現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 幻の…V37スカイラインクーペ!! 400Rの実績があれば日本でもいけるぞ!! 美しきインフィニティQ60の姿と実力

ここから本文です

幻の…V37スカイラインクーペ!! 400Rの実績があれば日本でもいけるぞ!! 美しきインフィニティQ60の姿と実力

掲載 7
幻の…V37スカイラインクーペ!! 400Rの実績があれば日本でもいけるぞ!! 美しきインフィニティQ60の姿と実力

 現在日本で販売されている日産「スカイライン(V37型)」は、セダンのみのラインアップだが、かつてのスカイラインには、クーペも存在した。セダンよりも全高は低く、流麗なルーフラインが美しいクーペだが、実は現行モデルにもクーペのボディスタイルは存在する。インフィニティ「Q60」だ。

文:立花義人、エムスリープロダクション
写真:INFINITI

幻の…V37スカイラインクーペ!! 400Rの実績があれば日本でもいけるぞ!! 美しきインフィニティQ60の姿と実力

現行スカイラインは、北米がメインターゲット

 アスリートのような塊感のあるフォルムや、メリハリのあるフェンダー、ボンネット、サイドビューなど大胆で動きのあるスタイリングが魅力的な現行V37 型スカイライン。いかにも、北米で好まれそうなデザインをもち、日本での発表(2013年11月)よりも前に「インフィニティQ50」として北米で発表(2013年9月)となっていることを考えれば、現行モデルは、北米をメインターゲットとして開発されていることがわかる。

現行型のインフィニティQ60。クーペならではのスタイリングが楽しめる

 その後2019年のビッグマイナーチェンジによってVモーショングリルや日産バッジへの変更(もともとインフィニティエンブレムが装着されていた)がなされ、プロパイロット2.0の搭載などテクノロジー面でも話題となったが、もともとのデザインを考えると、インフィニティの流れを汲んでいた頃のほうが自然だったようにも感じる。

現行型のスカイラインNISMO。現在は日産のデザイン言語に合わせてVモーショングリルや日産バッジが装着される

[usedcar-search brand_cd="1015" body_cd="1" car_cd="10151010" keyword="スカイライン" limit=30]

大人のGTクーペにふさわしい上品な仕上がり

 冒頭でも触れたように、先代モデル(V36型)や先々代(V35型)などには、日本向けにもクーペモデルがあった。クーペならではの流麗なスタイルによる迫力と存在感はなかなかのものであり、凝った造形のV37にもクーペがあったらいいのに、と考えている人は少なくないだろう。

 ただ、北米では「インフィニティQ60」として、いまも販売されている。2016年の北米国際自動車ショーで初公開されたQ60は、フロントの表情や全体的なスタイリングはQ50に準じているが、ボリューム感たっぷりなリアフェンダー周りの造形がただならぬ雰囲気をまとわせており、小ぶりなリアコンビネーションランプと相まって、大人のGTクーペにふさわしい上品な仕上がりとなっている。

 デビュー当時に搭載されたエンジンラインアップは3種類。155kW(211ps)の最高出力を誇る2.0L 直4ガソリンターボと、224kW(304ps)と298kW(405ps)という出力の異なる2種類の3.0L V6ガソリンツインターボだ。トランスミッションはすべて7速AT。現在は、2.0Lターボエンジンは現在ラインアップになく、3.0Lのみとなっている。

セダンとは前後のバンパーやヘッドライト、テールライトのデザインが異なり、さらに、ルーフ後端がなだらかに傾斜したことでキャビンが小さく見える。スタイリッシュでカッコ良い!!

400Rの反応を考えるとクーペもイケるのでは!??

 2019年に登場した、日本のスカイラインのパフォーマンスグレード「400R」は、日産がターゲットとしていたよりも若い年齢層にも注目され、人気を集めた。この400Rの反応を考えると、クーペも日本に入れてみてもいいのでは、と思う。

 たとえば、400Rと同じエンジンを搭載する「Q60 RED SPORT 400」というグレードは、クーペならではの短いオーバーハングのデザインや、前後で異なるトレッド幅(FRモデル)など、パフォーマンス志向の強いユーザーには強く刺さるモデルであり、400Rに注目したユーザーにとっては、嬉しいモデルであるはず。

 Q60は日産栃木工場で製造されており、左ハンドルだけでなく、右ハンドル仕様もつくられている。売れるかどうかは別にしても、こういうクルマはセダンとクーペの両方がラインアップされていたほうがが注目されやすいと思われ、日本のV37スカイラインにもクーペがあったら、日本でのスカイランのイメージはもうすこし違っていたのでは、と思う。

 405psエンジンを搭載する上級グレードになると北米での価格は58,200ドル(2024年2月現在のレートで約874万円)からとなるが、ベーシックなグレードならば41,750ドル(約627万円)からというプライスとなる。円安のため高く感じるが、車格とパフォーマンスを考慮すると決して高くないのではないだろうか。

インフィニティQ60のリアシート。セダンほど広くはないが、使い勝手は悪くなさそう

◆      ◆     ◆

 そうはいっても、とにかくセダンが売れない日本において、使い勝手がさらに劣るクーペの需要がないことは確か。クーペは、クルマ自体の魅力は非常に高く、なんといってもデザインが美しい。こういうクーペが日本でも買えたらいいのになぁ、とついつい思ってしまうが、スカイラインが生き残っているだけでも、有難いと思わなければいけないのかもしれない。

