サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > NTN、後輪ステアリング機能ハブを開発 左右別々に制御可能 あらゆる懸架装置に対応

ここから本文です
 NTNは26日、前輪駆動車の後輪用として大きな転舵角度を持ち、あらゆる懸架装置に対応できるステアリング機能付ハブベアリング「Ra―sHUB(ラスハブ)」を開発したと発表した。新製品は、車両の情報を基にタイヤの転舵角度を左右別々に制御することで、車両のコーナリング性能や高速直進時の安定性を向上、燃費改善に貢献する。2025年度に年間15億円の販売を目指す。

 ラスハブは、同社が18年に開発した前輪用ステアリング補助機能付ハブベアリング「sHUB(エスハブ)」を後輪用に改良した。高剛性で応答性の高いコンパクトな構造とし、プラスマイナス10度の大きな転舵角を持つ。

おすすめのニュース

サイトトップへ