サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > スズキ イグニスがデザイン変更を中心とした一部仕様変更を受け発売開始

ここから本文です

スズキ イグニスがデザイン変更を中心とした一部仕様変更を受け発売開始

2020年2月4日、スズキは小型乗用車のイグニスを一部仕様変更し、SUVテイストを強めた新グレードも追加して発売した。(タイトル写真は、上がハイブリッドMF、下がハイブリッドMZ)

アクティブなユーザーに向けた新グレード「MF」を設定
イグニスは、スズキのクロスオーバー風の小型乗用車だ。現行型が初代で、2015年の東京モーターショーに参考出品され、2016年1月に発表された。現在ではヨーロッパやインド、台湾などでも販売されている。

【くるま問答】アイドリングストップ機能はよいことばかりではない。OFFスイッチはいつ使う?

今回の一部仕様変更では、まずエクステリアではフロントグリルやリアバンパーのデザインを力強い印象に変更。インテリアではシート表皮やメーター盤面のデザインを変更し、配色も一部変更した。さらに、夜間乗降時に一定時間周囲を照らすガイドミーライト機能付オートライトシステムなど、快適装備を充実させている。

また、専用の前後バンパー、ルーフレール、フェンダーアーチモール、レザー調シート表皮、防汚タイプラゲッジフロアなどを採用し、よりSUVテイストを強めてアクティブに行動するユーザーに向けた新グレード「ハイブリッド MF」も設定された。

オートライトシステム、助手席シートヒーターなどの快適装備も標準装備され、デュアルカメラブレーキサポートをはじめとする安全装備「スズキ セーフティ サポート」も全車に標準装備する。今回の一部仕様変更で、イグニスは経済産業省や国土交通省などが普及を推進する「サポカーS ベーシック+」、国土交通省による「衝突被害軽減ブレーキ(AEBS)認定車」に該当することになった。

パワートレーンは1.2Lの直4 DOHC+モーターのマイルドハイブリッド、ミッションはCVTで駆動方式は2WD(FF)と4WDという組合せは、従来型と変わらない。

車両価格(税込)は、以下のとおり。

ハイブリッド MG(2WD/4WD):152万2400円/165万8800円
ハイブリッド MX(2WD/4WD):165万円/178万6400円
ハイブリッド MZ(2WD/4WD):178万8600円/192万5000円
ハイブリッド MF(2WD/4WD):183万9200円/197万5600円

[ アルバム : スズキ イグニス(一部仕様変更) はオリジナルサイトでご覧ください ]

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します