現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > MT復活! スズキが新型「スイフトスポーツ」発売! 「何が変わった?」一時姿消すも継続販売へ 反響は?

ここから本文です

MT復活! スズキが新型「スイフトスポーツ」発売! 「何が変わった?」一時姿消すも継続販売へ 反響は?

掲載 更新 59
MT復活! スズキが新型「スイフトスポーツ」発売! 「何が変わった?」一時姿消すも継続販売へ 反響は?

■20年以上活躍する国産車では希少なホットハッチ

 スズキを代表する「スイフトスポーツ」の6MT車が法的対応に伴う一部仕様変更を実施して、11月27日から再販されることになりました。

【画像】超カッコいい! これがスズキ新型「スイフトスポーツ」です(51枚)

 次期スイフトの登場が迫っていることや、MT車がWebサイトで姿を消したこともあり、このまま消失するとの憶測もありましたが、復活を果たします。

 初代スイフトは2000年にデビュー。「ワゴンR+」のプラットフォームを流用するとともに、同社軽自動車SUVの「kei」のボディパーツを用いたコストパフォーマンスに特化した普通車規格のハッチバックとして誕生しました。

 その初代スイフトに専用エアロパーツにオーバーフェンダー、アルミ鍛造ピストンなどで高性能化を図り、ジュニア世界ラリー選手権のベース車両としても活躍を見せたのがスイフトスポーツです。

 2代目モデルは2004年に誕生して、世界戦略車ということもあって専用のデザインを開発しただけでなく、プラットフォームも新設計で採用したことによって、走行性能を飛躍的に向上させています。

 2代目スイフトが初代の軽自動車ベースからレベルアップを果たしたことで、専用の足周りやエンジンも1.6リッターまで拡大されて、ハイオク仕様の出力は125馬力と先代よりも10馬力引き上げられました。

 3代目スイフトスポーツは2011年にフルモデルチェンジをおこない、2代目モデルを熟成した形で登場。ホイールは17インチまで拡大され、よりスポーティな外観となり、MT車には6速まで与えられるようになりました。

 そして現行モデルである4代目のスイフトスポーツは、2016年にフルモデルチェンジ。

 エンジンは先代の1.6リッターから1.4リッターにダウンサイジングされますが、初のターボを搭載することになります。

 ターボ化した4代目スイフトスポーツは、馬力こそ4馬力のアップにとどまりますがトルクは230N・m (23.4kgf・m) で大幅にアップし、歴代最高値のスペックです。

 また、ボディサイズも全長3890mm×全幅1735mm×全高1500mmとなり、スイフト史上初の3ナンバー規格となりました。

 ボディサイズが拡大したにも関わらず、プラットフォームに高張力鋼板を徹底採用したことで、970kgの車両重量を実現しました。
 
 外装は前方に張り出した迫力あるフロントバンパーと空力性能を考慮したリアテールスポイラー、左右2本出しマフラーに組み合わされるリアデュフューザーは、ホットハッチの名にふさわしい外観となっています。

