現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 新型マツダCX-60は個性と買い得感を両立!おすすめポイントを紹介!

ここから本文です

新型マツダCX-60は個性と買い得感を両立!おすすめポイントを紹介!

掲載 更新 77
新型マツダCX-60は個性と買い得感を両立!おすすめポイントを紹介!

車種別・最新情報 [2023.01.23 UP]


新型マツダCX-60は個性と買い得感を両立!おすすめポイントを紹介!
ニューモデル続々でクルマ選びも要アップデート。
新登場&定番・人気モデルの“見どころ”を、一気にお見せする。

CX-60&ハリアー&アウトランダー&NX プレミアムSUV徹底比較

●解説:渡辺陽一郎


MAZDA 新型CX-60
SUV 2.5ℓ・FF/4WD 3.3ℓディーゼル・FF/4WD 3.3ℓディーゼルハイブリッド・4WD 2.5ℓプラグインハイブリッド・4WD


299万2000~626万4500円
PROFILE
 新開発FRプラットフォームを採用するラージ商品群の尖兵としてデビュー。シリーズ他車と同様に多様なパワートレーンを用意し、ディーゼル車からリリースを開始した。

■主要諸元(XD Lパッケージ・4WD) ※オプションを含まず  ●全長×全幅×全高(mm):4740×1890×1685 ●ホイールベース(mm):2870 ●車両重量(kg):1890 ●パワーユニット:3283cc 直列6気筒ターボディーゼル(231PS/51.0kg・m) ●トランスミッション:8速AT ●WLTCモード総合燃費:18.5km/ℓ ●タイヤ:235/50R20

後輪駆動アーキテクチャーを新開発!
直6ディーゼルからデリバリーを開始
 CX‐60では、直列6気筒エンジンと後輪駆動の採用が特徴だ。3.3ℓのクリーンディーゼルターボは、実用回転域の駆動力が高く、ディーゼルなのに活発に吹け上がる。しかもWLTCモード燃費は、CX‐5が搭載する直列4気筒2.2ℓディーゼルよりも優れている。これは、3.3ℓの排気量を生かして燃焼の制御を入念に行い、動力性能と燃費を両方ともに向上させているおかげだろう。
 また、直列6気筒の搭載に合わせて、エンジン縦置きの後輪駆動も採用した。前後輪に加わる重量配分に優れ、走行安定性も良好だ。
 グレードは幅広い。Sパッケージ以下は、価格が割安な代わりに、内装の質も上級仕様に比べて下がる。従って内装は購入するグレードで確認したい。機能、装備、質感の割に価格を抑えた買い得グレードは、ディーゼルのXD・Lパッケージだ。2WDの価格は400万4000円で、ライバル車のハリアーハイブリッド Gを10万円少々下まわる。またディーゼルが使う軽油は価格が安いため、燃料代はハリアーのハイブリッドと同程度と見込まれる。


【見どころ】直列6気筒3.3ℓディーゼルを搭載
 ディーゼルの燃焼を綿密に制御するため、3.3ℓの排気量が必要になり、直列6気筒を採用した。とても個性的なエンジンだ。


