現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 費用対効果はCセグHB最強!! カローラスポーツがクラストップで居続ける理由とその実力

ここから本文です

費用対効果はCセグHB最強!! カローラスポーツがクラストップで居続ける理由とその実力

掲載 更新 86
費用対効果はCセグHB最強!! カローラスポーツがクラストップで居続ける理由とその実力

 カローラスポーツがデビューしたのは2018年。

 その後もCセグハッチバックではマツダ3スポーツバックやVWゴルフ8、新型シビックといったニューモデルが登場しているが、そんななかでカローラスポーツは今でもこのクラスでは最も費用対効果、いわゆるコスパに優れた一台といえる存在だ。

世界の激戦市場!! 買い得感抜群 カローラスポーツ購入ガイド ライバル、値引き

 そして、そのコスパのよさは登場から2年以上が経過する現在もカローラスポーツがCセグハッチバックではベストセラーで居続けている大きな要因になっているといえるだろう。

 そんなカローラスポーツの人気の理由を考察していきたい。

文/諸星陽一
写真/べストカー編集部

【画像ギャラリー】カローラスポーツと人気のCセグハッチバックのクルマを写真でチェック!!

■Cセグハッチバックは世界のスタンダードでクルマ好きにも人気

 世界的に販売を伸ばしているのはSUVでその世界シェアは35%にもなります。一方、日本では販売される新車の約40%が軽自動車という状況です。

 こうした状況でありながらも、クルマ好きと言われる人たちの心をつかんでいるのがハッチバックモデルです。なかでもCセグハッチと呼ばれるジャンルは、多くのクルマ好きの支持を受けています。

 CセグハッチというのはCセグメントのハッチバックという意味です。セグメントというのはクルマの大きさを区分するもので、Cセグメント車はVWゴルフ、ルノー メガーヌ、トヨタ カローラなどが属します。

 以前はハッチバックというと3ドアと5ドアが混在していましたが、現在は5ドアハッチバックが主流となっています。Cセグメントは比較的コンパクトで使いやすいサイズ(とはいえ日本では3ナンバーサイズになり、一部では使いにくい状況もあります)です。

 ハッチバックはセダンやSUVに比べてスタイリッシュなスタイリングが可能で、使いやすいサイズとスタイリングのよさが融合し、パーソナルカーとして必要な要素が揃っているというわけです。

■カローラスポーツの価格とスペック

2018年にデビューしたトヨタ カローラスポーツ。全幅1790mmの3ナンバー化で運動性能をアップ、元気のいい1.2Lターボモデルも用意する

 数あるCセグハッチのなかでも、圧倒的な人気となっているのがカローラスポーツです。この人気の秘密はどこにあるのでしょうか? まず、トヨタ車であること。ディーラー網の充実さや品質の高さはもちろんですが、さまざまな部分で多くの魅力を放っています。

 装備とスペック、価格をチェックしてみましょう。

 まずプリクラッシュセーフティ(いわゆる自動ブレーキなど)はしっかり標準装備となっています。現代のクルマを新車で買おうとした際、この装備がないのはNGです。まあ、Cセグになればこの装備は当たり前のように装備されるでしょう。

 用意されるパワーユニットは1.8L+モーターのハイブリッドと、1.2Lガソリン4気筒ターボの2種です。1.2Lターボ車のトランスミッションはCVTが組み合わされますが、さらに6MTも用意されるところが特徴的。

パワーユニットは、1.8Lアトキンソンサイクル直列4気筒エンジン+モーターのハイブリッドシステム THSIIと、1.2L直列4気筒DOHC直噴ターボを用意する

 最近のクルマでMTモデルが用意されているだけでも意味があるといえます。例えば「MTないからCVTにしたんだよ」というのと、「MT乗りたかったからMTで考えていたのだけど、家族も乗るからCVTにしたんだよ」では、ずいぶんニュアンスも異なります。

 プリクラッシュセーフティとともに今どきのクルマとして絶対に欲しい装備が、追従機能付のACC。カローラスポーツはCVTならば追従機能付のACC、MT車は速度コントロール式のACCとなります。

 カローラスポーツの価格帯はFFの1.2Lターボが216.92万~256.6万円、FFのハイブリッドが248.8万~284.1万円。4WDは1.2Lターボモデルのみで240万~276.4万円までとなっています。

カローラスポーツ 2018年6月登場 価格216万9200~284万1000円。FFの1.2Lターボが216万9200~256万6000万円、FFのハイブリッドが248万8000~284万1000円

 カローラの1.2Lターボが200万円超えと思う方もいると思いますが、今や軽ワゴンでも200万円超えのモデルが存在する時代です。1.2Lの排気量とはいえ、4気筒直噴ターボということを考慮すれば十分以上にコストパフォーマンスを感じます。

 しかもこの直噴ターボの指定燃料はレギュラーガソリンとなります。

■同クラスのマツダ3ファストバックや新型シビックは?

