サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 見覚えのあるクルマなのに何かが違う! 超マニアックOEM車のディープ過ぎる世界

ここから本文です
 自動車業界でよく耳にする「OEM」という言葉。これは協力関係にある他メーカーの車種を自社ブランドで販売する際に使われるもので、例えばダイハツの軽自動車をトヨタが自社ブランドで販売したり、マツダがトヨタの商用車を自社ブランドで販売したりすることだ。このOEM車は多くの場合、自社で一から開発するほどでないが、ラインナップからなくなっては困るという車種が選ばれることが多い。

 前述のケースで言うと、商用車の企画・製造から撤退したマツダが、それまで抱えていた商用車ユーザーの他メーカーへの流出を防ぐために、トヨタからプロボックスやハイエースのOEM供給を受けている、といった感じである。

おすすめのニュース

サイトトップへ