こんな記事も読まれています

車の「ワンタッチウインカー」 一見便利でも「違反の可能性」あり? 「キャンセルできない」不便さ指摘する声も 上手な使い方とは?
車の「ワンタッチウインカー」 一見便利でも「違反の可能性」あり? 「キャンセルできない」不便さ指摘する声も 上手な使い方とは?
くるまのニュース
商用車なのに前後ダブルウイッシュボーンってやっぱりホンダは走りへのやる気が半端ない! そのお陰で荷室が狭くなっちゃった「パートナー」という残念なバン
商用車なのに前後ダブルウイッシュボーンってやっぱりホンダは走りへのやる気が半端ない! そのお陰で荷室が狭くなっちゃった「パートナー」という残念なバン
WEB CARTOP
インディ500ルーキーと2022年王者エリクソンがクラッシュ。三日目首位はオワード、琢磨23番手
インディ500ルーキーと2022年王者エリクソンがクラッシュ。三日目首位はオワード、琢磨23番手
AUTOSPORT web
トヨタ「斬新アルファード」公開へ! めちゃ画期的な「後ろ向きスギシート」装着!? 「オシャレウッド」の“新技術”をトヨタ車体が披露
トヨタ「斬新アルファード」公開へ! めちゃ画期的な「後ろ向きスギシート」装着!? 「オシャレウッド」の“新技術”をトヨタ車体が披露
くるまのニュース
日産 2030年までに低CO2アルミに置き換え
日産 2030年までに低CO2アルミに置き換え
Auto Prove
これが最先端スポーツだった!! 今乗ると遅いけどめっちゃ楽しい[セリカXX] ソアラとの違いは?
これが最先端スポーツだった!! 今乗ると遅いけどめっちゃ楽しい[セリカXX] ソアラとの違いは?
ベストカーWeb
アウディ A3 改良新型、1.0リットルエンジン搭載の入門グレード登場
アウディ A3 改良新型、1.0リットルエンジン搭載の入門グレード登場
レスポンス
フェルスタッペン、エミリア・ロマーニャGP初日は「大幅にペースが足りない」2日目に向け改善必須の状況
フェルスタッペン、エミリア・ロマーニャGP初日は「大幅にペースが足りない」2日目に向け改善必須の状況
motorsport.com 日本版
「ガソリン代が安くて最高!」 日本一「燃費のいいクルマ」ってどれ? “財布に優しい”国産車トップ3とは
「ガソリン代が安くて最高!」 日本一「燃費のいいクルマ」ってどれ? “財布に優しい”国産車トップ3とは
くるまのニュース
カブト、“星雲”のように煌めきを纏うスペシャルカラー『F-17 NEBURA』を5月下旬に発売
カブト、“星雲”のように煌めきを纏うスペシャルカラー『F-17 NEBURA』を5月下旬に発売
AUTOSPORT web
燃費もよくて大トルクならレースで有利……じゃないの? ディーゼルエンジンのレーシングカーが「ほぼ存在しない」ワケ
燃費もよくて大トルクならレースで有利……じゃないの? ディーゼルエンジンのレーシングカーが「ほぼ存在しない」ワケ
WEB CARTOP
ベッテルがセナ&ラッツェンバーガー追悼イベントを主催。ドライバーたちがイエローのTシャツでイモラを1周
ベッテルがセナ&ラッツェンバーガー追悼イベントを主催。ドライバーたちがイエローのTシャツでイモラを1周
AUTOSPORT web
カーボンニュートラル燃料でスーパー耐久に挑む! 「共挑」をテーマに戦うMAZDA SPIRIT RACINGの第1戦 SUGOスーパー耐久4時間レース【動画】
カーボンニュートラル燃料でスーパー耐久に挑む! 「共挑」をテーマに戦うMAZDA SPIRIT RACINGの第1戦 SUGOスーパー耐久4時間レース【動画】
WEB CARTOP
衝撃的な「和製スーパーカー」の登場! “国産最高額”を記録したホンダ「NSX」が凄い!「後継モデル」は作られるのか?
衝撃的な「和製スーパーカー」の登場! “国産最高額”を記録したホンダ「NSX」が凄い!「後継モデル」は作られるのか?
くるまのニュース
インディ500プラクティス4日目“ファストフライデー”、最速はハータ。予選想定はニューガーデンがトップ
インディ500プラクティス4日目“ファストフライデー”、最速はハータ。予選想定はニューガーデンがトップ
motorsport.com 日本版
終盤にまたしても雨。佐藤琢磨23番手【第108回インディ500】プラクティス走行3日目総合結果
終盤にまたしても雨。佐藤琢磨23番手【第108回インディ500】プラクティス走行3日目総合結果
AUTOSPORT web
埼玉の山中に「仮設道路」出現! 山梨目指す「西関東連絡道路」のトンネル工事で建設 開通まで使用
埼玉の山中に「仮設道路」出現! 山梨目指す「西関東連絡道路」のトンネル工事で建設 開通まで使用
乗りものニュース
3度目のインディ500制覇狙う佐藤琢磨、古巣レイホールのマシンは“興味深い”感覚「有望な兆候がある」
3度目のインディ500制覇狙う佐藤琢磨、古巣レイホールのマシンは“興味深い”感覚「有望な兆候がある」
motorsport.com 日本版

みんなのコメント

7件
  • dbw********
    いつまで旧ネタでやるのだろうか?

    正直、飽きている
  • rvu********
    北米でも全く売れず2年前に生産終了したQ60を日本でどうしろと?
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

1207.51254.8万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

248.0428.0万円

中古車を検索
クーペの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

1207.51254.8万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

248.0428.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村