マツダ3 ファストバック 1.8XD Lパッケージ。エンジンもさることながら、このクルマの魅力は何といってもファストバックの流麗なデザイン

 さて、パワートレインが特徴的でMTも用意されるCセグハッチといえば、マツダ3があげられます。

 マツダ3は1.5Lガソリン、2.0Lガソリン、1.8Lディーゼルターボに加えて、スカイアクティブXの名前を使うSPCCI(Spark Controlled Compression Ignition:火花点火制御圧縮着火)方式の2.0Lガソリンにモーターを組み合わせたパワーユニットを用意しています。

 スカイアクティブXはたしかに先進さを感じることができるユニットですが、既存のガソリンエンジンとのフィーリング差が小さいのが難点。ロータリーエンジンはまったく違う世界を感じさせてくれましたが、スカイアクティブXはガソリンエンジンの1つのバージョンというイメージです。

 クルマもパワーユニットも魅力にあふれるのですが、スカイアクティブXを選ぶと価格は約320万円~となってしまううえに指定燃料がプレミアムで、コストパフォーマンスという面はかなり厳しいのが現実です。

 6月にワールドプレミア、8月に日本で発表、9月から国内で販売が始まる新型シビックもCセグハッチバックの主要モデルといえます。

先代より洗練度を増した新型『爽快シビック』。5ドアセダンは廃止され5ドアハッチバックのみとなった。2021年8月5日に発表され、9月3日(金)に発売される

 11代目となる新型シビックは、1.5LのVTECターボを搭載。CVTおよび6MTが用意されます。このシビックの価格はベーシックモデルのLXが319万円、EXが353.98万円と300万円オーバーとなります。

■伝家の宝刀「シンメトリカルAWD」のインプレッサスポーツ

インプレッサスポーツの骨格は、FFでも水平対向エンジンを縦置き配置することで左右シンメトリカルな重量配分を容易に実現できることがメリット

 価格でカローラスポーツに太刀打ちできるのがスバルのインプレッサスポーツです。インプレッサスポーツは1.6Lと2.0L、そして2.0L +モーターとなるマイルドハイブリッドの3種のパワーユニットを有しています。

 スバルといえばシンメトリカルAWDと呼ばれる4WDが有名ですが、どのパワーユニットを選んでも4WDはチョイスできます。逆にマイルドハイブリッドは4WDのみでFFはありません。

 価格帯はベーシックモデルが200.2万円、トップエンドのSTIスポーツの4WDが292.6万なので、価格的にはほぼバッティングします。装備面での格差はコネクティッドの部分程度ですが、インプレッサは2016年デビューとデビュー後に月日が経っていること、スタリングがハッチバックよりもワゴンに近いことなどがあげられます。

■輸入車とかつてのライバル日産のCセグハッチはどうだ?

 輸入車に目を向けるとVWゴルフ、アウディA3スポーツバックやルノー・メガーヌ、プジョー308などがCセグハッチとして注目されるモデルです。

新型ゴルフ8は直列3気筒 1Lターボ DLA型エンジンを搭載。48Vマイルドハイブリッドにより低速トルク補助、静粛性、低燃費を実現

 価格を見ていくとVWゴルフが291.6万円~、アウディA3スポーツバックは310万円~、ルノー メガーヌが346.2万円~、プジョー308が296.7万円~とどの車種もベーシックグレードの価格がカローラスポーツのトップエンドの価格より高い設定。

 ここから、装備を加えていくとどんどん価格はアップする。例えばアウディA3などは、標準ボディ色はアイビスホワイトのみで、ほかのボディカラーはすべてのグレードでプラス7万円のオプション。

 こうやって各車種を比べて見るとカローラスポーツというか、トヨタの底力を感じさせる内容となった。

 残念なのは、ここに日産が登場しないこと。かつて、トヨタのライバルとしては必ず日産が、日産のライバルにはトヨタがいた。一部のジャンルではライバル関係があるが、一部のジャンルではそれがなくなってしまった。

 しっかりとライバル関係で競ってこそいいクルマは生まれてくる。日産のCセグハッチへの参入に期待したい。

【画像ギャラリー】カローラスポーツと人気のCセグハッチバックのクルマを写真でチェック!!

