現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 両親の影響で自身もクルマ好きに 現在はプラド、目標はベンツGクラス! プロゴルファー青山加織

ここから本文です

両親の影響で自身もクルマ好きに 現在はプラド、目標はベンツGクラス! プロゴルファー青山加織

掲載 3
両親の影響で自身もクルマ好きに 現在はプラド、目標はベンツGクラス! プロゴルファー青山加織

 本誌『ベストカー』にて好評連載中の「有名人が語る 私とクルマの関係」。今回はプロゴルファー、青山加織(あおやま・かおり)選手が登場だ!

 両親の勧めで4歳からゴルフを始め、小学6年生でプロトーナメントの「再春館レディース」に当時史上最年少で出場、“スーパー小学生”として脚光を浴び、現在まで活躍を重ねる青山プロ。

両親の影響で自身もクルマ好きに 現在はプラド、目標はベンツGクラス! プロゴルファー青山加織

 ゴルファーにクルマは必須。マークII ブリッド、ウィッシュ、レクサスRXを経て、現在はランドクルーザー・プラドに乗るという青山プロに話を聞いた。

撮影:山上徳幸、TEXT:小川淳子、構成:伊藤明弘

■父はセルシオ、母はマークII。クルマ好きの両親に影響され、自身も大好きに

現在の愛車はトヨタ ランドクルーザー・プラドTX。経済性も考えてディーゼルエンジンを選択したという。5万kmを目途に買い替えたいのだとか

 ブラックのランドクルーザー・プラド。その大きなボディから降りてきたのは青山加織さん。

 身長154cmとプロゴルファーとしては小柄な青山さんだが、ドライビングシートから滑るように姿を見せるとほほ笑んだ。

「父がクルマ好きでセルシオとかに乗っていてクルマの話をいっぱいしてました。母もマークIIに乗り、2人ともカッコいい印象だったんです。私もそうなりたい、と子どもの頃から思っていました」と、熊本での幼少期を振り返る。

 18歳で運転免許を取って、最初に乗ったのはマークIIブリッド。

 父に買ってもらった黒の愛車は「ずいぶん乗りました」と、練習に試合にとクルマ必須のプロゴルファーを目指した生活に寄り添ってくれた。

 2006年9月にプロ転向宣言をした時には、九州東海大学在学中。当時はまだ珍しい大学生プロゴルファーだった。

「クルマは本当に大好きなんです。でもセダンはあんまり好きじゃくて」という言葉が伝わってくる愛車歴だ。

 小学校4年生で本格的にゴルフを始めた青山さんは、6年生でツアー競技の再春館レディースに出場。小学生のプロツアー出場は史上初めてのことで、もちろん最年少(当時)。大きな話題になった。

 その後もゴルフの腕を磨いてプロになり、ステップアップツアーで2勝するなど、選手としてもプレーしている。

 2019年からは、アマチュアゴルファーへのレッスンも本格的に開始。

 2023年のQT(ツアー出場順位を争うクオリファイング・トーナメント)には故障で出場しなかったが、ツアーでのプレーとレッスン、SNS、動画配信、イベントなどでゴルフの普及に努めている。

■「ゆったりとした気持ち」で乗るようになった。40歳でGクラスに乗るのが目標!!

撮影ではアスリートらしい、キリッとした表情を見せてくれた青山プロ

 運転する時は、どんなドライバーなのか?

「前はスピード感が好きでしたけど、大きいクルマに乗り出してからは、ゆったりとした気持ちで乗るようになりました」と、運転を楽しんでいる。

 長野県から石川県へ、飛騨高山を経由して時には一般道を使って6時間、景色を楽しみながらドライブした夏の日のことを、目をキラキラさせながら話してくれた。

 翌日、千葉で仕事があることを後で思い出し、「帰り道は急いでいたから、高速ばかりであまり面白くなかったですけど」と笑うが、運転を心から楽しんでいることがよくわかるエピソードだ。

 クルマについて話す時は目がキラキラと輝く。

「『40歳でゲレンデ(メルセデスベンツ Gクラス)に乗りたい』っていうのを稼ぐ目標にしています」と言う青山さんは現在38歳。

 レッスンでアマチュアゴルファーをハッピーにしながら、ツアーに復帰して活躍する日に向けて、今日も愛車に乗って出かけている。

現在は怪我からの復帰を目指してレッスンにも勤しむ 。応援してます!

■青山加織Profile

■出身地:熊本県熊本市
■生年月日:1985年7月4日
■契約:クラブ:ダンロップ、ボール : ダンロップ、シューズ : ダンロップ
■身長:154cm
■体重:50kg
■血液型:O型
■出身校:九州東海大学(熊本県)
■プロテスト合格日:2007年7月26日
■入会日:2007年8月1日(79期生)
■ツアー初登録日:2007年1月1日
■スポーツ歴:水泳
■趣味:買物、音楽鑑賞
■好きな色:赤、青、黒
■ゴルフ歴:10歳~
■師弟関係:岡本綾子
■ホールインワン:試合1回、その他4回
■Instagram:@kaoriaoyama_official
■愛車経歴
01)マークII ブリッド
02)ウィッシュ
03)レクサスRX 
04)レクサスRX
05)レクサスLX
06)ランドクルーザー・プラド

