジフライのセットを堪能!!
バイクのニュース
【日本市場にやってくるかも?】 アルピーヌA290 初の電動モデル日本導入を検討
【日本市場にやってくるかも?】 アルピーヌA290 初の電動モデル日本導入を検討
AUTOCAR JAPAN
使い勝手抜群でしかも安い!! プジョーのステーションワゴン[308SW]は70万円で極上車が見つかる!?
使い勝手抜群でしかも安い!! プジョーのステーションワゴン[308SW]は70万円で極上車が見つかる!?
ベストカーWeb
トヨタ現行「スープラ」を痛車に!「RX-7」でスポーツカーに目覚め、AMG「A45」「ランエボX」で痛車仕様にハマったオーナーでした
トヨタ現行「スープラ」を痛車に!「RX-7」でスポーツカーに目覚め、AMG「A45」「ランエボX」で痛車仕様にハマったオーナーでした
Auto Messe Web
よく見るコイルスプリングだけじゃない! 板バネに空気バネなどクルマのサスペンションの「バネ」の種類と特徴
よく見るコイルスプリングだけじゃない! 板バネに空気バネなどクルマのサスペンションの「バネ」の種類と特徴
WEB CARTOP
BYDのBEVスポーツセダン、シールが戦略価格で登場。最初の1000台は495万円から先進性能が楽しめる!
BYDのBEVスポーツセダン、シールが戦略価格で登場。最初の1000台は495万円から先進性能が楽しめる!
カー・アンド・ドライバー
クルマとしての完成度が驚くほど高かった──新型BYDシール試乗記
クルマとしての完成度が驚くほど高かった──新型BYDシール試乗記
GQ JAPAN
角田裕毅「何かがうまく機能しておらず苦戦した」懸命な調整でも解決せず「アップデートへの期待が外れた週末」とチーム
角田裕毅「何かがうまく機能しておらず苦戦した」懸命な調整でも解決せず「アップデートへの期待が外れた週末」とチーム
AUTOSPORT web
米ハーレーの工場が認めたクオリティ! TSC から「洗えるニトリル手袋」が発売(動画あり)
米ハーレーの工場が認めたクオリティ! TSC から「洗えるニトリル手袋」が発売(動画あり)
バイクブロス
ミック・シューマッハー、アルピーヌF1の”選考”テスト参加へ。オコン後任の対立候補ドゥーハンもドライブ予定
ミック・シューマッハー、アルピーヌF1の”選考”テスト参加へ。オコン後任の対立候補ドゥーハンもドライブ予定
motorsport.com 日本版
謎の日産「すごいキューブ」!? “イナズマ”グリルが超カッコイイ! めちゃ“斬新”な「小型ハイトワゴン」の正体とは
謎の日産「すごいキューブ」!? “イナズマ”グリルが超カッコイイ! めちゃ“斬新”な「小型ハイトワゴン」の正体とは
くるまのニュース
気を付けるべきことはある? 急ブレーキをせざるを得ない場合の注意点
気を付けるべきことはある? 急ブレーキをせざるを得ない場合の注意点
バイクのニュース
レクサス新型スーパーカー 600馬力の「LFA」後継、開発進行中か V8プロトタイプも確認
レクサス新型スーパーカー 600馬力の「LFA」後継、開発進行中か V8プロトタイプも確認
AUTOCAR JAPAN
CB1100やモンキーなど、ホンダのバイクがアクリルスタンド&キーホルダーになって登場!
CB1100やモンキーなど、ホンダのバイクがアクリルスタンド&キーホルダーになって登場!
くるくら

みんなのコメント

5件
  • アウディのアイコンである直列5気筒ターボは一度味わってみたい。
  • この類いの車は、これが最後になりそうなので、日本に来たら本気で買うことを検討中。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

828.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

309.01019.9万円

中古車を検索
RS3 スポーツバックの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

828.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

309.01019.9万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村