 インテリアも黒ベースのシックな内装に赤の加飾、専用のバケットシートにブースト計を備えるなど、走る喜びを感じさせるクルマに仕上がりました。

 見た目だけでなく走行性能も底上げされ、モンロー製のショックアブソーバー、ワイドトレッド化、ブレーキの大容量などスポーツの名に恥じない性能を手にしていています。

 今回のスイフトスポーツの変更は、バックカメラや検知システムなどの後退時車両直後確認装置の装着が義務付けられたことによるものがメインとなっています。

 その変更の際にカタログ落ちしていた6MTも1ヶ月ぶりに復活し、継続販売となりました。

 そんなスイフトスポーツに対して、販売店にはどのような反響が寄せられているのでしょうか。関東圏のスズキ販売店担当者は、次のように話します。

「スイフトスポーツは、新型スイフトが登場するタイミングで、生産が終了してしまうのではないかと不安視していたお客様が多かった印象です。

 そのようなお客様からは『またスイフトスポーツに乗ることができて嬉しい』と言っていただけます。

 新型が登場しても、しばらくの間は販売を継続することとなる予定ですので、ご安心いただけます」

 また、関西圏のスズキ販売店担当者は、次のように話します。

「スイフトスポーツは、走りに定評がある一台として多くのお客様から好評をいただいております。

 いただいている反響としては『走りがすごく楽しい』『MTでよりクルマとドライバーの一体感が増す』などのお声をいただいています」

 このように、スイフトスポーツは走りに定評があることから、マニュアル車が再度復活したことを喜ぶユーザーが多いようです。

※ ※ ※

 スイフトスポーツの価格は、変更や原材料高騰の影響を受けて、従来の202万円から13万6400円上昇の216万4800円となっています。

こんな記事も読まれています

スーパー耐久が世界初となるモータースポーツのマルチアングル配信にチャレンジ。2024年から実証実験を開始
スーパー耐久が世界初となるモータースポーツのマルチアングル配信にチャレンジ。2024年から実証実験を開始
AUTOSPORT web
F1分析|開幕戦バーレーンGP FP2ロングランを検証。レッドブルのロングランベースはやはり驚異的……2番手集団は大混戦か?
F1分析|開幕戦バーレーンGP FP2ロングランを検証。レッドブルのロングランベースはやはり驚異的……2番手集団は大混戦か?
motorsport.com 日本版
F1第1戦水曜会見:メルセデス離脱が決まっているハミルトン。チームとは「理解し合えている」と良好な関係をアピール
F1第1戦水曜会見:メルセデス離脱が決まっているハミルトン。チームとは「理解し合えている」と良好な関係をアピール
AUTOSPORT web
MBJ、Gクラス特別仕様車を設定
MBJ、Gクラス特別仕様車を設定
日刊自動車新聞
ツーリングのとき確認する「降水確率」何%くらいを信じればよい?
ツーリングのとき確認する「降水確率」何%くらいを信じればよい?
バイクのニュース
ホンダが「新型SUV」世界初公開! 独創的フェイス採用!? 日本車初の“最強仕様”実車展示! ついに日本導入で反響は?
ホンダが「新型SUV」世界初公開! 独創的フェイス採用!? 日本車初の“最強仕様”実車展示! ついに日本導入で反響は?
くるまのニュース
スーパーGTが安全性向上のためのコーナリングスピード抑制策を発表。GT500は最低地上高引き上げ、GT300も通年の追加重量を搭載
スーパーGTが安全性向上のためのコーナリングスピード抑制策を発表。GT500は最低地上高引き上げ、GT300も通年の追加重量を搭載
motorsport.com 日本版
イケメンすぎる水素SUV誕生! 充電もできる燃料電池車「CR-V e:FCEV」をホンダが世界初公開!! 
イケメンすぎる水素SUV誕生! 充電もできる燃料電池車「CR-V e:FCEV」をホンダが世界初公開!! 
ベストカーWeb
第34話 インカム選びの基準は? 【連載マンガ】20代女子イラストレーターがバイク乗りになるまでのお話  
第34話 インカム選びの基準は? 【連載マンガ】20代女子イラストレーターがバイク乗りになるまでのお話  
モーサイ
ブリヂストン “パンクしない”次世代タイヤ「エアフリー」公道実証実験を開始
ブリヂストン “パンクしない”次世代タイヤ「エアフリー」公道実証実験を開始
グーネット
マツダ MAZDA3など5モデルが最高評価!米IIHSの安全性評価で
マツダ MAZDA3など5モデルが最高評価!米IIHSの安全性評価で
グーネット
なんと…大谷翔平選手が結婚! 「2人(1匹も)と力を合わせ支え合い…」 ポルシェ好きも憧れる存在とは
なんと…大谷翔平選手が結婚! 「2人(1匹も)と力を合わせ支え合い…」 ポルシェ好きも憧れる存在とは
くるまのニュース
奴田原文雄が2024年参戦体制を発表。アドバンカラーのGRヤリス・ラリー2で全日本ラリー最高峰に復帰
奴田原文雄が2024年参戦体制を発表。アドバンカラーのGRヤリス・ラリー2で全日本ラリー最高峰に復帰
AUTOSPORT web
千葉の「銚子連絡道路」3月延伸! 国道126号と並走する“無料バイパス”の整備効果は?
千葉の「銚子連絡道路」3月延伸! 国道126号と並走する“無料バイパス”の整備効果は?
くるまのニュース
【カワサキ】400cc以下の新車が実質年利2.2%で購入できる!「アンダー400スペシャルクレジットキャンペーン」を5/31まで実施中
【カワサキ】400cc以下の新車が実質年利2.2%で購入できる!「アンダー400スペシャルクレジットキャンペーン」を5/31まで実施中
バイクブロス
RUNUP SPORTS、今季もニッサンGT-RでGTワールドチャレンジ・アジアのジャパンカップに参戦
RUNUP SPORTS、今季もニッサンGT-RでGTワールドチャレンジ・アジアのジャパンカップに参戦
AUTOSPORT web
【カワサキ】サーキットデビューを応援!「KAZE Let’s Ride オンロード」2024年度開催スケジュールを発表
【カワサキ】サーキットデビューを応援!「KAZE Let’s Ride オンロード」2024年度開催スケジュールを発表
バイクブロス
東急バスまで“走るサウナ”に!? 移動型サウナバス第2弾製作へ 運用は“東京拠点”
東急バスまで“走るサウナ”に!? 移動型サウナバス第2弾製作へ 運用は“東京拠点”
乗りものニュース

みんなのコメント

59件
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

216.5223.6万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

5.0389.8万円

中古車を検索
スイフトスポーツの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

216.5223.6万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

5.0389.8万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村