こんな記事も読まれています

涙があふれ続けた……牧野任祐、SF初優勝でチェッカー直後から半周ずっと大号泣「多分、俺意外と泣くタイプの人間です(笑)」
涙があふれ続けた……牧野任祐、SF初優勝でチェッカー直後から半周ずっと大号泣「多分、俺意外と泣くタイプの人間です(笑)」
motorsport.com 日本版
それは超小型“軽トラ”? スズキの「新モビリティ」はめっちゃ仕事向け! トラックショーでアピール
それは超小型“軽トラ”? スズキの「新モビリティ」はめっちゃ仕事向け! トラックショーでアピール
乗りものニュース
日産が低CO2アルミニウム製部品の採用を開始! 2030年までにすべてを置き換え!? CO2排出量の大幅削減を目指す
日産が低CO2アルミニウム製部品の採用を開始! 2030年までにすべてを置き換え!? CO2排出量の大幅削減を目指す
くるまのニュース
岩佐歩夢「鈴鹿と違って朝からいい感触」。牧野と山本は「徐々に調子を上げられた」【SF第2戦予選会見】
岩佐歩夢「鈴鹿と違って朝からいい感触」。牧野と山本は「徐々に調子を上げられた」【SF第2戦予選会見】
AUTOSPORT web
角田「タイムを出すときはほぼ全コーナーでいい動きだった」マシンには一貫性があり、コースとの相性も問題なし/F1第7戦
角田「タイムを出すときはほぼ全コーナーでいい動きだった」マシンには一貫性があり、コースとの相性も問題なし/F1第7戦
AUTOSPORT web
アストンマーティン、F1エミリア・ロマーニャGPで大型アップデート投入もライバル追従には「不十分」とストロール語る
アストンマーティン、F1エミリア・ロマーニャGPで大型アップデート投入もライバル追従には「不十分」とストロール語る
motorsport.com 日本版
ディーゼルってどんなエンジン? 使われる軽油ってどんな燃料? 知ってるようで知らないガソリンエンジンとの違いとは
ディーゼルってどんなエンジン? 使われる軽油ってどんな燃料? 知ってるようで知らないガソリンエンジンとの違いとは
WEB CARTOP
本当に悔しい……2位に終わり奥歯を噛む岩佐歩夢。PPスタートでのポジションダウンも響く「データをしっかりと見直さないと」|スーパーフォーミュラ第2戦オートポリス
本当に悔しい……2位に終わり奥歯を噛む岩佐歩夢。PPスタートでのポジションダウンも響く「データをしっかりと見直さないと」|スーパーフォーミュラ第2戦オートポリス
motorsport.com 日本版
シボレーの新型電動SUV、航続513km…『エクイノックスEV』の米国受注開始
シボレーの新型電動SUV、航続513km…『エクイノックスEV』の米国受注開始
レスポンス
ワークスマシンに近い走りを楽しめるTOM’S「GRヤリス TSS340」の魅力
ワークスマシンに近い走りを楽しめるTOM’S「GRヤリス TSS340」の魅力
@DIME
予選大失敗のアロンソ、エミリア・ロマーニャGP決勝に向けセットアップ変更。ピットレーンスタートを選択「その方が、いくつかメリットがある」
予選大失敗のアロンソ、エミリア・ロマーニャGP決勝に向けセットアップ変更。ピットレーンスタートを選択「その方が、いくつかメリットがある」
motorsport.com 日本版
レッドブル&HRC密着:RB20に5つのアップデートを実施。初日は「期待ほどパフォーマンスはよくなかった」と不安が残る
レッドブル&HRC密着:RB20に5つのアップデートを実施。初日は「期待ほどパフォーマンスはよくなかった」と不安が残る
AUTOSPORT web
完成度の高いアッパーミドルサルーン、新型「クラウン」セダンの魅力
完成度の高いアッパーミドルサルーン、新型「クラウン」セダンの魅力
@DIME
マクラーレン、打倒フェルスタッペン狙いの”ギャンブル”はしない!「手は尽くすが、サイコロは振らない」
マクラーレン、打倒フェルスタッペン狙いの”ギャンブル”はしない!「手は尽くすが、サイコロは振らない」
motorsport.com 日本版
東京多摩を貫く「幻の街道」とは? 青梅街道から“分岐するはず”の大幹線 影も形も…ちょっとある!
東京多摩を貫く「幻の街道」とは? 青梅街道から“分岐するはず”の大幹線 影も形も…ちょっとある!
乗りものニュース
日産「新型ミニバン」初公開! ちょっとビッグな「エヴァリア」! 3列7人乗りの「欧州のオシャレミニバン」は日本でもアリか
日産「新型ミニバン」初公開! ちょっとビッグな「エヴァリア」! 3列7人乗りの「欧州のオシャレミニバン」は日本でもアリか
くるまのニュース
ルーキー岩佐歩夢が魅せた! 2番手以下にコンマ3秒差をつけSF初ポールを獲得【第2戦予選レポート】
ルーキー岩佐歩夢が魅せた! 2番手以下にコンマ3秒差をつけSF初ポールを獲得【第2戦予選レポート】
AUTOSPORT web
完成度の高いアッパーミドルサルーン、新型「クラウン」セダンの魅力
完成度の高いアッパーミドルサルーン、新型「クラウン」セダンの魅力
@DIME

みんなのコメント

3件
  • hab********
    そういうモチベーションが成績につながったりもするんでしょうね。
    ガンガン賞金稼いで乗りたい車を買えるといいね。
  • fzm********
    親としては孫みたいよね、もう結婚、出産諦めてるのかなぁ、高齢出産、師匠の岡本さんも独身貫いてるしね、、、
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

246.8354.9万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

29.9510.0万円

中古車を検索
マークIIの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

246.8354.9万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

29.9510.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村