サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 過ぎたるは及ばざるがごとし? がんばりすぎが仇(アダ)になったクルマ5選

ここから本文です

 名車と迷車、ヒット作と失敗作、この差は紙一重だ。開発者と経営者は誰でもヒットすることを祈っている。

 が、最高、一番へのこだわりが強すぎたり、開発の途中で潮目が変わったり、出たタイミングが悪くて時流に乗れなかった不運のクルマも少なくない。昭和から平成にかけての数年間、日本にはバブル景気が到来した。

フィット、カローラ、アクセラ… あの超大物モデル末期車は買いか!? 待ちか!? 5選

 販売が伸びていたこともあり、経営者も開発陣も気が大きくなり、それまでは通らなかった大胆な企画にまでゴーサインが出されている。当然、失敗作の烙印を押される意欲的な作品も生み出された。

おすすめのニュース

サイトトップへ