現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > トヨタ新型「斬新SUV」公開! 全長4.8m超&「真一文字ライト」採用の新型「FT-3e」欧州で“再”登場! 26年までの商品計画を明らかに

ここから本文です

トヨタ新型「斬新SUV」公開! 全長4.8m超&「真一文字ライト」採用の新型「FT-3e」欧州で“再”登場! 26年までの商品計画を明らかに

掲載 9
トヨタ新型「斬新SUV」公開! 全長4.8m超&「真一文字ライト」採用の新型「FT-3e」欧州で“再”登場! 26年までの商品計画を明らかに

■JMSで世界初公開の「FT-3e」 欧州で再登場

 トヨタ欧州法人は2023年12月4日、ベルギー・ブリュッセルで開催された「Kenshiki(見識)フォーラム」において、欧州におけるゼロエミッション達成に向けた商品計画について明らかにしました。
 
 フォーラムでは、欧州初となる「FT-3e」のプレゼンテーションが行われています。

【画像】めちゃカッコイイ! 新型「FT-3e」を画像で見る(52枚)

 トヨタは2026年までに、欧州市場において6車種のBEV(バッテリー電気自動車)を投入する予定を明かしました。

 このうち4車種は、すでに発売されている「bZ4X」と2022年の技術イベントで発表された「コンパクトSUVコンセプト」で、さらに今回、「アーバンSUVコンセプト」と「スポーツクロスオーバーコンセプト」の投入を発表しました。

 アーバンSUVコンセプトは「ヤリス クロス」と同等のセグメントに位置するといい、欧州における最大のBEV市場と予想される、重要な位置付けとなっています。

 一方のスポーツクロスオーバーコンセプトはファストバックタイプのスタイリングで、デザインを重視したモデルとなるようです。

 また、2023年10月に開催された「ジャパンモビリティショー」において世界初公開されたFT-3eも登場しました。

 FT-3eは、同時にお披露目となったEVスポーツカー「FT-Se」とコンポーネントを共通する4ドアSUVで、ボディサイズは全長4860mm×全幅1955mm×全高1595mm、ホイールベースは3000mm。

 大きな前後フェンダーの盛り上がりや、ブラックのフェンダーアーチモールなどが力強い堅牢さを表現。近年のトヨタ新型車のトレンドであるハンマーヘッドモチーフのヘッドライトや、真一文字のテールランプも採用されています。

 その一方で、bZ4Xや2代目「C-HR」などとも共通性を感じさせるデザインも随所に採用されるなど、市販を前提としていると思わせる完成度の高いものとなっています。

 コンセプトモデルのため、インテリアやパワートレインなどの詳細情報は明かされていませんが、BEVモデルの課題となっていた重量の最小化、空力性能の最大化、コストなど、将来に向けた技術を包括したスタディモデルだといいます。

 加えて、コネクテッドサービスにより社会とつながることで、モビリティ以上にどのようなものをユーザーに対して提供できるかを検討しているといい、次世代の乗り物としてのあり方を示唆するモデルとなっています。

 また、フォーラムでは2026年以降の導入に向けて開発しているという全固体電池についても言及し、10分で10~80%の充電を目指し、数万台規模の生産能力で2027年~2028年に実用化することを明言しました。