【見どころ】後輪駆動によるスマートな外観
 直列6気筒エンジンの搭載に伴って、後輪駆動を採用した。そのために前輪の位置が前側へ寄り、外観もスマートに仕上がった。

こんな記事も読まれています

トヨタは9kgの重量増と出力微減。WEC開幕戦カタールのハイパーカーBoPが決定
トヨタは9kgの重量増と出力微減。WEC開幕戦カタールのハイパーカーBoPが決定
AUTOSPORT web
「西知多‐名豊」の東西軸どうする? ルート案は3つ! 動き出した「名古屋三河道路」計画
「西知多‐名豊」の東西軸どうする? ルート案は3つ! 動き出した「名古屋三河道路」計画
乗りものニュース
超“丸目レトロ”の新「“スポーティ”ハッチバック」初公開! “近年の車”とは思えない「クラシックデザイン」がカッコイイ! お値段は170万円の「クラシック ポロ」にカスタムモデル登場
超“丸目レトロ”の新「“スポーティ”ハッチバック」初公開! “近年の車”とは思えない「クラシックデザイン」がカッコイイ! お値段は170万円の「クラシック ポロ」にカスタムモデル登場
くるまのニュース
Uber Eats自律走行ロボットデリバリーサービス開始 三菱電機、Cartkenと業務提携
Uber Eats自律走行ロボットデリバリーサービス開始 三菱電機、Cartkenと業務提携
バイクのニュース
今や2000万円台!! でもR34が第二世代GT-Rで最も売れなかったってマジか!? 現役時代の不遇から復活劇がスゴい
今や2000万円台!! でもR34が第二世代GT-Rで最も売れなかったってマジか!? 現役時代の不遇から復活劇がスゴい
ベストカーWeb
イゾ「グリフォGL」が約5000万円で落札!「コルベット」のエンジンを積んだジウジアーロとビッザリーニのWネームの希少車とは
イゾ「グリフォGL」が約5000万円で落札!「コルベット」のエンジンを積んだジウジアーロとビッザリーニのWネームの希少車とは
Auto Messe Web
トヨタ bZ4X【1分で読める国産車解説/2023年版】
トヨタ bZ4X【1分で読める国産車解説/2023年版】
Webモーターマガジン
GM、アンドレッティのF1参戦申請書は「双方の能力を明確にした」と内容に満足。一方でFOMとのさらなる議論を望む
GM、アンドレッティのF1参戦申請書は「双方の能力を明確にした」と内容に満足。一方でFOMとのさらなる議論を望む
AUTOSPORT web
ドライバーとマシンの“感情”はシンクロすることも、分かれることもある。『Pepper』生みの親の東大准教授が研究成果を熱弁。今後は“推し車両”との対話も可能?
ドライバーとマシンの“感情”はシンクロすることも、分かれることもある。『Pepper』生みの親の東大准教授が研究成果を熱弁。今後は“推し車両”との対話も可能?
motorsport.com 日本版
14年ぶり大刷新! 三菱が新型「キャンター」を発表! カッコいい“新デザイン”に「フル液晶メーター」初搭載!「自動ブレーキ」や「巻き込み防止機能」も充実! 652万円から
14年ぶり大刷新! 三菱が新型「キャンター」を発表! カッコいい“新デザイン”に「フル液晶メーター」初搭載!「自動ブレーキ」や「巻き込み防止機能」も充実! 652万円から
くるまのニュース
アクティブが XSR125(24)用アクラポヴィッチ製マフラー「JMCA仕様 レーシングライン/チタン」の予約を受付中!
アクティブが XSR125(24)用アクラポヴィッチ製マフラー「JMCA仕様 レーシングライン/チタン」の予約を受付中!
バイクブロス
ルノー『5』、EVで復活へ…ジュネーブモーターショー2024で発表予定
ルノー『5』、EVで復活へ…ジュネーブモーターショー2024で発表予定
レスポンス
「新潟‐山形・仙台」の最短ルートが改善! 無料BP「梨郷道路」3月開通に反響集まる 東北中央道に接続
「新潟‐山形・仙台」の最短ルートが改善! 無料BP「梨郷道路」3月開通に反響集まる 東北中央道に接続
くるまのニュース
日産とNISMOがモータースポーツファンイベントを開催、2024年のモータースポーツ活動概要を発表
日産とNISMOがモータースポーツファンイベントを開催、2024年のモータースポーツ活動概要を発表
Webモーターマガジン
新型「5シリーズ」はBMW初の電気自動車でした。エンジンも選べるセダンのベンチマークの詳細をお伝えします
新型「5シリーズ」はBMW初の電気自動車でした。エンジンも選べるセダンのベンチマークの詳細をお伝えします
Auto Messe Web
新型「2人乗りスポーツカー」実車展示! 25年年初に“1000万円弱”で発売!? 全長4.1m&400馬力超えの「SC-01」が凄すぎる
新型「2人乗りスポーツカー」実車展示! 25年年初に“1000万円弱”で発売!? 全長4.1m&400馬力超えの「SC-01」が凄すぎる
くるまのニュース
【ホンダ】大阪・東京・名古屋モーターサイクルショー2024の出展概要を発表
【ホンダ】大阪・東京・名古屋モーターサイクルショー2024の出展概要を発表
バイクブロス
ホンダが新型車「NX400」を4/18に発売! 400Xからモデルチェンジでトラコン、TFTメーター、スマホ連動も
ホンダが新型車「NX400」を4/18に発売! 400Xからモデルチェンジでトラコン、TFTメーター、スマホ連動も
WEBヤングマシン

みんなのコメント

77件
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

371.8620.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

39.8685.3万円

中古車を検索
ハリアーハイブリッドの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

371.8620.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

39.8685.3万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村