サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 「初代シティ」「ワンダーシビック」「バラスポCR-X」! ホンダ車が「キラキラ」だった黄金時代を振り返る

ここから本文です

大ヒットを飛ばしたホンダ車を振り返る

 キラキラネームならぬ、ホンダ車がキラキラだった時代。コトバの用法に無理があるのはお許しいただくとして、要するにどのメーカーにも振り返ったときに勢いがあり、いかにも脂の乗ったクルマばかりがズラッと揃う“黄金期”が必ずあり、ホンダの市販車にもそういう時代があった……ということである。

まさに「走るラブホ」だった「S-MX」! メーカー自ら「恋愛仕様」と謳う「究極の車中泊カー」だった

 時代でいうと1980年代。この時代のホンダ車は、出てくるクルマ出てくるクルマがどれも斬新で、ハッとさせられた。

おすすめのニュース

サイトトップへ