サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > いま価格高騰しまくりの王道名車がズラリ! 50代の「青春時代」を彩ったスポーツカー4選

ここから本文です

いま価格高騰しまくりの王道名車がズラリ! 50代の「青春時代」を彩ったスポーツカー4選

 腕を磨いたクルマや憧れを現実にできたモデルも存在!

 いま50代の人というと、小中学生のころにスーパーカーブームがあり、運転免許を取得した時期には「走り屋ブーム」があり、そしてドリフトムーブメントにつながっていくといったドライバー青春時代を過ごしている。そのころ、日本経済はバブル絶頂期で、のちに「国産ビンテージイヤー(当たり年)」と呼ばれる1989年を20代で迎えている世代だ。

走り屋たちが恐怖した! 手に汗握るジャジャ馬スポーツカー4選

 それゆえ国産スポーツカーの選択肢は豊富だった。ここでは1985年~1990年までの期間に絞り、4台を選ぶにとどめたが「なんで、あのクルマが入っていないんだ」という声が聞こえてくる。先に言ってしまうと、日産シルビア、トヨタMR2、アンフィニRX-7、ホンダ・ビート、スズキ・カプチーノ……もちろん、トヨタ・スープラや日産フェアレディZなどピックアップしたいクルマはたくさんある。そんなスポーツカー天国だったバブル期を代表する4台のモデルはこちらだ。

 1)トヨタ・カローラレビン/スプリンタートレノ(1983年)

 まずは、現在50代のドライバーが憧れたというよりも、実際に腕を磨いたモデルから紹介しよう。おそらく国産車でもっとも車両型式が知られているモデル、そう「AE86」ことトヨタ・カローラレビン/スプリンタートレノだ。そのデビューは1983年、1.6リッターDOHC4気筒「4A-G」型エンジンはピークパワーこそ130馬力と突出しているものではないが、カローラがFF化するなかで、スポーツクーペのレビンとトレノだけはFRレイアウトを守ったことで伝説となった。

 後輪サスペンションにしても5リンクリジッドと古典的なものだったが、それがかえってドリフトのしやすさにつながり多くのドライバーを育ててきた。いまでこそコミックやアニメの影響で中古車は高価になっているが、この当時は新車価格でも150万円程度、中古であれば手ごろに手に入る最高の練習マシンとしてスポーツドライビングの入口となったのだ。

 2)日産スカイラインGT-R(1989年)

 1989年を国産ビンテージイヤーと呼ぶ理由のひとつは、このクルマが誕生したからとさえいえる。それが日産スカイラインGT-Rだ。こちらもBNR32という車両型式で知られているが、とにかくスカイラインに「GT-R」というグレードが帰ってきたことが話題となった。しかも心臓部はグループA期待のレギュレーションに合致させるための2.6リッター直列6気筒ツインターボで、駆動方式は「アテーサE-TS」というトルクスプリット型4WD。はっきりレースで勝てるメカニズムとなっていた。

 新車価格は約450万円、当時としては高価だったことに間違いないが、20代の若者でもこれだけの高額ローンが組めるのも、またバブル経済の恩恵だった。けっしてラクに買えたわけではないが、憧れを現実にするヤングドライバーもけっして少なくはなかった。

 バブル期でも簡単に手が出せなかった憧れのスーパーカーも!

 3)ユーノス・ロードスター(1989年)

 日本では「ユーノス」ブランドで発売されたのがマツダの初代ロードスター。オープンボディに120馬力の1.6リッターエンジンを組み合わせたFRのライトウエイトスポーツカーだ。スペック的には、同じテンロクエンジンのライバルと目されたレビン/トレノやホンダ・シビックなどに見劣りするものであったが、ユーノス・ロードスターの魅力は「人馬一体」を感じることのできる素直すぎるハンドリングにあった。

 170万円という新車時価格は憧れというほど高価ではなかったが、2シーターであること、積載能力で不利なことなどから、デビュー当初は、ハッチバック系モデルを買うようなゴリゴリの走り系ユーザーとは異なる、もっとスマートなオーナー層が手を出していた印象がある。

 4)ホンダNSX(1990年)

 最後に紹介するのはホンダNSXだ。ホンダのオールアルミボディのミッドシップスポーツカーは、まさしくホンダF1活動の全盛期といえる第2期活動の真っ最中、1990年にデビューした。当初積まれたエンジンはC30A型3.0リッターV6 DOHCで、そのヘッドにはVTEC機構が組み込まれていた。ゴルフバッグ2個が積載できるトランクを有していることから硬派なスポーツカー派からは軟弱なコンセプトと批判されることもあったが、テールを伸ばしたのは高速安定性を高めるためであって、トランクを設けることができたのは副次的なものだったというエピソードもある。

 いずれにしても「エブリデイ・スーパーカー」というコンセプトは、この当時では新しいものであり、それを世界中のスポーツカーメーカーが追いかけたことは間違いない。デビュー当時の価格は約860万円。バブル期といってもおいそれと手の出せない価格であり、このころのヤングドライバーにとっては、本当に憧れのモデルだった。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します