現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > スズキ「ジムニーシエラ」で伝説の「デルタ」と「サンク」が復活!? ダムドが純正に戻せるボディキットを開発しました

ここから本文です

スズキ「ジムニーシエラ」で伝説の「デルタ」と「サンク」が復活!? ダムドが純正に戻せるボディキットを開発しました

掲載 6
スズキ「ジムニーシエラ」で伝説の「デルタ」と「サンク」が復活!? ダムドが純正に戻せるボディキットを開発しました

ダムドが提案するランチア&ルノー風ジムニーシエラ

近年、増加傾向にあるのが、往年の名車のイメージをまとったボディキットです。その先駆者ともいえるダムド(DAMD)が2024年の新作として、予想外の車両をベースとした予想外のボディキットを発表。2024年2月10~12日にインテックス大阪で開催の「大阪オートメッセ(OAM)2024」に出展しました。

「デリカD:5」と「ハイエース」がお出迎え「大阪オートメッセ2024」カロッツェリアブースで最新のエンタテインメントカスタムを体験しよう!

往年のラリーマシンをオマージュした「リトルサンク」

ダムドが提案する名車リスペクトな新たなボディキットは、「ヨーロピアン マスターピース」をテーマに作り上げられた「little 5.(リトルサンク)」と「little Δ.(リトルデルタ)」と名付けられた2台で、わかる人ならすぐわかる往年のラリーマシンをオマージュしたもの。そしてそのベースとなったのは、なんと本格オフロードマシンとして知る人ぞ知るスズキ「ジムニーシエラ」なのである。

ブルーのボディカラーをまとったリトルサンクは、WRCで勝つためにFFレイアウトからMRレイアウトへと魔改造されて生み出されたルノー「5ターボ」をオマージュしており、ブリスター風に改められたオーバーフェンダーや、角形ヘッドライトで雰囲気満点だ。

ボディサイドには5ターボに備わる「TURBO」のデカールをオマージュしたものが貼られているが、ベースとなったジムニーシエラは1.5LのNAエンジンが搭載されているため、小さく「NON」という文字が入っており、ターボがついていないことをコッソリアピールする遊び心も忘れていない。

「リトルデルタ」は屹立するリアウイングを再現

そしてもう1台のレッドのボディカラーのリトルデルタは、異形4灯のヘッドライトと特徴的なグリルでおわかりの通り、ラリーで勝つためには4WDが必須という概念をライバルメーカーに植え付けたことでも知られるランチア「デルタ インテグラーレ」をオマージュ。

情熱的なイタリアンレッドのボディカラーと最後の限定車「コレッツィオーネ」を彷彿とさせるセンターストライプ、そして立てて装着されたリアウイングなどが「らしさ」を演出している。

ちなみにこのリアウイングはリトルサンクに装着されているものと同じで、取り付け角度を変えることで違いを表現しているだけでなく、なんとヘッドライトとグリル以外はリトルサンクとリトルデルタで全く同じボディパーツを使用しているというのもポイントだ。

そして装着については他のダムドのモデルと同じく、純正のボディパネルへの加工は一切不要で、ブリスタータイプのオーバーフェンダーも純正のオーバーフェンダー取り付け部と両面テープの併用で固定されており、いつでも純正のジムニーシエラに戻すことができるのだ。

BRIDEとコラボしたシートと復刻したOZラリーレーシングも必見

インテリアにはBRIDEとのコラボで生まれた専用表皮を備えたリクライニングバケットシートを装着。この表皮デザインは今のところショー用のスペシャルアイテムとなっているが、反響次第では市販の可能性もあるとのことで、リトルサンク/リトルデルタ以外の車種に乗っているユーザーも注目したいところだ。

さらに、クラシカルなデザインにはクラシカルなホイールをとこだわり、イタリアのホイールの名門「OZレーシング」と交渉。ラリー車ホイールの名作「ラリーレーシング」の往年のスタイルを復刻してもらい装着しているのも見逃せないポイントだ。ジムニーシエラ用はダムドが販売を担当し、ジムニー用はOZレーシングで販売する分担となる。

気になるリリースは春ごろを予定しており、価格は40万円程度からとなる予定。これからジムニーシエラを購入予定の人はもちろん、すでに乗っている人も装着可能なので、気になる人はぜひチェックしていただきたい1台だ。

