サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > えっ、日本のOEM車はこんなにも増殖していた!

ここから本文です

 基本的に同じ車両をメーカーのエンブレムに変えるとともに細部も変更して、別のメーカーへと供給するOEM車。

 例えば、ダイハツ「ブーン」のトヨタブランドOEM車が「パッソ」、スズキ「ワゴンR」のマツダブランドOEM車が「フレア」である。

こ、こんなに大人気とは… ミツオカ初のSUV「バディ」アクセス殺到の勝因とは?

 現代のクルマは、開発に必要な人員や設備、パーツなどといった開発費用が膨大になっている。そういったこともあり、このOEM供給によって誕生したクルマが近年は増加傾向にある。現在、OEM車はどんな車種があって、どのメーカーからどのメーカーに供給しているのかがわからないほどだ。

おすすめのニュース

サイトトップへ