現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > メルセデス・ベンツ「W124」が見事な純ベタスタイル! 見たことないホイールの正体とは…

ここから本文です

メルセデス・ベンツ「W124」が見事な純ベタスタイル! 見たことないホイールの正体とは…

掲載 22
メルセデス・ベンツ「W124」が見事な純ベタスタイル! 見たことないホイールの正体とは…

ひときわ目立っていたグリーンボディのW124

2023年11月5日にアイメッセ山梨で足まわりに特化したイベント「FIXWELL」が開催され、日本全国からスタンス自慢の車両が集まった。今回は会場でひときわ目立っていた、ちょっと古いメルセデス・ベンツのワゴンを紹介しよう。

【最強のハコ車】メルセデス・ベンツ「190E 2.5 16 Evo.II DTM」のホンモノが富士を走った! DTM時代のアイドルとは?

ストック外装のままベッタリ着地のギャップが魅力

めいっぱい車高を下げたちょっと古いメルセデス・ベンツのワゴンを発見。以前は日産S13系「シルビア 」に乗っていたというオーナーのミツミヤさんが、2022年に入手した車両だ。前オーナーが外装のオールペイントや内装の張替えなどのレストア作業を行っていたようで、非常に状態の良い個体だ。そこでこのボディは極力ストックのままとし、車高のみをめいっぱい下げる通称「純ベタ」と呼ばれるスタイルを目指して製作された1台だ。

ベースとなったのは1991年式の「320TE」で、すでに30年が経過しているだけでなく、購入時の走行距離も28万kmという本格的なクラシックカーだ。通常こういったイベントは比較的新しい車種をベースとすることが多く、30年前のメルセデス・ベンツは会場でもひときわ目立っていた。

リアゲートのエンブレムなどは外しているものの、基本的には純正のスタイルそのままをキープ。純正グリーンツートーンのボディも一度リペイントされているそうで、驚くほどキレイな状態だ。そんなボディはそのままにエアサスを装着してマフラー着地を実現しているのだ。そして見たこともないホイールも多くの人が気になっていたようだ。

クラシックカーとスラムドカスタム、そしてファミリーカーの1台3役を楽しむことができる1台となっていた。

純正ホイールキャップを加工して17インチアルミに合体

足まわりはROAMAIR社製のエアサスをベースにストロークなどを加工をしたものを装着している。これによってストック車高から車体が地面に着地するほどの車高をスイッチ操作ひとつで調整できる仕組みだ。

さて気になるホイールだが、WORKの17インチ段付きリムのアルミホールに、純正15インチホイール用のホイールキャップを加工して装着している。ちょうど段付きリムの内側にホイールキャップがフィットしている状態だ。これによって純正のスタイルをオマージュしつつ、17インチ化しているのだ。ホイールは前後ともに17×9.5Jで、オフセットはフロント+2、リア+15をチョイスし、いずれもフェンダー内にホイールが収まるインリップスタンスとなっている。

インテリアは、純正のグリーンファブリックで張り替えられ、驚くほど状態が良い。またチャイルドシートもシート生地に似たグリーンをチョイスすることで、コーディネートしている。これほどのカスタムながら、基本的にはストックをキープした上品なインテリアが大人のカスタムを感じさせる。

ちなみに車高を上げてしまえば、ホイールと車内のエアサスコントローラー以外にカスタムを感じさせる部分はなく、普通に快適なファミリーカーである点も好感度の高いポイントだ。

