サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > マツダの大黒柱CX-5大幅改良 新デザインと新モード「Mi-DRIVE」進化

ここから本文です

 いまやマツダのグローバル販売の約3分の1を占める基幹車種、「MAZDA CX-5」が年次改良を実施。昨年(2020年)にはディーゼル仕様のパワーアップなどエンジンの中身まで手を入れたが、今年は外装デザインと独自のドライブモード「Mi-DRIVE」新設定など大幅な進化内容となった。以下、発表内容を整理して伝えたい。

文/ベストカーWeb編集部
写真/MAZDA

【車名当てクイズ】この名車、迷車、珍車、ご存じですか? 第1回

[gallink]

■毎年コツコツ進化を重ねるマツダの大黒柱

 RAV4、ハリアー、エクストレイルなど、強力なライバルがひしめくミドルクラスSUVジャンル。

おすすめのニュース

サイトトップへ