サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【リコール】ダイハツ 2017年型「ムーヴ」のリヤ コンビネーションランプに不具合

ここから本文です

ダイハツは2020年10月5日、軽自動車ハイトワゴンの2017年型「ムーヴ」、OEMモデルの「ステラ」のリヤ コンビネーションランプに不具合があるとしてリコールを届け出ました。

不具合は市場からの314件の報告によるもので、リヤ コンビネーションランプの構成部品の生産管理が不適切であったため、樹脂部品の密度が不足しているものがあるというものです。

【リコール】ダイハツ「ムーヴ」「タント」など19車種35万台超のリヤ ドラムブレーキに不具合

そのため、そのままの状態で使用を続けるとランプのボディが熱収縮し、最悪の場合はLED素子が周辺部品と干渉することで破損し、ブレーキランプやリヤランプが点灯しなくなる恐れがあります。

おすすめのニュース

サイトトップへ

関連サービス

メールマガジン メールマガジン