現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 北米専売モデルだけど……実は「レガシィB4」って魅力的なセダンじゃね? 日本でも売って~

ここから本文です

北米専売モデルだけど……実は「レガシィB4」って魅力的なセダンじゃね? 日本でも売って~

掲載 8
北米専売モデルだけど……実は「レガシィB4」って魅力的なセダンじゃね? 日本でも売って~

 日本では先代型となる6代目レガシィB4でその使命を終えたが、北米では7代目モデルが販売されている。これがかなりカッコいいセダンで、日本に導入してもいいのではないだろうか。

文/ベストカーWeb編集部・渡邊龍生、写真/スバル

北米専売モデルだけど……実は「レガシィB4」って魅力的なセダンじゃね? 日本でも売って~

■北米では2019年から新型B4を発売開始

北米専売となるレガシィB4のボディサイズは全長4840×全幅1840×全高1500mm、ホイールベース2750mm

 日本では先代6代目モデルでレガシィB4の販売が終了したレガシィ。現在はレガシィアウトバックのみ現行型が導入されている。セダンのB4については北米で2019年にフルモデルチェンジを受けて7代目モデルが誕生しているのはご存じのとおり。

 そのボディサイズは全長4840×全幅1840×全高1500mm、ホイールベース2750mm。先代モデルから全長で45mm大きくなっているが、全幅と全高、ホイールベースは先代とほぼ同等のサイズだ。

 パワートレーンは水平対向4気筒直噴2.5LのNAであるFB25と、同2.4L直噴ターボのFA24という2本立て。このうち、FB25については全部品の約9割が新開発されたのもポイント。

 また、新たにスバルグローバルプラットフォームを採用され、ボディ全般が強化されている。内装ではベースグレードを除いて11.6インチのセンターインフォメーションディスプレイが採用。

[articlelink]

■国内セダン市場の縮小で消えたレガシィB4だが

レガシィB4のリアビュー。写真のグレードはブラックのトランクスポイラーが装着されており、スポーティな印象

 FFベースのミドルクラスセダンといえば、国産モデルではアコードが2024年春に登場する予定だが、現在販売されているのはマツダ6のみ。カムリも新型は日本では発売されるかどうかはアナウンスされていないが、導入されない可能性が高い。

 スバルは今、国内のセダン市場縮小に伴ってレガシィB4だけでなく、インプレッサG4も先代型で販売を終了。しかし、現在スバルのセダンがWRX S4のみというのはセダン好きの担当ならずとも寂しいと思うユーザーもいるのではないだろうか。

 WRX S4だとスポーツ性が強すぎるのでもう少しフォーマルなセダンが欲しいユーザーなら、レガシィB4はピッタリだと思うのだが。

■レガシィといえばワゴンのイメージが強かったが……

レガシィB4のコックピット。基本的には日本でも発売されているレガシィアウトバックとほぼ同じ造形となる

 そもそもレガシィというと、長年ツーリングワゴンのイメージが大きいが、実はセダンの役割も大きかったモデル。1989年に登場した初代もデビュー前に10万km耐久走行の平均走行速度223.345km/hを達成したのはレガシィセダンRSだったワケで。

 思えば長年、スバルのラリーや市販車でのスポーツイメージを形成してきた2L水平対向のEJ20ターボはこの初代レガシィから始まっていた。どうしてもレガシィといえば快速ワゴンとしてGTをトップグレードにしたツーリングワゴンの姿が思い浮かぶのだが、セダンもその存在感はなかなかのもの。

 1990年夏に普通免許を取得した担当は、当時親戚の乗っていた初代レガシィセダンRSにちょい乗りさせてもらったことがあったのだが、その上質は乗り味とアクセルを踏み込んだ瞬間にターボパワーが炸裂するフィーリングに驚かされた記憶がある。

 その血統を受け継ぐ北米専売のレガシィB4。ぜひ日本導入を!

