現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > トヨタ、プリウスの後席ドアハンドルのリコール対応 6/14めどに開始 生産再開は6/17から

ここから本文です
トヨタ、プリウスの後席ドアハンドルのリコール対応 6/14めどに開始 生産再開は6/17から
写真を全て見る(1枚)

トヨタ自動車は5月23日、後席ドアハンドルの不具合で生産を停止している「プリウス」のリコール対応を6月14日をめどに開始することを明らかにした。堤工場(愛知県豊田市)の第1ラインでの生産も6月17日に開始する予定。

プリウスの不具合は、後席ドアハンドルを開ける電気式スイッチ「e-ラッチ」の防水性能が不十分で、洗車などで多量の水がかかるとスイッチ内部に浸入し、内部の回路がショートしてスイッチが作動してしまう、というもの。最悪の場合、後席ドアが開いてしまう恐れがあるという。

トヨタ、プリウスをリコール 後席ドアの電気式スイッチに不具合

このためトヨタは、4月17日にプリウスのリコールを届け出た。

記事全文を読む

こんな記事も読まれています

トヨタ、部品欠品で稼働停止のランクルシリーズ 21日夕方から順次生産再開
トヨタ、部品欠品で稼働停止のランクルシリーズ 21日夕方から順次生産再開
日刊自動車新聞
トヨタ、ランクルシリーズを6/21まで稼働停止 部品欠品の影響で
トヨタ、ランクルシリーズを6/21まで稼働停止 部品欠品の影響で
日刊自動車新聞
日産、中国江蘇州の常州工場を閉鎖 生産車種はキャシュカイ 生産能力は中国全体の1割にあたる13万台
日産、中国江蘇州の常州工場を閉鎖 生産車種はキャシュカイ 生産能力は中国全体の1割にあたる13万台
日刊自動車新聞
アルパインマーケティング、スズキ・ジムニー向けにカーナビなど3製品を発売
アルパインマーケティング、スズキ・ジムニー向けにカーナビなど3製品を発売
日刊自動車新聞
三菱ふそう、eキャンターの仕様を比較検討 HPでシミュレーターを公開
三菱ふそう、eキャンターの仕様を比較検討 HPでシミュレーターを公開
日刊自動車新聞
スズキ、ティアフォーと資本・業務提携 自動運転の移動サービスを共同開発
スズキ、ティアフォーと資本・業務提携 自動運転の移動サービスを共同開発
日刊自動車新聞
2023年の世界車名別販売ランキング、最多はテスラ「モデルY」 2位はRAV4 英国JATO調べ
2023年の世界車名別販売ランキング、最多はテスラ「モデルY」 2位はRAV4 英国JATO調べ
日刊自動車新聞
ベンツ、マイバッハの特別仕様車「S580ナイトエディション」発売 販売台数は30台
ベンツ、マイバッハの特別仕様車「S580ナイトエディション」発売 販売台数は30台
日刊自動車新聞
三菱 デリカミニ eKスペースのセキュリティ向上の一部改良
三菱 デリカミニ eKスペースのセキュリティ向上の一部改良
Auto Prove
専用設計だから見やすさが違う! 「WR-V」や「CX-60」に対応のホンダ・マツダ用専用設計ルームミラーが登場
専用設計だから見やすさが違う! 「WR-V」や「CX-60」に対応のホンダ・マツダ用専用設計ルームミラーが登場
月刊自家用車WEB
スズキのトヨタ製ワゴン『スウェイス』、ベースはカローラ
スズキのトヨタ製ワゴン『スウェイス』、ベースはカローラ
レスポンス
運転中にハッキングされて事故に!! そんな映画みたいな話ある!? 近年凶悪化するのは自動車盗難だけじゃなかった
運転中にハッキングされて事故に!! そんな映画みたいな話ある!? 近年凶悪化するのは自動車盗難だけじゃなかった
ベストカーWeb
「えっ…!」クルマが「水没」寸前!? まさかの危機にどう対応する? 有効な「脱出法」とは
「えっ…!」クルマが「水没」寸前!? まさかの危機にどう対応する? 有効な「脱出法」とは
くるまのニュース
[新型フォレスター]はバンパー下に足を入れればハンズフリーでバックドアが自動で開くぞ! 荷物を持って両手がふさがってもチョー便利!!
[新型フォレスター]はバンパー下に足を入れればハンズフリーでバックドアが自動で開くぞ! 荷物を持って両手がふさがってもチョー便利!!
ベストカーWeb
新車販売に不正問題はさほど影響なし! ダイハツも復活してこの先6月から9月までは「新車がお買い得」な時期が続く!!
新車販売に不正問題はさほど影響なし! ダイハツも復活してこの先6月から9月までは「新車がお買い得」な時期が続く!!
WEB CARTOP
三菱自動車、『デリカミニ』と『eKスペース』の改良新型を発表…サイバー攻撃のリスク増加に対応
三菱自動車、『デリカミニ』と『eKスペース』の改良新型を発表…サイバー攻撃のリスク増加に対応
レスポンス
トヨタ“新型”「ハリアー」まもなく登場!? 大人気の「高級SUV」は高出力化&内外装変更か? デビュー4年目の「上品モデル」どうなるのか
トヨタ“新型”「ハリアー」まもなく登場!? 大人気の「高級SUV」は高出力化&内外装変更か? デビュー4年目の「上品モデル」どうなるのか
くるまのニュース
いすゞ、中型観光バス『ガーラミオ』改良新型発売…法規対応で安全性向上
いすゞ、中型観光バス『ガーラミオ』改良新型発売…法規対応で安全性向上
レスポンス

みんなのコメント

7件
  • *******
    何でも電気式にすれば良いってもんじゃないだろ。
    今の車は無駄な機能が多過ぎる。


  • 木谷 明子
    ディーラーの下請けもしている車屋です。ドラレコや自動ブレーキ等の安全性能は必要かもしれませんが無駄な装備とまでは言いませんがここまで便利にしないとダメなんでしょうか?その分 車価は高くなり壊れれば部品は高くなり結果エンドユーザーにしわ寄せが行きます、そもそもハイブリットやHVは作るのにコストがかかりすぎ全然エコではないと思われます
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

275.0460.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

0.0620.0万円

中古車を検索
プリウスの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

275.0460.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

0.0620.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村