こんな記事も読まれています

全くもって一貫性がない……! ペナルティに泣くアストンマーティン、F1の裁定に不満タラタラ「アロンソとストロールに厳しい」
全くもって一貫性がない……! ペナルティに泣くアストンマーティン、F1の裁定に不満タラタラ「アロンソとストロールに厳しい」
motorsport.com 日本版
本誌執筆陣がオススメするいま注目のモデルをピックアップ!「このクルマ、間違いないです!」ル・ボラン2024年6月号、本日発売!!
本誌執筆陣がオススメするいま注目のモデルをピックアップ!「このクルマ、間違いないです!」ル・ボラン2024年6月号、本日発売!!
LE VOLANT CARSMEET WEB
トヨタ、北京モーターショー2024で、バッテリーEVの新型モデル「bZ3C」「bZ3X」を世界初公開
トヨタ、北京モーターショー2024で、バッテリーEVの新型モデル「bZ3C」「bZ3X」を世界初公開
月刊自家用車WEB
三菱ふそうが「ジャパントラックショー2024」に出展! 新型モデル「スーパーグレート」特別仕様車や新型「eCanter」キャリアカー展示
三菱ふそうが「ジャパントラックショー2024」に出展! 新型モデル「スーパーグレート」特別仕様車や新型「eCanter」キャリアカー展示
くるまのニュース
【バイク版ナビ】「MOTTO GO」プレリリース版が公開!カーナビの名門パイオニアが7月提供予定サービスを先取り体験だ!  
【バイク版ナビ】「MOTTO GO」プレリリース版が公開!カーナビの名門パイオニアが7月提供予定サービスを先取り体験だ!  
モーサイ
「ご当地ほりにし」国内2県で新たな地域限定ラベルが登場!
「ご当地ほりにし」国内2県で新たな地域限定ラベルが登場!
バイクブロス
フィアット500に、1.2Lエンジンを搭載する新グレード「1.2 Dolcevita」を設定
フィアット500に、1.2Lエンジンを搭載する新グレード「1.2 Dolcevita」を設定
月刊自家用車WEB
「アップガレージ青森三沢店」が5/12にプレオープン!
「アップガレージ青森三沢店」が5/12にプレオープン!
バイクブロス
トーヨータイヤ、EV専用を含む小型トラック向けに2種類の新製品
トーヨータイヤ、EV専用を含む小型トラック向けに2種類の新製品
日刊自動車新聞
トヨタ新型「カローラ“クロス”」発表! 「レクサス」級にカッコイイ「斬新フェイス」へ刷新! 新型「コンパクトSUV」約494万円から ブラジルに登場
トヨタ新型「カローラ“クロス”」発表! 「レクサス」級にカッコイイ「斬新フェイス」へ刷新! 新型「コンパクトSUV」約494万円から ブラジルに登場
くるまのニュース
ついに登場 メルセデス・ベンツ新型「Gクラス」世界初公開! 初の電気駆動Gクラス「G580」は“その場で旋回”できる機能を搭載!?
ついに登場 メルセデス・ベンツ新型「Gクラス」世界初公開! 初の電気駆動Gクラス「G580」は“その場で旋回”できる機能を搭載!?
VAGUE
ラウル・フェルナンデス、ヘレステストで最新型アプリリアMotoGPマシン初ライド。直前のスペインGPでは昨年型使用
ラウル・フェルナンデス、ヘレステストで最新型アプリリアMotoGPマシン初ライド。直前のスペインGPでは昨年型使用
motorsport.com 日本版
香りや消臭力を3段階で調整可能!P&Gが車内用の「ファブリーズ」を12年ぶりに改良
香りや消臭力を3段階で調整可能!P&Gが車内用の「ファブリーズ」を12年ぶりに改良
@DIME
海洋マイクロプラスチックを回収するスズキの船外機
海洋マイクロプラスチックを回収するスズキの船外機
バイクのニュース
ランボルギーニPHEV第二弾はウルス!「SE」が見せつけるスーパーSUVとしての格
ランボルギーニPHEV第二弾はウルス!「SE」が見せつけるスーパーSUVとしての格
Webモーターマガジン
三菱 デリカミニ【1分で読める国産車解説/2024年最新版】
三菱 デリカミニ【1分で読める国産車解説/2024年最新版】
Webモーターマガジン
ミラーとタイヤとホイールをとことん突き詰めたら600kmオーバー! アウディEV史上最長の航続距離を実現するパッケージが登場
ミラーとタイヤとホイールをとことん突き詰めたら600kmオーバー! アウディEV史上最長の航続距離を実現するパッケージが登場
THE EV TIMES
富士スピードウェイ、WEC富士のポスター付き観戦券を4月25日から先行発売
富士スピードウェイ、WEC富士のポスター付き観戦券を4月25日から先行発売
AUTOSPORT web

みんなのコメント

6件
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

196.2218.4万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

49.8599.8万円

中古車を検索
ジムニーシエラの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

196.2218.4万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

49.8599.8万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村