こんな記事も読まれています

ダニロ・ペトルッチ、トレーニング中に負傷で第3戦オランダを欠場。ニコラス・スピネッリが代役でSBKデビューへ
ダニロ・ペトルッチ、トレーニング中に負傷で第3戦オランダを欠場。ニコラス・スピネッリが代役でSBKデビューへ
AUTOSPORT web
【F1第5戦中国GP週末の要点】雨を味方につけたキック・ザウバー、2台揃ってスプリント予選SQ3進出
【F1第5戦中国GP週末の要点】雨を味方につけたキック・ザウバー、2台揃ってスプリント予選SQ3進出
AUTOSPORT web
「圏央道4車線化」鉄道またぐ橋、一夜で架設! 開通はいつ? スマートICもできる!?
「圏央道4車線化」鉄道またぐ橋、一夜で架設! 開通はいつ? スマートICもできる!?
乗りものニュース
シモーネ・テンペスティーニが初優勝。マックス・マクレーもJr.部門を制覇/ERC開幕戦
シモーネ・テンペスティーニが初優勝。マックス・マクレーもJr.部門を制覇/ERC開幕戦
AUTOSPORT web
40アルファードの静粛性が一変!調音施工で快適性が飛躍的に向上
40アルファードの静粛性が一変!調音施工で快適性が飛躍的に向上
レスポンス
小沢仁志さんの愛車はV8の「“アウトロー”スポーツカー」!? 鮮烈オレンジ光るド派手な「マスタング」 公開に「めっちゃ目立ちますね」「兄貴の愛車かっこよすぎます」の声
小沢仁志さんの愛車はV8の「“アウトロー”スポーツカー」!? 鮮烈オレンジ光るド派手な「マスタング」 公開に「めっちゃ目立ちますね」「兄貴の愛車かっこよすぎます」の声
くるまのニュース
シリンダー内の「旋回流」が鍵? アンモニアは化石燃料の代わりになるか 上智大学の研究チームが発表
シリンダー内の「旋回流」が鍵? アンモニアは化石燃料の代わりになるか 上智大学の研究チームが発表
AUTOCAR JAPAN
2024年もマツダはカーボンニュートラルでモータースポーツ! 「ENEOSスーパー耐久シリーズ2024年」にマツダ3と2台のロードスターで挑戦
2024年もマツダはカーボンニュートラルでモータースポーツ! 「ENEOSスーパー耐久シリーズ2024年」にマツダ3と2台のロードスターで挑戦
WEB CARTOP
恒例のBTCC公式シーズンラウンチ開催。最後のドニントン・テストは王者サットンが最速
恒例のBTCC公式シーズンラウンチ開催。最後のドニントン・テストは王者サットンが最速
AUTOSPORT web
無限、ホンダ・シビック・タイプR専用パーツ『グループA』を発表。新開発エアロで空力性能が大幅向上
無限、ホンダ・シビック・タイプR専用パーツ『グループA』を発表。新開発エアロで空力性能が大幅向上
AUTOSPORT web
性能調整変更でも『ポルシェが本命』とフェラーリのフォコ「僕らには少し厳しいコース」/WEC第2戦
性能調整変更でも『ポルシェが本命』とフェラーリのフォコ「僕らには少し厳しいコース」/WEC第2戦
AUTOSPORT web
“アンチ・スプリント”のフェルスタッペン、新フォーマットにはある程度満足?「前よりは良い。でも“レース”の後に予選というのがね……」
“アンチ・スプリント”のフェルスタッペン、新フォーマットにはある程度満足?「前よりは良い。でも“レース”の後に予選というのがね……」
motorsport.com 日本版
レクサスの“高級オフローダー”日本上陸! 新型「GX」秋頃発売へ “限定仕様車”は早くも抽選受付スタート
レクサスの“高級オフローダー”日本上陸! 新型「GX」秋頃発売へ “限定仕様車”は早くも抽選受付スタート
乗りものニュース
「800万円!?」 超高級な「軽自動車」に驚きの声! 今も「新車」で買える“超高性能”な「斬新モデル」に世界も注目!
「800万円!?」 超高級な「軽自動車」に驚きの声! 今も「新車」で買える“超高性能”な「斬新モデル」に世界も注目!
くるまのニュース
マセラティから第3のEVモデル登場! 新型「グランカブリオ フォルゴレ」にはフォーミュラEカーの技術がフィードバックされていました
マセラティから第3のEVモデル登場! 新型「グランカブリオ フォルゴレ」にはフォーミュラEカーの技術がフィードバックされていました
Auto Messe Web
うぉぉぉ! バスなのに線路も走れるだと!? 徳島県で実用化された「DMV」が「少年の夢」感アリアリで胸熱すぎる
うぉぉぉ! バスなのに線路も走れるだと!? 徳島県で実用化された「DMV」が「少年の夢」感アリアリで胸熱すぎる
WEB CARTOP
スバルとAMDがSoC設計で協業開始。ステレオカメラとAI処理を融合させ、次世代アイサイトに搭載へ
スバルとAMDがSoC設計で協業開始。ステレオカメラとAI処理を融合させ、次世代アイサイトに搭載へ
AUTOSPORT web
RB、角田裕毅苦戦の原因究明急ぐ「まだ彼のマシンに問題は見つかっていない」F1中国GP予選では19番手に沈む
RB、角田裕毅苦戦の原因究明急ぐ「まだ彼のマシンに問題は見つかっていない」F1中国GP予選では19番手に沈む
motorsport.com 日本版

みんなのコメント

8件
  • ********
    またベストカーの「隣の芝は絶対に青く見える」記事か
  • umi********
    日本で商売にならん物を売れって何様だよ、ベストカー様よ
    特にスバルは数年前に日本市場諦めてる宣言したメーカーだよ
    ならベストカーがまず先にセダン復権の為に身を切る行動でセダン人気を盛り上げ、根拠の数字を示し「ゲヘヘ、そろそろセダン売れそうでっせ旦那ぁ」とメーカーに呼びかけるのが筋だろ。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

313.5330.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

19.9518.0万円

中古車を検索
レガシィB4の車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

313.5330.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

19.9518.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村