現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > こんなクルマよく売ったな!!【愛すべき日本の珍車と珍技術】レトロ調ブームの火付け役「サンバーディアスワゴン クラシック」

ここから本文です

こんなクルマよく売ったな!!【愛すべき日本の珍車と珍技術】レトロ調ブームの火付け役「サンバーディアスワゴン クラシック」

掲載 11
こんなクルマよく売ったな!!【愛すべき日本の珍車と珍技術】レトロ調ブームの火付け役「サンバーディアスワゴン クラシック」

 これまで日本にはたくさんのクルマが生まれては消えていった。そのなかには、「珍車」などと呼ばれ、現代でも面白おかしく語られているモデルもある。しかし、それらのクルマが試金石となったことで、数々の名車が生まれたと言っても過言ではない。

 当連載では、これら「珍車」と呼ばれた伝説のクルマや技術などをピックアップし、その特徴を解説しつつ、日本の自動車文化を豊かにしてくれたことへの感謝と「愛」を語っていく。今回は、ルックスだけじゃないスバルらしい造りが散見された名車、サンバーディアスワゴン クラシックを取り上げる。

こんなクルマよく売ったな!!【愛すべき日本の珍車と珍技術】レトロ調ブームの火付け役「サンバーディアスワゴン クラシック」

文/フォッケウルフ、写真/スバル

■名車揃いのスバル製軽自動車のなかでも歴史に名を刻んだ名車

 今でこそラインアップする軽自動車はすべてダイハツからのOEM供給を受けているスバルだが、かつて軽自動車を自社開発していたことは周知のことだ。スバル製軽自動車は名車揃いで、スバル360をはじめ、レックス、プレオ、ステラなど、54年間で延べ9車種、約796万8000台を生産されたという。

 なかでも1961年に誕生し、2012年4月まで自社開発されていたロングセラーモデル「サンバー」は、RR(リアエンジン・リアドライブ)方式、シャシーフレーム構造、そして4輪独立サスペンションという基本レイアウトにこだわりながら、4気筒エンジンや3速ATの搭載、高機能なフルタイム4WDシステムなど、さまざまな技術によって性能や品質を高めることで軽商用車の理想像を追求してきた。

 商用トラック&バン、ワゴンモデルのディアスをラインナップしていたが、いずれもRR+フルキャブオーバーレイアウトによる広い室内空間や、スムーズで静かな4気筒エンジンなどによる優れた快適性を持ち味とする実力派のモデルとしてスバルの歴史に名を刻んでいる。

 今回クローズアップする「サンバーディアスワゴン クラシック」は、ディアスをベースに存在感を強調するクラシカルな雰囲気のエクステリアや質感の高いインテリアなど、専用の仕様や装備を施したモデルとして人気を博した。

 5代目サンバーで初登場したKV3/KV4型、さらに6代目のTW1/TW2型ともに、軽キャブワゴンならではの使い勝手のいい室内空間を確保するとともに、専用のチューニングを施した4輪独立サスペンションによってハイレベルな操縦安定性を実現するなど、日常生活からレジャーユースまで幅広く活用できることを大きな特徴としている。

キャブオーバー型軽自動車であるサンバーディアスをベースにしながら、専用のフロントマスクをあしらうことで1950年代のボンネットバスをイメージしたスタイルに仕上げられている

 ちなみに、サンバーディアスワゴン クラシックは、スバルが長崎県にあるテーマパーク・ハウステンボスから依頼を受けて作ったモデルで、もともと園内を走る作業用の車両であった。これが1993年の東京モーターショーに出展され、市販化を望む声が多かったことからラインナップに追加されたという経緯がある。

[articlelink]