こんな記事も読まれています

「引っ越し」の後に必要な「クルマの手続き」何がある? 意外と面倒…でも放置すると「罰金」の可能性も!
「引っ越し」の後に必要な「クルマの手続き」何がある? 意外と面倒…でも放置すると「罰金」の可能性も!
くるまのニュース
【ポイントランキング】2024年FIA F2第4戦イモラ レース1終了時点
【ポイントランキング】2024年FIA F2第4戦イモラ レース1終了時点
AUTOSPORT web
セリカ ランエボ ブルーバード アバルト…… MT車歴60年超の評論家が回顧する 心踊ったMT車たち
セリカ ランエボ ブルーバード アバルト…… MT車歴60年超の評論家が回顧する 心踊ったMT車たち
ベストカーWeb
走行2万キロのホンダ「N360」を発見! 内外装新車当時の奇跡の個体を33年間キープし続けてきたオーナーの目標は「後世に残すこと」
走行2万キロのホンダ「N360」を発見! 内外装新車当時の奇跡の個体を33年間キープし続けてきたオーナーの目標は「後世に残すこと」
Auto Messe Web
レッドブル&HRC密着:初日から改善を実感も不安が残った予選。苦戦の末のポール獲得は「本当に格別」とフェルスタッペン
レッドブル&HRC密着:初日から改善を実感も不安が残った予選。苦戦の末のポール獲得は「本当に格別」とフェルスタッペン
AUTOSPORT web
角張ったルックスを備えた新型ハイブリッドクロスオーバー「ルノー シンビオズ」登場!
角張ったルックスを備えた新型ハイブリッドクロスオーバー「ルノー シンビオズ」登場!
AutoBild Japan
ベントレー・コンチネンタルGTアズール 日本向け10台「ラスト・オブ・ライン・コレクション」
ベントレー・コンチネンタルGTアズール 日本向け10台「ラスト・オブ・ライン・コレクション」
AUTOCAR JAPAN
デイトナのアウトドア用品「マエヒロシェルター/マエヒロドーム デュオ」の一般販売がスタート!
デイトナのアウトドア用品「マエヒロシェルター/マエヒロドーム デュオ」の一般販売がスタート!
バイクブロス
アルボン、ホイールゆるゆるピットアウトで終戦。復帰後は「色々ブレーキで試していた」|F1エミリア・ロマーニャGP
アルボン、ホイールゆるゆるピットアウトで終戦。復帰後は「色々ブレーキで試していた」|F1エミリア・ロマーニャGP
motorsport.com 日本版
BlackishGear のワンポールテント「BLACK TIPI V2/ブラックティピーV2」が Makuake に登場!
BlackishGear のワンポールテント「BLACK TIPI V2/ブラックティピーV2」が Makuake に登場!
バイクブロス
ベントレー史上最強の782馬力、『コンチネンタルGT』新型は6月発表へ
ベントレー史上最強の782馬力、『コンチネンタルGT』新型は6月発表へ
レスポンス
琢磨がインディ500予選で魅せた。すべてを出し切る鬼神の走りで上位進出「もうホントにギリギリ」
琢磨がインディ500予選で魅せた。すべてを出し切る鬼神の走りで上位進出「もうホントにギリギリ」
AUTOSPORT web
全日本スーパーフォーミュラ・ライツ選手権第5戦オートポリスは小出峻が逃げ切り今季初優勝
全日本スーパーフォーミュラ・ライツ選手権第5戦オートポリスは小出峻が逃げ切り今季初優勝
AUTOSPORT web
ホンダ新型「フリード」実車展示に来場者殺到! “乗車体験”に長蛇の列!? 「カッコいい」「大ヒットの予感」早くも話題に!
ホンダ新型「フリード」実車展示に来場者殺到! “乗車体験”に長蛇の列!? 「カッコいい」「大ヒットの予感」早くも話題に!
くるまのニュース
スタイリッシュなブラックアクセントのNEW「クラウン」! トヨタが米国市場で追加するナイトエディションを公開
スタイリッシュなブラックアクセントのNEW「クラウン」! トヨタが米国市場で追加するナイトエディションを公開
バイクのニュース
強風の日曜フリー走行で2台がクラッシュ。最速は岩佐歩夢、小林可夢偉が続く/SF第2戦
強風の日曜フリー走行で2台がクラッシュ。最速は岩佐歩夢、小林可夢偉が続く/SF第2戦
AUTOSPORT web
「Zの柳田」も認めた!! 10年前に超超ジュラルミン鍛造ホイールって奇跡じゃね?[カー用品フラッシュバック・2013年の話題]
「Zの柳田」も認めた!! 10年前に超超ジュラルミン鍛造ホイールって奇跡じゃね?[カー用品フラッシュバック・2013年の話題]
ベストカーWeb
ランボルギーニ「ウラカン」が登場から10年! V10自然吸気エンジンにこだわって進化した歴代モデルを8台を紹介します
ランボルギーニ「ウラカン」が登場から10年! V10自然吸気エンジンにこだわって進化した歴代モデルを8台を紹介します
Auto Messe Web

みんなのコメント

86件
  • 優れた一台であることは間違いない。
    あとはデザインが好きか嫌いか…
    良くも悪くも歴代のカローラよりも個性的だから。
    俺はフロントのデザインはもう少しマイルドな方が良いと思うけどリヤのデザインは好き。
  • 今までのカローラのしがらみから脱却し、3ナンバーサイズになってカローラシリーズはカッコ良くなったもん‼️ 特にカローラスポーツのリア回りの大胆なデザインはけっこう好き。
    従来の5ナンバーだと枠内ギリギリに納めようと無理なボディ形状になってしまって地味なデザインになってしまったから。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

221.0272.8万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

92.8395.6万円

中古車を検索
カローラスポーツの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

221.0272.8万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

92.8395.6万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村