こんな記事も読まれています

au TOM’S圧倒の開幕戦。GRスープラ表彰台独占を新車シビックが奪い返す【第1戦GT500決勝レポート】
au TOM’S圧倒の開幕戦。GRスープラ表彰台独占を新車シビックが奪い返す【第1戦GT500決勝レポート】
AUTOSPORT web
2024年版 カッコよくて実用的なステーションワゴン 10選 多用途に使える「合理的」な1台
2024年版 カッコよくて実用的なステーションワゴン 10選 多用途に使える「合理的」な1台
AUTOCAR JAPAN
【正式結果】2024年スーパーGT第1戦岡山 決勝
【正式結果】2024年スーパーGT第1戦岡山 決勝
AUTOSPORT web
後輪駆動から四輪駆動へ進化 ポルシェ911 ターボ 930から993まで 4世代を比較(2)
後輪駆動から四輪駆動へ進化 ポルシェ911 ターボ 930から993まで 4世代を比較(2)
AUTOCAR JAPAN
止まらない「空冷ターボ」の高騰! ポルシェ911 930から993まで 4世代を比較(1)
止まらない「空冷ターボ」の高騰! ポルシェ911 930から993まで 4世代を比較(1)
AUTOCAR JAPAN
衝撃デザインの新型「コンパクトSUV」世界初公開! トヨタ「ヤリスクロス」級のボディに“最新ハイブリッド”搭載! 斬新すぎる「超スポーティSUV」ミラノ登場
衝撃デザインの新型「コンパクトSUV」世界初公開! トヨタ「ヤリスクロス」級のボディに“最新ハイブリッド”搭載! 斬新すぎる「超スポーティSUV」ミラノ登場
くるまのニュース
イラストレーター「わたせせいぞう」が描いてきた昭和~令和という時代、対象はクルマから鉄道へ その魅力とは
イラストレーター「わたせせいぞう」が描いてきた昭和~令和という時代、対象はクルマから鉄道へ その魅力とは
Merkmal
1980年代バイクブームを加速させた懐かしの250ccモデル3選
1980年代バイクブームを加速させた懐かしの250ccモデル3選
GQ JAPAN
阪神高速4号湾岸線「10日間通行止め」 16日から一部区間で改修工事 関空方面「激しい渋滞」に注意
阪神高速4号湾岸線「10日間通行止め」 16日から一部区間で改修工事 関空方面「激しい渋滞」に注意
乗りものニュース
圧倒的な存在感!ベントレーから史上最高にダークでエッジの効いたSUV「ベンテイガSブラック エディション」が登場
圧倒的な存在感!ベントレーから史上最高にダークでエッジの効いたSUV「ベンテイガSブラック エディション」が登場
@DIME
メルセデス・ベンツならではの1台──新型CLEクーペ試乗記
メルセデス・ベンツならではの1台──新型CLEクーペ試乗記
GQ JAPAN
0-100km/h加速は3.0秒、最高速度は330km/h!マクラーレンが次世代スーパーカー「アルトゥーラ スパイダー」を公開
0-100km/h加速は3.0秒、最高速度は330km/h!マクラーレンが次世代スーパーカー「アルトゥーラ スパイダー」を公開
@DIME
「排気量それしかないの!?」大きいのに小さなエンジン搭載車、なぜ増えた? 税金安くてエコ、とも限らない?
「排気量それしかないの!?」大きいのに小さなエンジン搭載車、なぜ増えた? 税金安くてエコ、とも限らない?
乗りものニュース
新型「爆速“スポーティ”セダン」実車公開! 斬新シフト&超美麗ボディ採用! 580馬力超えの「ギセラ」米に登場
新型「爆速“スポーティ”セダン」実車公開! 斬新シフト&超美麗ボディ採用! 580馬力超えの「ギセラ」米に登場
くるまのニュース
【2024年版】トヨタ ヤリスクロス VS スバル クロストレックを徹底比較
【2024年版】トヨタ ヤリスクロス VS スバル クロストレックを徹底比較
グーネット
アコードにはホンダの最新技術とセダンならではの魅力が詰まっている【石井昌道】
アコードにはホンダの最新技術とセダンならではの魅力が詰まっている【石井昌道】
グーネット
ドイツからやってきた新星クルッテンがスーパーGTデビュー戦いきなりの3位表彰台。相方の荒聖治も驚き「見事な適応力。21歳とは思えない」
ドイツからやってきた新星クルッテンがスーパーGTデビュー戦いきなりの3位表彰台。相方の荒聖治も驚き「見事な適応力。21歳とは思えない」
motorsport.com 日本版
[サウンド制御術・実践講座]クロスオーバー…フロント2ウェイにてこれが設定されるのはなぜ?
[サウンド制御術・実践講座]クロスオーバー…フロント2ウェイにてこれが設定されるのはなぜ?
レスポンス

みんなのコメント

9件
  • ザ・ファイナル・タカヒロ
    えっちょっと待って
    これもしかしてハリアーみたいにウインカーは下に小さく付けるとかじゃないだろうな
  • oab********
    やっぱ、真一文字はポルシェがカッコいい。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村