こんな記事も読まれています

廃線後の代替バス3月で廃止に… 国鉄羽幌線跡の沿岸バス「羽幌古丹別線」
廃線後の代替バス3月で廃止に… 国鉄羽幌線跡の沿岸バス「羽幌古丹別線」
乗りものニュース
ホンダ新型「シティ」初公開! ド迫力「エアロ」仕様に「めちゃカッコいい」の声も! タイで発売の「“モデューロ”ハッチバック」に反響集まる
ホンダ新型「シティ」初公開! ド迫力「エアロ」仕様に「めちゃカッコいい」の声も! タイで発売の「“モデューロ”ハッチバック」に反響集まる
くるまのニュース
暖かくなっても運転には注意! 春の道路に潜む危険とは
暖かくなっても運転には注意! 春の道路に潜む危険とは
バイクのニュース
スーパーフォーミュラ鈴鹿テスト、最終セッションの最速は山下健太。岩佐歩夢とテオ・プルシェールは終盤にアタックせず
スーパーフォーミュラ鈴鹿テスト、最終セッションの最速は山下健太。岩佐歩夢とテオ・プルシェールは終盤にアタックせず
motorsport.com 日本版
【試乗】ステアリングとLSDの変更で「ロードスター」の走りが激変! レーシングドライバーに「欲しい!」と思わせるクルマが誕生した
【試乗】ステアリングとLSDの変更で「ロードスター」の走りが激変! レーシングドライバーに「欲しい!」と思わせるクルマが誕生した
WEB CARTOP
山下健太がトップタイム。移籍の福住仁嶺が続く|スーパーフォーミュラ公式合同テスト:2日目午後タイム結果
山下健太がトップタイム。移籍の福住仁嶺が続く|スーパーフォーミュラ公式合同テスト:2日目午後タイム結果
motorsport.com 日本版
【スクープ】スウェーデンの自動車ブランド「SAAB」ブランド復活の噂が!? 5人乗りの電動SUVは最大1000kmの航続距離を実現?
【スクープ】スウェーデンの自動車ブランド「SAAB」ブランド復活の噂が!? 5人乗りの電動SUVは最大1000kmの航続距離を実現?
LE VOLANT CARSMEET WEB
【スクープ】絶妙なボディサイズが魅力のコンパクト電動SUV! MINI話題の新型モデル「エースマン」を完全プレビュー!
【スクープ】絶妙なボディサイズが魅力のコンパクト電動SUV! MINI話題の新型モデル「エースマン」を完全プレビュー!
LE VOLANT CARSMEET WEB
ハイパープロのサスペンションに HAWK11/CL250用がラインナップ!
ハイパープロのサスペンションに HAWK11/CL250用がラインナップ!
バイクブロス
トランスフォームはしないけど…!?ハセガワ製プラモ「1967年型ビートル」がバンブルビーに変身!【モデルカーズ】
トランスフォームはしないけど…!?ハセガワ製プラモ「1967年型ビートル」がバンブルビーに変身!【モデルカーズ】
LE VOLANT CARSMEET WEB
ヒョンデの小型電動SUV『コナ・エレクトリック』、インドネシアモーターショー2024で現地導入を発表
ヒョンデの小型電動SUV『コナ・エレクトリック』、インドネシアモーターショー2024で現地導入を発表
レスポンス
上信道 吾妻西バイパスは3月20日に開通! 国道145号のアクセス向上に期待。
上信道 吾妻西バイパスは3月20日に開通! 国道145号のアクセス向上に期待。
くるくら
DSコレクション DS3に「感性豊かな旅の精神」を意味する「DS 3 Esprit de Voyage」を発売
DSコレクション DS3に「感性豊かな旅の精神」を意味する「DS 3 Esprit de Voyage」を発売
Auto Prove
スイス発 Speedbox 社製チタンボルトの新サイズがアクティブから発売!
スイス発 Speedbox 社製チタンボルトの新サイズがアクティブから発売!
バイクブロス
日産のアジア向けSUV『テラ』、2024年型をフィリピンで発表
日産のアジア向けSUV『テラ』、2024年型をフィリピンで発表
レスポンス
2024年スーパーGTのシリーズエントリーリストが発表。GT500、GT300計42台が参戦へ
2024年スーパーGTのシリーズエントリーリストが発表。GT500、GT300計42台が参戦へ
AUTOSPORT web
ルーキーらに雨の洗礼。赤旗3回のセッション1は、終盤タイムアップした牧野任祐が最速/鈴鹿公式合同テスト
ルーキーらに雨の洗礼。赤旗3回のセッション1は、終盤タイムアップした牧野任祐が最速/鈴鹿公式合同テスト
AUTOSPORT web
ステランティスジャパン、DS3の特別仕様車「エスプリ・ド・ヴォヤージュ」発売
ステランティスジャパン、DS3の特別仕様車「エスプリ・ド・ヴォヤージュ」発売
日刊自動車新聞

みんなのコメント

22件
  • yam********
    本文には関係ないが画面上に出てくるポップアップの広告がウザい。
    消そうとしてもページにある飛ばされるって腹が立つ。
  • 例やふうたろう
    年齢重ねると純正が一番いいと思えるように
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

162.5236.2万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

6.9270.0万円

中古車を検索
フィットの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

162.5236.2万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

6.9270.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村