こんな記事も読まれています

DATSUN「フェアレディ」再起動!!【VOL.49】
DATSUN「フェアレディ」再起動!!【VOL.49】
グーネット
ノリス、赤旗での順位巻き戻しルールにモヤモヤ「フェアじゃないように感じる」接触で後退のサインツJr.にとっては救いの手
ノリス、赤旗での順位巻き戻しルールにモヤモヤ「フェアじゃないように感じる」接触で後退のサインツJr.にとっては救いの手
motorsport.com 日本版
[サウンド制御術・実践講座]音量バランスを整えて「クロスオーバー」を総仕上げ!
[サウンド制御術・実践講座]音量バランスを整えて「クロスオーバー」を総仕上げ!
レスポンス
縁石使えぬレッドブル、苦境脱出のヒントはRBにあり? 旧パーツ使う兄弟から活路を見いだせるか
縁石使えぬレッドブル、苦境脱出のヒントはRBにあり? 旧パーツ使う兄弟から活路を見いだせるか
motorsport.com 日本版
セナカラーのピアストリが予選2番手「ミスをしなければ、ポールを獲ることも可能だった」マクラーレン/F1モナコGP
セナカラーのピアストリが予選2番手「ミスをしなければ、ポールを獲ることも可能だった」マクラーレン/F1モナコGP
AUTOSPORT web
テスラ「モデルS Plaid」の尋常ではない速さの秘密とは? 全日本電気自動車グランプリでの劇的優勝をレポートします
テスラ「モデルS Plaid」の尋常ではない速さの秘密とは? 全日本電気自動車グランプリでの劇的優勝をレポートします
Auto Messe Web
メルセデス・ベンツ日本が「認定中古車プログラム」のサービスをグレードUP。走行距離無制限で保証期間を2年とし、BEV充電サービスを6か月間無料に
メルセデス・ベンツ日本が「認定中古車プログラム」のサービスをグレードUP。走行距離無制限で保証期間を2年とし、BEV充電サービスを6か月間無料に
Webモーターマガジン
【F1分析】今年のモナコGPはまさに頭脳戦。角田裕毅とRBの、後方の”隙間”をコントロールする戦術を検証する
【F1分析】今年のモナコGPはまさに頭脳戦。角田裕毅とRBの、後方の”隙間”をコントロールする戦術を検証する
motorsport.com 日本版
50年前に生まれた四角いワゴンがいま話題! 昭和レトロブームと共に「ボルボ240エステート」の人気が急上昇中だった
50年前に生まれた四角いワゴンがいま話題! 昭和レトロブームと共に「ボルボ240エステート」の人気が急上昇中だった
WEB CARTOP
【MotoGP】超絶追い上げで連続表彰台も「あんまり誇れない」とマルケス不満。タイトル奪還への必須条件は、予選の改善?
【MotoGP】超絶追い上げで連続表彰台も「あんまり誇れない」とマルケス不満。タイトル奪還への必須条件は、予選の改善?
motorsport.com 日本版
【フォーミュラEシーズン10】第12戦中国・上海 後半好調のダ・コスタが今季2勝目を飾り、ヒューズ、ナトが初表彰台を獲得
【フォーミュラEシーズン10】第12戦中国・上海 後半好調のダ・コスタが今季2勝目を飾り、ヒューズ、ナトが初表彰台を獲得
Auto Prove
「日産・ホンダ・三菱・スバル」お願いします! ファンからふつふつと湧き上がるメーカーへの声!!
「日産・ホンダ・三菱・スバル」お願いします! ファンからふつふつと湧き上がるメーカーへの声!!
WEB CARTOP
【ポイントランキング】2024年FIA F2第5戦レース1終了時点/ARTグランプリがランキング最下位に
【ポイントランキング】2024年FIA F2第5戦レース1終了時点/ARTグランプリがランキング最下位に
AUTOSPORT web
國井勇輝、開幕2連勝「チーム100勝目は自分が獲ると自信を持って走った」/2024全日本ロード第3戦SUGO ST1000 決勝
國井勇輝、開幕2連勝「チーム100勝目は自分が獲ると自信を持って走った」/2024全日本ロード第3戦SUGO ST1000 決勝
AUTOSPORT web
提供超っ早!食べても食べても減らない!? 博多でまず食べたい「最速のバスターミナルグルメ」とは
提供超っ早!食べても食べても減らない!? 博多でまず食べたい「最速のバスターミナルグルメ」とは
乗りものニュース
日産、「クリッパートラック」発売 一部改良した「NT100クリッパー」を車名変更
日産、「クリッパートラック」発売 一部改良した「NT100クリッパー」を車名変更
日刊自動車新聞
甲府とは違う…ナゾの「山梨県山梨市」ってどこ? 実は今がアツい「交通超便利エリア」になりそうな街だった!
甲府とは違う…ナゾの「山梨県山梨市」ってどこ? 実は今がアツい「交通超便利エリア」になりそうな街だった!
くるまのニュース
昔ながらの素朴な味に癒される 夜の東名高速「港北PA」で「ワンタンメン」を堪能
昔ながらの素朴な味に癒される 夜の東名高速「港北PA」で「ワンタンメン」を堪能
バイクのニュース

みんなのコメント

11件
  • fa5********
    ネオレトロな軽box出たら売れるだろうな
  • xp1********
    RRの軽ワンボックスと軽トラを復活販売してほしい。
    何度か運転したことがあるけど、中々パワフルな印象が残っている。ダイハツかスズキしか作っていないけど時代にそぐわないかな?
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

104.5188.1万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

7.9530.0万円

中古車を検索
サンバーの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

104.5188.1万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

7.9530.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村